就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活の難題】瞬殺されるエントリーシートの問題を解決しよう

企業の人事や採用担当者が、エントリーシートの選考を行う際、大量に集まったエントリーシートを3つのカテゴリーに仕分けするのが一般的です。

合格(選考通過)のカテゴリーと、不合格(選考落ち)、3つ目は保留もしくは判定不能です。

合格と不合格はそのものズバリですが、3つ目の保留もしくは判定不能が、どういうもののなかを理解しておきましょう。

判定保留とは何か

保留は、初めにそのESを読んだ採用担当者が、合格にするか不合格にするか判断できない時に発生します。次のステップとして、他の担当者(もしくは役職が上の上司)が再読して判定を下すものです。

志望者が多い人気企業の場合は、保留扱いから合格(選考通過)になるのはかなり難しいと考えてください。その理由は合格者だけでも十分な志望者の量を確保できるからです。

知名度が低く競争率がそれほど高くない企業、丁寧な人材採用ポリシーを貫いている企業であれば、別の担当から合格(選考通過)となることも普通にあります。(もちろん不合格もあります)

合格の場合は選考結果の連絡が遅れるケースもあります。

当初説明されていた合否の連絡のタイミングより遅れて選考通過の連絡が来た場合は、あなたが提出したESはそれほど評価されなかったと考えて下さい。面接での巻き返しを狙う必要があると、危機感を持って以降の選考プロセスに臨みましょう。

 判定不能とは何か

判定不能の扱いは企業の採用ポリシーによって異なります。

判定不能を保留と同じように扱い、別の担当者の目で見て(読んで)合否を決める場合と、判定不能は実質的な不合格として扱う場合があり、企業の採用ポリシーによって扱いは違っています。

判定保留も判定不能の一読では合否判定が決まらないという意味では同じですが、判定不能は実質的な不合格に近いと考えて下さい。

就活生がエントリーシート選考で目指すのは、一読で不合格にならないこと、そして判定不能扱いにならないことです。

目指すべきは一読で合格、最悪でも保留されて別の担当の再読に回ることです。

エントリーシートを全部読まれないで判断される場合が多い

エントリーシートの扱いは企業の採用ポリシーによって大きく異なります。

数千というESでも担当者で全部読み切る企業もありますし、学歴等のフィルターを掛けた上で、ほぼ数秒(全部読まないで)合否判定をしている企業も多いのです。

特に就活人気が高く、数千あるいは万単位のESが集まる企業では、エントリーシートを読んで合否を判定する十分な人的リソースがありません。

ある調査によれば、人事担当の約半数は「エントリーシートの判断を一瞬でできることがある」と答えています。

担当者が一瞬で判断しているか、していないかは別としても、就活生は一瞬で不合格になるESや、読んでもらっても「判定不能」扱いに回される可能性のあるESを作成しないことです。

一瞬で読むのを止められるエントリーシートの特徴

人事や採用担当者が、何をもって「一瞬で合否を判定」できる場合があるのでしょうか。

筆者の経験も合わせ、企業の採用担当に取材すると、以下要因があがってきました。

  • はじめから学歴フィルターを掛けている(これに関しては就活生側にできることは、情報収集しかありません)
  • 手書きのエントリーシートの場合、字が読みにくい、字が乱暴、字が汚い、レイアウトが汚い、文章量が適切でない場合
  • 空欄がある(答えていない箇所がある)
  • 記述に空白が多い(字数制限に大幅に満たない回答)
  • 誤字脱字が多い(少し読んで、気が付く場合)
  • 適切な用語が知用されていない(御社と貴社、語尾の混乱など、直ぐに分かるところ)
  • 写真の貼り忘れや、要求項目にまともに答えていない(そもそも注意が足りない、ケアレス)
  • 質問に正確に答えていない(自己PRの記載内容が志望動機のような内容になっている等)

学歴フィルターを別にすれば、上記の「一瞬で判断できる理由」は主にエントリーシートのビジュアル+αの判断です。文字はビジュアル、シート全体の印象もビジュアルで左右されるのです。

特に手書きのESの場合は文字やレイアウトの第一印象で、その後の「読む」行為に大きな影響を与えてしまいます。要注意です。

字が下手でも、時間をかけて丁寧に作成すれば「文字に込めた思い」や「気持ち」は伝わるため、一瞬で捨てられるリスクは減ります。

手書きのESは特に要注意です。ESの内容も重要ですが、見た目や印象も大切です。

あなたの志望意欲が強い企業が「手書きのエントリーシート」を採用している企業の場合は、ES作成に早めに取り組んでください。内容の詰めも重要ですが、仕上げに時間をかけて下さい。

 ESを読み始めてすぐに不合格の判定になる要因

ここからはエントリーシートに記載されている文章に対する評価になります。

精度の高いエントリーシートの文章の書き方や文法に関しては、以下の記事で徹底解説しているので参考にしてください。

質問項目に関してななめ読みされても、就活生の主張が自然に頭に入り、かつ印象に残る書き方をマスターしましょう。

マスターしていないと、数問の答えをざっと読んだだけで、以下のような判定を受け、最後まで読んでもらえません。

  • 誤字脱字が多い
  • 内容が整理されておらず文章構成や内容が稚拙
  • 言葉の選びかたが間違っている、稚拙
  • 主張の論理に筋が通っていないため、何を主張したいのかが分からない・分かり難い

このような評価を受けると、殆どの場合最後まで読んでもらえず不合格になってしまいます。もちろん書く内容そのものも重要ですが、書き方も同様に重要であることを強く意識してESを作成しましょう。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。