就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活の盲点】「あなたらしい写真」とその説明に注意しよう

就活のエントリーシートの提出時に、履歴書の写真とは別に「あなたらしい写真」とその説明を求める企業が増えてきました。

現状ではまだ一部の企業ですが、自己PR動画の提出を求める企業も増えています。

新型コロナウイルス感染症の影響で就活もリモート化・非接触化が進んでいるため、写真やビデオのビジュアル・エイドの提出を求める傾向は益々増えています。そのための準備だけはしておきましょう。

この記事では、エントリーシートの提出段階で「あなたらしい写真」とその説明文を求められた場合にケアしておくポイントを解説します。

難しい内容ではありませんが、写真を準備する時間がない場合や写真選びに迷ってしまうことがないように大事なポイントは早めにおさえておきましょう。

企業が「あなたらしい写真」の提出を求める意図

企業が「あなたらしい写真」の提出を求める意図を初めに理解しておきましょう。

  • 履歴書の写真では志望者の個性が分からない
  • 就活生がエントリーシートで主張している自己PRのポイントやガクチカの証拠としたい
  • 等身大の学生の全人格的なイメージや人間性(ざっくり、どんな感じの学生なのか)をつかみたい
  • 志望者がエントリーシートで表現している内容との一貫性をチェックしたい

「あなたらしい写真」を言葉だけで理解してしまうと、自分が良く映っている写真や、私生活でエンジョイしている写真、インスタにあげているような写真を選んでしまいます。

企業は自社に適した優秀な人材を採用するために採用活動を行っています。「あなたらしい写真」の提出リクエストもその目的のためということをしっかり理解しておきましょう。

  • ポイント:あなたが選ぶ「あなたらしい写真」は企業の意図と採用という目的に合ったものであるべきです

インスタによくあがっているような、インスタ映えするスイーツとともにニッコリしている写真や、テーマパークでキャラクターと遊んでいる写真は、「あなたらしい写真」かもしれませんが、企業の意図や目的にそぐわないことを理解して下さい。

就活に適した「あなたらしい写真」のポイント

就活生が履歴書とエントリーシートで伝える最大のポイントは「私は志望する企業の発展に貢献するポテンシャルが高い」ことです。

就活に適した「あなたらしい写真」とは、「私は志望する企業の発展に貢献するポテンシャルが高い」ことをサポートする写真、証明する写真であるべきです。

  • ポイント:具体的には時間をかけて作成した人柄・自己PR(長所・強み)、ガクチカ、就活の軸、志望動機を補強・サポートするもの、証明する写真であるべきです
  • ポイント:その中で、特に「あなたらしい写真」で伝えるメッセージは人柄・自己PR(長所・強み)、ガクチカをサポートするものにしていきましょう

また単にESの記載内容の一部を補強するものではなく、その写真とES全体の主張との一貫性が感じられるイメージであればベストです。

エントリーシートとの一貫性は重要

あなたがESの自己PR欄でコミュニケーション能力と協調性を主張する場合、「あなたらしい写真」が一人旅をしている風景だと、あなたの個性や強みが伝わりません。

伝わらないだけでなく、あなたの個性やESの記載内容の信憑性が失われる可能性すらあるのです。

せっかく素晴らしいエントリーシートを作成しても、写真の選び方で落とし穴に落ちないように注意しましょう。

自己PR欄で忍耐力や目標達成に対する意志の強さをアピールしている人が、体育会で厳しい練習に耐えて頑張っている写真であれば一貫性が伝わるのです。

  • ポイント:エントリーシートの記載内容と「あなたらしい写真」に一貫性が感じられることが基本です

一人の写真より、人との関係性が感じられる写真がベター

サークルに力を入れた学生、アルバイトを頑張った学生、学業の研究や発表に力を入れた学生など、様々なガクチカがあると思います。

例えばサークルのメンバーの集合写真では、どれがあなたかの判定がし難いため、避けましょう。

サークルやアルバイトで頑張っている写真でも、ガクチカの内容をサポートしたり、あなたのアピールポイントに関連したエピソードを語るもの、関連したものがベターな選択です。

たった一人で何かを行っている写真も「あなたらしい写真」であってもあまりお勧めはできません。一人の写真を選ぶ場合は、主観的な感想や自慢話ではなく、そこに語るべきストリーがあることを判断基準にしてください。

  • ポイント:企業の活動は組織、人との関わりの中で進んでいきます。その意味において、人との関係性が感じられる写真の中で、あなたがメインで映っている写真、あなたの活躍を表現している写真がベターな選択です
  • ポイント:あなたが志望する企業に伝えたいメッセージが、その写真で伝えられるかを写真選択の判断基準にしてください

ビジュアルの力は大きい

人の知覚の約8割は視覚情報という説や、人は見た目が9割という説があるほど視覚からの情報は威力があります。

文字情報を言語情報と考えるか、五感という入り口でいう視覚からの情報と考えるかでも違いますが、このような説が一般的に受け入れられているということは、割合は別としても視覚情報の威力の大きさをよく表しています。

就活の面接でも、第一印象を整えることが重要視されるのもこのためです。

履歴書に貼る写真は、リクルートスーツに似たような髪型、アングルで撮影されるため、基本的には同質化した写真になります。それに対し「あなたらしい写真」は、あなたの全くの自由裁量で選ばれる写真となるため、大きな差が出るのです。

エントリーシートの内容そのものも重要ですが、威力が大きく、差が出る「あなたらしい写真」もとても重要であることが分かります。

志望者が多い人気企業の場合、提出されたESが全部読まれることはなく、一部しか読まれずESの判定が行われることが多いのが現実です。

「あなたらしい写真」の提出を求めている企業は、ESの一部を読み、そのサポートとしての「あなたらしい写真」を見てESの選考を行う可能性もあるため、注意が必要です。

  • ポイント:「あなたらしい写真」は、あなたが考えている以上にあなたの分身として機能しています

こんな「あなたらしい写真」は避けよう

あなたの分身としてのビジュアルの重要性と、「あなたらしい写真」の提出目的が理解できれば、おのずと不適切な写真は理解できると思います。

以下に不適切な「あなたらしい写真」の例をあげておきます。

  • 本当のあなたを偽る目的で撮った写真(嘘写真)
  • 社会的に賛否が分かれる活動のシーン(騒いで周囲への迷惑が想像されるようなもの)
  • 好き嫌いが極端に分かれる活動のシーン
  • 完全な娯楽のシーン
  • あなたの存在が薄い写真
  • 単なる思い出の写真(旅行・記念写真的なもの)
  • 完全なプライベートな写真(部屋の中等)
  • 画質が悪い写真
  • ピンぼけ写真
  • 加工している写真(トリミングや若干の色調調整程度であれば可)

提出したい写真が無い場合の対策

提出するべき写真のポイントを理解できたとしても、手持ちの写真に適切な写真が無い場合は、探すか撮る(撮ってもらう)しかありません。

友人とともにしている活動であれば、自分はもっていなくても友人が撮ってくれて保存している場合もあるでしょう。自分の目的と、写真で表現したいことを友人に伝え、それに適したものがあるかどうかをチェックしてみましょう。

それでもない場合は撮ってもらうしかありません。部活、サークルやゼミ、研究やアルバイトの活動であれば、気軽にお願いしてみて下さい。

友人も就活生の場合は、お互いに協力し合いましょう。友人に相談することは、「どんな写真が一番自分らしいか」に関する客観的なインプットを得ることができるので、より適切な写真を準備することに繋がります。

あまり肩肘をはらずに遊び感覚でも良いので、お互いに忌憚のない意見を出し合い協力して撮影をしていきましょう。 

「あなたらしい写真」の説明文の書き方

「あなたらしい写真」の提出を企業が求める場合、その写真の簡単な説明を併せて提出します。

ESのフォーマットによって文字数制限は違っていますが、短いもの(文字数が少ないもの)の方が一般的です。

「あなたらしい写真」の説明文は、長短に関わらず、フォローすべきフォーマットがあります。以下を参考にして作成してください。

  • ポイント:冒頭の文で、「何の写真」なのかを説明する
    • いつ、あなたが、何をしている写真かを簡単に説明する
  • ポイント:その写真で伝えたいことを決めて、メッセージにこめる
    • 例えば、あなたがその写真で強みとしての忍耐力を伝えたいのであれば、忍耐力を直接伝えるのではなく、忍耐力が感じられるようなメッセージにすること

 例文:

〇〇大学○○部伝統の地獄の筋トレをチームメイトとしている写真

毎日1時間365日の筋トレに耐え、リーグ戦準優勝。地道に厳しいトレーニングに耐え、仲間と準優勝の喜びを分かち合えたのは最高の瞬間でした

上記は分かり易い例ですが、「忍耐力」という直接的なワードを使用せず、忍耐力を伝えることを説明文に込めています。またチームで高め合う性格の良さも伝わる表現になっています。

自己PRの内容、ガクチカ、「あなたらしい写真」で一貫性を持つことは、エントリーシート全体を通じて伝えるメッセージを強くします。

「あなたらしい写真」と説明文を上手く使い、「私は志望する企業の発展に貢献するポテンシャルが高い」ことをアピールしていきましょう。

まとめ

あなたらしい写真を考える上でのキーワードは、オリジナリティ X パーソナリティ X アイデンティティ X セルフアピール X コンシステンシー(一貫性)です。以下のポイントをおさえてベストな選択をしていきましょう。

  • 企業が「あなたらしい写真」の提出を求める意図に適した写真を選ぼう
  • 就活に適した「あなたらしい写真」のポイントを理解しよう
  • エントリーシートの記載内容と一貫性は重要
  • 一人の写真より、人との関係性が感じられる写真を選ぼう
  • ビジュアルの威力の大きさを理解して対応しよう
  • 「あなたらしい写真」で避けるべきポイントを理解しよう
  • 提出したい写真が無い場合は友人に協力をお願いしよう。協力し合おう
  • 「あなたらしい写真」の説明文の書き方のフォーマットを理解しよう

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

\\ 就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと //

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。