就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【例文あり】就活の面接で「熱中しているもの」を質問された時の的確な答え方

あなたが面接官から「熱中しているものはありますか?」と問われたら、どう答えますか?

「熱中しているもの」に関する回答は、独特の難しさがあります。「この質問をどう解釈するのか」、その解釈に幅があるため、どう答えて良いのかを一瞬戸惑ってしまうためです。

その解釈によって、就活生の答え方や、答える内容が違ってきます。従って、「どういう答え方が適切か」が決めにくい「曖昧」な質問なのです。

「熱中しているもの」の解釈の幅から解説していきます。

「熱中しているもの」とは何か

「好きなもの」や「趣味」でも良いのか?

「熱中しているもの」を言葉通りに素直に解釈すれば、「している」という表現から、現在も行っていることを答えるべきと解釈できます。

そこから想像すると現在の「好きなもの」、「はまっているもの」、「趣味」、あるいは「特技」の域に達したものを答えれば良いということになります。

事実、面接官によっては「現在、はまっているものはありますか?」あるいは「あなたは何かのマニアですか?」という質問をしてくる場合もあります。

この種の質問が、面接の序盤で出る場合は、面接の雰囲気を軽くしてあげようという配慮と、あなたの人柄の一端を知る目的であることが考えられます。

面接の序盤のジャブ的な質問であり、現在の「好きなもの」、「はまっているもの」、「趣味」、あるいは「特技」の範囲から答えても問題はありません。

面接で「ガクチカ」に関する質問が出た後、更に「熱中しているもの」を質問がある場合も「好きなものやこと」や「現在はまっているもの」をあなたの性格や価値観の分析をするために質問している同様の解釈をして良いです。

一点頭に入れておくべきことは「これは就活の面接である」ということです。単純に「鬼滅の刃にはまっています」、「〇〇〇アニメに熱中しており、毎週欠かさず見ています」などと、ただ好きなものやはまっているものを答える、小学生がするようのレベルの答えはNGです。

例えそれが真実で、あなたらしさを表現するものであっても適切とは言えません。

就活の人気が高く、競争が厳しい企業では、このような答えをするだけで落とされることも普通にあります。

「好きなもの」や「趣味」で答えても良いですが、就活に適した答え方、つまり、あなたが仕事をするという文脈において、プラスになる資質や強みに繋がるように答えるのが適切な答え方になります。

「ガクチカ」との違いは?

「あなたが学生時代に熱中したものは何ですか」という質問の場合は「ガクチカ=学生時代に最も力を入れたもの」として答えるのが適切です。

この場合は部活やサークル活動、スポーツ、学業(研究やゼミ)、大学のイベントへの関わり、アルバイトやボランティア活動、語学や資格、留学等のガクチカの対象に広げて答えるのが適切な答え方になります。

面接官の質問の意図を「ガクチカ」と判断したら、「熱中したもの」は「好きだから」という範疇は除外してください。「あなたが学生時代に熱中したものは何ですか」という質問に対して、「鬼滅の刃や「どうぶつの森」ですという答えが不適切なことは瞬間的に分かると思います。

「ガクチカ」の意図で質問された場合は、ガクチカの答え方(最も主体的に取り組んだ活動のエピソード)でボールを打ち返せば良いのです。以下の記事を参考にして組み立てください。

「熱中しているもの」を聞く質問の意図

就活の面接で「熱中しているもの」を質問する意図は以下の4点に集約できます。

  1. 志望者が熱中する対象と、熱中の仕方から、志望者の性格や価値観・興味関心、行動特性をチェックする
  2. 物事に熱中できるか、集中して取り組めるか、物事に注ぎ込むエネルギー量はどのレベルかという性格を知ることで、仕事での再現性をチェックする
  3. 就活の面接という目的を理解し、適切な回答ができるか、「頭の良さ」や「切り返しのセンス」をみている
  4. 熱中する理由や、その結果得たもの(経験・学び・能力・今後に活かせること)に繋げて、説得力のある説明ができるかをチェックしたい

回答のポイント:「熱中しているもの」の適切な答え方

上記の質問の意図に沿って、適切な答え方を解説していきます。

Point 1:  熱中する対象を結論としてはじめに答え、その理由を簡潔に説明する

まず聞かれていることにストレートに答えてください。その際、面接官がこの質問をするタイミングや、それまでの質疑応答の流れを考慮して質問の意図を読み違えないように注意してください。

冒頭に「何に熱中しているのか」をはっきり答え、「何故、それに熱中しているのか」その理由やきっかけを簡潔に説明しましょう。

「熱中しているもの」の中でも、鑑賞のように受動的なものより、自ら参加したり、行動が伴うものを選ぶようにしましょう。自ら主体的に選択し、関わる主体性もみられていることを意識して下さい。

Point 2: 熱中の仕方、度合いを具体的に、第三者でも理解できるデータや、感じやすいエピソードでアピールしよう

就活の面接での質問であることを忘れないで下さい。あなたの目的は、面接を通じてあなたを志望企業にとって役に立つ人材としてアピールすること、そのポテンシャルがることを伝えることです。

面接官が「熱中しているもの」を聞いてくる裏には、「あなたがものごとに熱中し、集中してとりくめること、またその努力を惜しまない人材である」ということを期待したいからです。

あなたの答えは、その期待に応えるものであるべきです。従って「熱中していないもの」を「熱中しているもの」として答える嘘や、「たいして熱中していないもの」を「熱中しているもの」として誇張して答えないようにしましょう。

もし面接官にある程度の知識がある場合は、その後の「更問い」や深堀の質問で嘘や誇張は見抜かれてしまいます。

小さいテーマや対象であっても本当に熱中しているもの、好きではまっているものを答えて、その熱量を伝えてください。

必ずしも大きなテーマや大変な活動でなくても構いません。大切なのはその対象にどう取り組んでいるかの「熱量」です。

マニアックな対象での場合は特にそうですが、「あなたが熱中している対象」を全く知識がない人にも分かるように、データ(数字)や面白さが伝わるエピソードを交えて伝えてください。

Point 3: 就活の面接であることを常に意識し、咄嗟の切り返しができるようにしよう

この質問への回答の難しさは、準備ができていない場合や、この種の質問を全く予想していない場合、ついその場で思いついたことを正直に答えてしまうことです。

例えばその時点で流行っているアニメや映画、ドラマやゲーム、趣味、スポーツやライブ、イベントや本などを正直に答えてしまうのです。

そのような状況で答えてしまった場合は、「何故、熱中しているのか」の理由や、その対象から学んだことやインスパイアされたことを仕事にもつながる文脈で繋げることで、切り返しを試みてみましょう。

一例ですが「鬼滅の刃」に熱中し、映画を3回みてしまいました・・・、という答えをしてしまったとしても、「その作品を通じて「使命感」を感じながら困難に立ち向かうことの大切さに強い感銘と共感を得ました」という切り返しを入れて、「社会に出たら、常に使命感を感じながら仕事をしていきたい」との決意につなげて答えれば、この質問の意図に答えられるのです。

当然ですが、ギャンブルや過度に費用がかかる贅沢な趣味、お金儲け、社会的に大きく好き嫌いが分かれてしまうもの、社会的な問題が潜んでいるのもの(マルチやネットワークビジネスで勧誘をともなうもの)、宗教・政治、政党活動等は就活の面接の答えてしては不適切なのでNGです。

Point 4: 熱中する理由や、その結果得たもの(経験・学び・能力・今後に活かせること)で、仕事での再現性をアピールしよう

あまりにもかけ離れた対象を無理やり(強引に)、仕事や仕事での再現性に結びつけるのは、非常に嘘くさい印象を与えるため避けるべきです。

あなたの熱中する対象や、そこからの経験、学びや獲得した能力がビジネス全般や志望企業のビジネスに自然に繋がる場合は、さりげなく仕事での再現性をアピールしましょう。

たとえば熱中しているサークルやスポーツでのチームワークや協調性、コミュニケーション能力などは簡単に結びつけることができるでしょう。

「あなたが熱中していること」の回答例

回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

直近で熱中していることは「動画の編集」です。

 

昨年友人と旅行した際のビデオと写真をまとめて1本のストーリー動画としてまとめてみたいと思ったのがきっかけでした。

 

スマートフォンの動画編集機能や、フリーソフトやインターネット上にあがっている動画編集のノウハウを徹底的に調べて制作した動画を友人にシェアしたところ絶賛してもらったことで、更に熱が入りました。

 

依頼プレゼンテーション用の動画編集や、家族との思い出を動画にする、Youtubeへ自分の趣味であるギタープレイの動画を制作するなど、20本ほどの動画を制作しています。

 

この経験は、ものごとをどのようにまとめれば相手が最も受け入れやすく、感情や興味を喚起できるかを深く考えるきっかけになり、その習慣も身に付けることができました。

 

人を説得したり、動かしたりすることはビジネスでも重要な要素であると考えており、自分のこの経験を仕事にも活かしたいと考えています。

履歴書やエントリーシートへの応用の仕方

「熱中していること」をエントリーシートの回答項目にしている企業もあります。

面接での応答イメージができれば、それを履歴書やESに応用していきましょう。

履歴書やエントリーシートは文字数に制限があるため、当然その制約の中で納めなければなりません。

面接での応答内容を全部書くことはできないので、書き方としては、文字数制限内で以下のポイントに絞ってドラフトを作ってみましょう。

  • 何のに熱中しているのかを簡潔に分かり易く書く
  • 熱中することになったきっかけや動機、目的
  • 熱中した過程や結果から得たものと今後の活かし方を前向きに書く

エントリーシートは、面接で質問してほしいポイントの、「質問のきっかけ」をつくるものでもあるため、印象的なデータや出来事、キーワードを入れて、「質問してみたくなる内容」にまとめておければベストです。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考を突破しましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。