就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

グループディスカッション:自由討論形式のテーマと対策を知っておこう

グループディスカッションのテーマと形式

グループディスカッションに出題されるテーマの傾向を、過去の出題例から学んでおくことはとても重要です。もちろん同じ問題が出ることはありませんが、志望企業の評価するポイント、重視するポイントが極端に変わることはありません。

その結果、過去の出題例から、どういう形式のグループディスカッションになるのか、また、テーマの傾向と難易度を調べて、心構えと対策をしておくことができるのです。

グループディスカッションの形式の解説と、代表的なテーマの例をリストアップしますので、まず全体像を把握しましょう。

代表的な方式は、以下の3つになります。

  • 自由討論形式
  • 課題解決形式
  • ディベート形式

まずは自由討論形式とそのテーマから解説します。

自由討論形式の特徴

自由討論形式のテーマの特徴は、答えに正解がなく、自由に結論を出すことです。テーマをどの角度から捉えて、分析、議論して、そのグループなりの結論(答え)を出せばよいのです。従って設定されるテーマは抽象的なものが多くなる傾向があります。

テーマの設定が抽象的であるため、学生が自由に発想して、自分の意見を言いやすい形式です。しかし自由度が大きいため、意見が錯綜してまとまらない、論点がどんどんずれていってしまうというリスクもあります。

この形式の出題の場合、企業側は学生が出す結論をそれほど重視している訳ではありません。結論に至るまでの学生の役割、考え方と発言内容、議論に取り組む姿勢、結論を出すためのプロセスを評価します。具体的なテーマ例をみてイメージしていきましょう。

自己分析をやり込み、グループワークに備えよう

グループワークで高評価を得るには、自己分析を通して、「あなた自身」を深く理解しておくことが重要です。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

自由討論形式のテーマ例

ごく一部の例ですが、最近の出題例から典型的なテーマをリストアップしておきますので、どんな特徴のテーマなのかをイメージしてください。

  • 好きなテーマでディスカッションしてください
  • 良い会社とはどんな会社ですか?
  • ○○業界の10年後を予想してください
  • 営業マンに最も必要な資質とは何ですか?
  • リーダーが果たすべき役割とは?
  • これから伸びる業界とは?
  • 理想の上司とは?
  • 理想の働き方とは?
  • お客様が満足する最高のサービスとは何か?
  • 無人島に行くときに持っていく、必要最低限のものと理由を考えてください
  • 新しい国民の祝日を一日設定するとしたら?
  • オリンピックで日本代表選手のメダル獲得数を3倍にする方法を考えて下さい
  • AIが発達しても20年後に残っている仕事の条件をあげてください
  • 日本を観光立国にするための方法
  • 少子高齢化が進む中で、少子化を改善する方法を考えよ

自由討論形式の傾向と対策

上記のようにランダムな設定になりますが、それでも出題の傾向はある程度つかめます。

  • 志望企業・志望業界の仕事や未来に関するテーマ
  • 就職・就活に関するテーマ
  • 時事・社会問題に関するテーマ
  • 業界に縛られない課題に関するテーマ
  • 完全なフリーテーマ

自由討論形式の対策として以下の4つを挙げておきます。特別な事ではなく、就活一般に必要なことです。

  • 業界・企業研究をしっかりやること
  • 時事・社会問題、最近の大きな話題にアンテナを張って、基礎的な知識をプールしておくこと
  • グループディスカッションの流れや重要なポイントを学んでおくこと
  • 模擬ディスカッションを経験しておくこと

はじめに、テーマとゴールの定義をしよう

自由討論では、普通に「さあ、考えましょう!」と始めてしまうと、参加者の意見が、様々な角度や切り口、レベルで出てきてまとまらない事が良く起こります

抽象的なテーマなので、考え始める前に、テーマで使用されている言葉を定義して、どのポイントで議論を詰めていくかをメンバーで合意してからスタートしましょう。

究極の自由討論型のテーマ、「好きなテーマでディスカッションしてください」では、「好きな」をどの切り口で定義するかを決めることが必要です。共通の興味がある話題にするのか、学生・就活生という共通項で考える、最近の流行や旬のトピックから選ぶなど、様々な選択肢の中から、どういう理由で選択するのかまで含めて合意しておく必要があります。

「オリンピックで日本代表選手のメダル獲得数を3倍にする方法を考えて下さい」であれば、まず、どのオリンピックなのかを定義する必要があります。何も考えないと、次のオリンピックである東京オリンピックを想定しますが、どのオリンピックかを定義することで、タイムフレームも変わってきます。

はじめに3倍というのは東京までには現実味はないため、2024年のパリなのか、2028年のロスアンゼルスなのかでも変わってきます。夏季か冬季かも定義する必要があります。メダル数を増やす方法も、真っ当に選手を育成していく方法を考えるのか、日本人が得意な種目をオリンピック競技に加えるロビー活動を重視するアプローチもある訳です。

このように抽象的なテーマであればあるほど、自分たちはどういうアプローチで、どのゴールを目指すのかを決めて議論することが大切です。

スケジュールと議事進行の時間管理の徹底

自由討論形式の場合、自由なだけにいくらでも議論でき、まとめる時間がなくなってしまうリスクがあります。まずスケジュールと時間管理を徹して実施しましょう。

役割分担や結論は必要ないという場合でも、どんな議論になったのか、要点をまとめる時間はとりましょう。そこから逆算して、議事進行の方法と何をどのくらいの時間で行うかの合意をしてから議論をスタートさせましょう。

自分の意見を発言する際は、だらだら話さずに、「結論」をはじめに述べ、「その理由」を必ずつけて議論を展開してください。メンバーの発言が分かりにくければ、結論と理由を述べるように求めましょう。

自由討論と言っても、人の意見を初めからつぶしにかかってはいけません。傾聴する態度を示せないと、マイナス評価になります。自由な雰囲気で、意見が活発に出るようにお互いが意識して行うことです。

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

グループディスカッションをクリアしたら、次は本格的な面接選考。自分は上手く面接で振る舞えるかどうか不安ではありませんか?

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。

質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

またこのツールを利用するための登録時に、自分に役立つと思う完全無料の就活サービスを選んで、就活をより効率的に進めていきましょう。

▶︎就活力を診断する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

\\ 就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと //

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。