就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

要注意!エントリーシートの基本と書き方

エントリーシート選考の通過率

エントリーシートとは、企業が応募者の中から採用候補者を選定するために行う第一次選考です。当然エントリーシート選考を通過しなければその先に進めません。

ES通過率を発表している企業は少ないのですが、最近の傾向で一般的な通過率は平均50-60%, 大手企業で30%, 人気企業で10%程度といわれています。

企業の採用担当者は何を判断しているのか?

ESにはWEBで入力して送信するパターンと、手書きして郵送するパターンがあります。

手書きの場合は自由度が大きいため、全体のレイアウト、見易さ・字の読みやすさ(きれいさ)、と内容によってふるいにかけます。企業により差はありあますが、この段階で大学の選別も行われると考えておきましょう。

レイアウトはフォーマットの自由度にもよりますが、全体的に見やすく、読む気にさせることが重要です。字のきれいさ、丁寧さも読む人の立場を考えて書きましょう。

自分が逆の立場になった場合のことを考えれば分かりますよね。クリエイティブな業種の場合、自分なりの写真・ビジュアルやイラストなどを入れて差別化をはかりましょう。

もちろん、いくら読みやすくても、内容がなければ話になりません。まず一般的なESの記入項目からチェックしていきましょう。

エントリーシートの記入項目

項目毎のポイントをチェックして、内容以外ではじかれるのを防ごう!

企業からの注意事項:

  • ESの細かい注意事項は隈なく読んで理解しましょう。思い違いや記入ミスを防ぐ注意を怠りなく!
写真:

  • 写真裏面には学校名・学部名・フルネームを書いておくこと。写真の第一印象はあなたが思っている以上に大切です。ここはお金をかけて、リクルートスーツでプロのカメラマンに撮影してもらいましょう。女性の場合はヘアー・メイクをプロにお願いしてみましょう。メイクのポイントを覚えて、自分でも真似できるようにすれば高い投資にはなりません
志望職種:

  •  指示に従って選択もしくは記入します
  • 「決まっていない場合は空欄でも可能」という場合でも必ず記入しましょう。空欄の場合、企業研究をせずに、数を確保するためにESを送ってきた熱意のない学生として選別されるリスクがあります
出身校:

  • 高校は東京都立、○○府立、○○県立、私立から書き始めて必ずフルネームで○○高等学校と記載します
連絡先:

  • 現住所を都道府県名から書きます。メールアドレスは数字のゼロと英文字のO, 数字の1と英文字のl(小文字のエル)、英文字のmとnが正確に見分けられるようにしてください。(場合によっては注釈でフォロー)現住所で連絡が取れない場合は、実家や近親者に話をして必ず連絡先を記載しておきましょう
志望部門:

  • 志望職種と矛盾しない部門を選択してください。記述式の場合は企業のホームページの組織図や情報から、その企業で使用されている部門名を記載すること。記載・選択方法のルールは必ず守ってく下さい
卒論のテーマと概要:

  • 何の、何のための研究なのかを分かるように明確に記述してください。まだ決めていない場合でも、取り組もうとしているテーマを必ず記載してください。空欄は大きなマイナスになります
部活・クラブ活動:

  • 現在辞めていても過去に所属したものがあれば記載しておきましょう。学校外のクラブでも記載しておきましょう
特技・資格・趣味など:

  • 特にない場合でも、何かは記載しておきましょう。勉強中のものでも具体的に書けば空欄よりはましです。本当に何にもない場合は「夜遅くまで集中できる」「読書:特に○○に関して」でも空欄よりましなので、少しでもポジティブに受け入れられる書き方で書きましょう
志望動機:

  • 企業側が設定したテーマがある場合は、そのテーマにそって自己分析と企業研究から導いたエッセンスをスペースに応じた長さで書きましょう
  • 手書きの場合はPCで何度も推敲・書き直したものを一度フォームに手書きして、ボリュームと読みやすさを調節して清書しましょう。あくまでその企業に即した内容にしましょう。全くの使い回しは厳禁です!

記入の上の留意点: 

  • 誤字脱字のチェック
  • 自信のない用語法・専門用語、英語の略語は必ず辞書やWEBで検索して検証する
  • 何度も下書きして最終の見え方を確認する
  • スペースの8割は少なくとも埋めるボリュームで書きましょう!
  • 文字の大きさ、バランス、きれいさ、丁寧さで読む気にさせること
  • 手書きの場合、下書きが満足できるレベルになったらボールペンで清書しましょう
  • 手書きの場合、修正液の使用はNGです(したがって下書きで完成品にしておくことが重要)
  • 空欄がないかをチェックしましょう
  • 「です。ます。」調で統一が基本。体言止めは使用しないのが基本。使用しても箇条書部分で必要最低限にしましょう
  • 提出期限内に、必ず提出すること。基本は第一回期限内の早めに提出することです
  • 送信・郵送前に必ず読み直して、間違いがないかもう一度チェックしましょう

エントリーシートの課題項目である、志望動機、自己PR、学生時代に最も力を入れたこと、長所・短所、強み・弱みの書き方は別の記事で個別に解説しますので参考にしてください。

選考に強いエントリーシートを効率的に作る方法

大手人気企業の選考を通過できた実際のESを閲覧することは就活を成功に導く近道です。

「就活の準備に出遅れてしまったかな・・・」、「ES提出まで時間が限られているので、ピンポイントで参照できないかな・・・」、「大手ナビサイトだけで大丈夫かな・・・」、「本当の自分が分からなくなってきた・・・」、「ES選考に通るためのポイントが分からない」と悩んでいませんか?

そんな不安を感じたら、大手企業1,000社以上、枚数にして2,000枚以上の選考を通過したエントリーシートを閲覧してみましょう。「就活ノート」に登録するだけで、もちろん完全無料で閲覧できます。

「就活ノート」は先輩達や就活生自身による就活情報サイトです。

就活を乗り切って納得のいく内定を獲得した先輩達や、現役の就活生達が書いて選考を通過できたエントリーシートや記事、体験談やリアルな選考情報が数多く掲載されています。

\\ 就活の成功は、まず行動を起こすこと//

2分で無料登録するにはこのボタンから→

「就活ノート」を詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。学生のリアルな情報だけでなく、プロからESの書き方や面接対策も学べます。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な22年卒・23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明なの22年卒・23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。