就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の職種分析:嫌いな仕事・苦手な仕事への向き合い方

嫌いな仕事・苦手な仕事を把握しよう

職種研究・分析の最後として「これは嫌いだ」「これは苦手だ」と思う仕事を想像してみましょう。

すでに職種分析のプロセスで「絶対に嫌だ」「全く向いていない」というものだけは意識して排除していると思います。それ以外にも、もう少し細かく自分の考えを整理しておこうというのがこのワークシートの意図です。

ビジネスの世界では、自分が「苦手」な仕事も求められます。企業はあなたの時間や労働、そしてその成果に対してサラリーを支払います。あなたが仕事を選べることは非常に稀なのです。

また「苦手」を克服していくことで成長もできるのです。従ってこの記事の趣旨は「苦手な仕事」「嫌だと思う仕事」を避けるためのものではありません。あくまで自分の傾向を把握しておくことにあります。

Step 1: 嫌い・苦手仕事リストを作ってみよう

 細かさのレベルは以下の例を参考にして、自分の正直な「考え」や「気持ち」を基に、嫌い・苦手な仕事を箇条書きで書き出していってください。

  • 「サービスする相手を選べない営業職」
  • 「苦情を処理する仕事」
  • 「細かい計算が主な仕事で、小さなミスも許されない仕事」
  • 「土日が休みでない仕事」
  • 「深夜残業が普通とされている仕事」
  • 「毎月のノルマがあり、厳しく成果を追及される販売職」
  • 「英語の使用が絶対条件の仕事」
  • 「付き合い、接待が仕事のような営業職」
  • 「常に細かく管理される、お役所的な管理部門」
自分なりのリストができたら次は仕分けです。

Step 2: 嫌い・苦手のレベルを仕分けしてみよう

次に「苦手、嫌いだが、仕事だから頑張ってみようと思える」レベルのものと「苦手・嫌いなので、できれば避けたい。やっても長く続かない」と思うレベルのものを分類しましょう。

エントリーシートではあまり記載するケースはありませんが、面接では「あなたが絶対にしたくないと思う仕事は何か」と聞かれる場合があります。この質問の意図は、あなたの特徴を逆方向からチェックして、価値観や興味、強みや弱みの裏取りをすることにあります。

自分がつくったネガティブ・リストと自分がアピールしようとしている特徴・強み・志望動機と矛盾がないかをチェックしましょう。

たとえば「自分はコミュニケーション力があり、外交的で、提案力もあります」という学生が「やりたくない仕事」に「営業」と答えたら絶対に突っ込みたくなりますよね。その意味でポジティブなアピールポイントとネガティブなポイントの関係性を整理しておく必要があるのです。

「苦手の克服」はアピールポイント

ビジネスの世界では「苦手の克服」も仕事に含まれます。そこで成果をあげ、成長できれば人事評価のプラスポイントになるのです。

苦手」を整理した後で、「どう克服するか」を必ずセットで考えておいてください。

投げ出さないで取り組む姿勢、ひとつひとつ改善していく姿勢はとても重要です。そして就活に大きな影響を与える「苦手」は、それを克服するための努力を具体的に始めて下さい。

苦手があることより、その苦手を克服するために、具体的な行動を起こせているかがポイントなのです。

面接の際は「私は○○の仕事が○○の意味で苦手だと自覚していますが、現在○○に取り組んで○○を変えようとしていますという説明をしましょう。できれば「将来は○○しようと考えています」ではなく現在進行形「しています」で答えましょう

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎My analyticsで自己分析する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な22年卒・23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明なの22年卒・23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。