就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

知っておきたい、グループディスカッションの評価基準と注意するポイントとは?

学生から「グループディスカッションのやり方が分からない」、「どういう基準で選考されるのかを知りたい」、「どんな役割をするべきなのか?」、「何度か参加したが、うまく行かない。どうすれば良いのか?」、という質問をよく受けます。

ディベート部の学生は別としても、普通の学生にはハードルが高い選考です。大事なポイントを解説していますので参考にしてください。

グループディスカッションの誤解

グループディスカッションで誤解してしまうのは、自分がグループの中で最も優秀であるとアピールすることを目的にすることです。

就活のためにやっているので気持ちはよく分かりますが、気持ちが前に出過ぎると空回りしてしまい、選考に残れないということが頻発します。では、どう考えるべきなのでしょうか。

もちろん、議論の中で自分をアピールして選考に残るのが目的なのですが、あくまで議論をしたチームのパフォーマンスに貢献しなければその目的も達成できません。

グループディスカッションは会社の会議

グループディスカッションのテーマは、会社の会議に掛けるような議題ではありませんんが、企業側は会社で行われる「模擬会議」という見方をしています。

会社の会議の目的は何でしょうか?

課題に対し議論を通じて最良の結論を導き出すことです。会議の参加者の誰がスターかを決めることではないし、会議の参加者も、自分を優秀にみせようとしている訳ではないですよね。(そういう人もいますが・・・)

「自分の意見が最良だと信じているので、会社のために意見を通したい」というのならまだ理解できます。その場合でも会議」ですので「合意形成」が必要なのです。

「会議の出席者が合意の上の最良の結論を出す」というのが会社の会議の目的なので、グループディスカッションの場合も参加者が納得できる、グループとしての最良の結論(結果)を残す」というのが目的となります。

具体的な評価基準

 「参加者が納得できる、グループとしての最良の結論(結果)を残す」ことに対する貢献度が評価基準です。

従って「自分がグループの中で最も優秀であるとアピールすることを目的」と考え、強引に自分の意見を通そうとしてしまう学生が落とされるのです。

では具体的にグループとしての最良の結論に貢献する為に、どんな点を心掛けるべきかを解説していきます。

チームワーク:

  •  グループディスカッションの評価で最も重要な評価基準になります
  • 面接官はグループ全体の議論の雰囲気、参加者の発言が活発に行われているかをチェックします
  • そのためには参加者が、会議の目的を正確に共有できているか、チームとして課題に対する目標を共有しているか、参加メンバーの中で自分の役割を認識できているか、他のメンバーとうまくかみ合っているか、チームメンバーとしての資質が評価基準となります

発言力(発言の量と質):

  • ディスカッションなので各人の発言のクオリティが評価基準となります。当然発言の量もチェックされますが、発言の質(内容)、発言の仕方、説得の仕方もチェックされます
  •  独りよがりの意見や、その根拠が説明されない場合は他の参加者の同意・共感は得られません。時間も限られているため意見を述べる際は次のポイントに留意してください
    • まず「結論」=自分が主張したいことを述べる
    • 次に、なぜそう考えたのかの理由を説明する
    • その理由を信じるに値する、データや具体例をあげる
  • 上記のフローを意識して発言しましょう

積極的な態度:

  • 一部外資系の企業では会議に出席して何も発言しない人は、次の会議に呼ばれません。協力会社(サプライヤー)のスタッフの場合は、発言しない人は無駄なので次回から参加しないでくださいとはっきり申し渡す場合もあります。ディスカッションなので、発言を全くしない人は「いない」と評価されます
  • 書記をする場合でも「いまの発言のポイントは重要なので、いったん仮説として記録しますね」というように議論をまとめたり、整理したりする発言はできますし、むしろそれがとても大事な役割を担うことになります
  • とにかく会議に貢献することを念頭にいれて積極的に関与していきましょう

協調性・チームワーク:

  • グループとしての最良の結論を導くためには対人能力が必要です。コミュニケーション能力と考えても良いです
  • 初対面の人とうまく関われるか、相手の意見をちゃんと聴く姿勢があるか、感情をおさえて冷静に物事をすすめられるか、自分と相反する意見や価値観を尊重して対処できるか、自分の意見をチームの議論に反映して結論に貢献できるか、対人コミュニケーションに関わる総合的な力も判断基準になります
  • 誰かを蹴落とそうとせずに、全員が会議に貢献できるような雰囲気をつくりましょう

 洞察力:

  • グループディスカッションでは様々な意見が出ます。また強引に自分の意見を通そうと論陣を張って、意見を押し付けてくる学生も出てきます。様々な意見やその理由、データなどが議論されますが、それらは一つの見方に基づいているため、立ち止まって冷静に考える必要があります
  • つまり別の角度から考えてみたり、別のデータや具体例をあげてみたりしながら、判断や結論を強いものにしていく必要があるのです
  • 同調せずに「抜け・漏れ」「不備」「欠点」などを見つけたり、指摘したりすることも重要です。他人の意見をいたずらに否定し、欠陥を指摘してロジックを壊しにかかるのは生産的ではありません。あくまで論理を補強し、改善するという視点で意見を出しましょう

ファシリテーション力:

  •  ファシリテーションとは物事を手助けする、促進するという意味ですが、ディスカッションにおいては単なる司会・進行役ではなく、参加メンバーを統率しながら、最良の結論に導くように議論そのものを活性化する力の意味です
  • リーダーシップと考えても良いです。ファシリテーションを行うのは知識と場数が必要になります。(社会人でも難しいスキルです)全員がこの役割を担う必要はないのですが、ファシリテーションの意識を持つことは重要です
  • 司会に最も求められるのが、この能力です。司会を買って出た人がイマイチの場合は良くあります。そんな時、参加者にこの力があれば会議を建設的に進めることができます

ファシリテーションに必要な要素とは

  •  アイスブレイク:会議の冒頭参加者が打ち解けるような話題を振ります
  • 役割の設定:グループディスカッションの要求事項にもよりますが、結論をまとめ、発表するように設定された場合は、司会(ファシリテーター、リーダー)、書記、タイムキーパー、発表者の役割を決めて進行する必要があります。「まず役割分担をしよう」と促します
  • タイムラインの設定:限られた時間をどう使用していくかを最初に決めないと会議が踊ります。スケジュール、時間配分の合意がとれるように促します
  • 定義の設定:定義が曖昧のまま議論をすすめると意見がバラバラになり収拾できなくなります。たとえば「日本の観光を促進」といった課題の場合、日本人のための観光なのか、外国人のための日本観光なのか、では全く違う議論になります。曖昧な部分の定義を設定して議論をしましょう
  • 意見対立の調整:結論を求められる場合のディスカッションでは、必ず意見の相反が起きます。その場合でも「共通しているところは○○なので、○○に沿ってもう少し考えてみませんか」と促す、また「対立しているのはXXののみですよね。XXに関して別の見方はありますか」と議論を前に進めます。対立がある場合、全否定、全肯定せずに、合意が形成できる点に絞るなどして参加者の意見どんどん促し、方向性を定めていきます
  • 判断・結論を促す:物事には色んな側面があり複雑にからみあっています。また「何かを得るためには、何かを犠牲にしなければならない」ということもあり、いつまでも結論が出ないケースが頻発します。グループディスカッションで結論が求められる場合は、時間内に結論をまとめなければならないため、参加者に判断の仕方と結論の出し方の合意をとるべきです。今までに議論を集約して、「判断基準のプライオリティを評価しよう」と促します。そのプライオリティの合意に基づいて結論を出すという合意を得ることにより、参加者が合意したグループの結論にすることができます
  • まとめる:出た結論をどういう形でまとめるかを相談して合意し、書記と連携してまとめてもらいます
  • 発表する:結論の発表、プレゼンまでがタスクとなっている場合は、ディスカッションの冒頭で誰が発表するかを決めておきましょう。自薦がない場合は、ディスカッションをリードしたファシリテーターが発表する場合が多いようですが、冒頭で合意しておきましょう
全員がファシリテーター役目を担うことはないですが、参加者が短時間で結論をまとめるには、どういうディスカッションのフローが必要で、どう議論をまとめていくべきなのかを意識して臨むのと、意識しないのでは、アウトプットに大きな差が出ます。

グループディスカッションの選考基準とファシリテーションのポイントを理解し、場数を踏んでこの難関を突破しましょう。

39点以下は危険度MAX!本番前に面接力を診断しておこう

今年の就活は、グループディスカッションやグループワークをクリアしたら個人面接。web面接で選考を行う企業も増え、対策法がわからず戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考を突破しましょう。

※このツールを利用する登録の際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎面接力を診断する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。