就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【例文あり】面接や自己PRで、負けず嫌いを効果的にアピールする方法

面接の自己PRでは、何が見られているのか

学生にとっての面接の目的は、自分を志望企業に売り込むことです。従って全ての回答は自己PRにつながります。狭義では、エントリーシートに記載した、能力・力、長所を、面接であらためて「あなたの自己PRをお願いします」、「あなたの長所は何ですか?」という質問で聞かれます。負けず嫌いをテーマに自己PRしたい場合、どう話せば面接官に響くのでしょうか?自己PR質問の意図からおさらいしておきましょう。

面接官が自己PRや長所についての質問で知りたいことは、次の5点に集約できます。

質問の意図:

  1. どんな人柄で、どんな特長(強み、長所)を持っているのか
  2. 物事に対する考え方、価値観、興味、取り組み方、態度・姿勢
  3. 人柄や特長(学生の主張)の裏付けや経験、事実
  4. 人柄や特長を、どのように活かしているのか、活かそうとしているのか
  5. 魅力的で、印象に残す紹介ができるか
つまり特長(強み、長所)を通じて、あなたの考え方、行動特性、物事に取り組む熱意をアピールするべきなのです。どんな特長でもこの趣旨を理解して、それが伝わるような回答ができれば良いのです。負けず嫌いをアピールする場合の大切なポイントを解説していきます。

自己PRで、負けず嫌いを取り上げる場合の注意点

負けず嫌いは販売系、営業系の職種にはアピールする資質です。ビジネスでは営業成績が順調でないことは日常的に起こります。また順調であっても、経営者や上司がより高い目標を掲げるために、目標の達成が困難である、または、ライバル企業が新製品を出して自社製品が売れなくなる、厳しい価格競争に巻き込まれて、見込んだ利益が出せない等、という事態は日常的に起こるものです。

困難な状況であっても、それを何とか打開しようと奮闘、努力をする人材は、企業にとって欲しい人材、必要な人材です。

負けず嫌いの性格の人は、成績を上げるため、成果を出すために困難な状況に立ち向かうポテンシャルがあると考えられています。

このため、特に販売・営業系には受けるアピールポイントとなります。半面、事務系スタッフ職では、特に重視しない資質です。あなたが事務系スタッフ職、接客サービス業を志望している場合は、「向上心」、「努力家」「粘り強さ」などの近しい言葉に置き換えてください

「負けず嫌い」が「気が強い」「勝気」「主張を曲げない」「自分勝手」などのイメージを持つため、チームプレイが本質のサポート部門にはマイナスになるためです。

このように取り扱いが難しい「負けず嫌い」負けず嫌いを自己PRのポイントにするには工夫が必要です。どうすれば負けず嫌いを上手くアピールできるのか、その方法を具体的に解説していきます。

 負けず嫌いとは何か

あなたは「負けず嫌いな人」を、どうイメージしますか?

  • とにかく人に負けるのが嫌い。勝つまで、とにかく頑張る人。競争心が強い人
  • 自分で一度決めた事や、目標に対し、諦めないで最後までやり続けることができる人
  • 勝つことを目的に物事に取り組み、努力を重ねて、前に進めることが出来る人
  • 気が強い人、勝気な人、積極的な人、自分の主張を曲げない人、自信家、ポジティブな人
このように分解して、はじめて長所が見えてきます。「負けず嫌い」は性格なので、上記のような内容を伝えることで、就活の自己PRにすることができるのです。高い目標意識、主体性、継続力、向上心と言い換えても全く違和感はないでしょう。

上記から分かるように、「負けず嫌いであること」は、自分自身にフォーカスして使われる言葉なのです。ここが「負けず嫌い」をアピールする上で、注意しなければいけないポイントです。

営業職・販売職でも特に個人の営業成績を重視して競う企業・職場であれば、「負けず嫌いであること」のメリットは、ダイレクトにアピールできるでしょう。

しかし、企業は様々な人が有機的に関係して、チームとして成果を産んでいかなければなりません。つまり集団として、優れたアウトプットを出すために個人が存在しているのです。

負けず嫌いのアピールの仕方を間違えたり、強調しすぎたりすると、「協調性のない人」と評価されてしまいます個人の営業成績が重視される職場であっても、同僚や部下を蹴落とすような人材は必要ありません。企業が求めているのは組織としての利益の最大化です。

あなただけ素晴らしい営業成績を上げたとしても、その他の営業が落ち込んで、部門全体の成績が振るわないのは健全ではないのです。レベルの差はありますが、どんな会社、組織にも協調性やチームプレイは絶対に必要です。このことを頭の中に入れて、過度なアピールにならないように注意してください。

 就活の文脈でいう、負けず嫌いとは何か

多くの学生が部活やサークル、習い事、特技や資格の習得、アルバイト、インターン、学業、ゼミ・研究、等をテーマに負けず嫌いをアピールします。このように具体的な経験を話すことは、負けず嫌いの自己PRには絶対に必要なことです。

企業が本当に知りたいのは、あなたがその活動をどう考え、どう取り組み、何を得ることができたのかという点です。単に「負けたくなかったので必死に取り組みました」、「勝つために色んな努力をしました」と抽象的に述べるだけでは、何のアピールにもなりません。その活動を通じて、あなたが行った努力や、工夫、その結果から学んだことや成長を具体的に語り、あなたの人柄を伝えることが大切です。

就活文脈の「負けず嫌い」に必要な要素

就活文脈の負けず嫌いをもう少し深く考えてみましょう。企業のニーズにマッチする要素は以下のようになります。

  • 仕事の成果を出すために、他人からの命令や指示は当然として、それ以上に自主的な努力ができる
  • 高い目的意識と、目標に対する責任感、諦めない強い心がある
  • 辛いことや厳しい環境の中でも、粘り強く続けることのできる意志の強さ、忍耐力、継続力、自律性、ストレス耐性
  • ビジネスの環境や競合の状況を分析して、競争上有効な戦略立案ができる
  • より良いアウトプットを出すために、計画を立て、実行、分析、改善ができる能力

このように、ビジネス文脈の負けず嫌いは、学生が思っている「とにかく、負けるのが嫌で、勝つまで頑張れる性格」よりはるかに重いものです。

もちろん、学生のあなたに、全てを求めている訳ではありません。しかし、あなたが負けず嫌いを自己PRのポイントにするならば、あなたが語るエピソードにこれらの要素が一部でも感じられないと、「単に、勝気な学生」という、説得力が非常に弱い自己PRになってしまいます。選ぶエピソードは、他人から設定されたものではなく、自発的に行った努力の方がアピールできます。

「負けず嫌い」という言葉を使わず、具体的な長所として語ったほうが分かり易い場合は、同じエピソードでも躊躇せず変更しましょう。

負けず嫌いをアピールする場合に、注意して欲しいのは、一つのエピソードでは足りないという点です。あなたが本当に負けず嫌いの性格なのかを、複数のエピソードで補強する必要があります。面接官も、「他にあなたの負けず嫌いな性格を説明する例はありますか?」と掘り下げる場合が多いのです。複数の事例を語れるように準備しましょう。

チームや集団で成果を上げることに、あなたが貢献した例を話せると、自分事以外の「負けず嫌いの良い面」を説明できますので、是非トライしてください。「自分が努力した結果、チームメンバーに良い影響を与えて、全体のパフォーマンスを上げた」、「自分が努力した結果、お互いに高めあう、良いライバル関係が築けた」という文脈のエピソードになります。

負けず嫌いを具体的に語ろう

負けず嫌いは非常に主観的な言葉です。個人によって、負けず嫌いのレベルも大きく違います。抽象的な言葉でもあるため、負けず嫌いをアピールする際には、具体的にどんな強みなのかを定義して語ってください。自分がアピールしたい負けず嫌いとは何かをはっきり定義するべきなのです。

負けず嫌いのアピールポイントを語っただけでは誰も信じてくれません。なぜそう主張できるのかを事実・経験に基づいたエピソードで証明しましょう。負けず嫌いのアピールの場合は特に以下の3つの点を強調してください。

  • 活動や目標を立てた動機、なぜ負けたくないと思ったのか
  • 具体的な目標(数値化されたもの、分かり易いもの)
  • 目標に対する高い達成意識
自己PRをエントリーシートに書くために、あなたの強み・長所は事実・経験から抽出していますね。その過程で使用したエピソードの展開フレームを面接にも応用しましょう。

負けず嫌いであることを上手くアピールするために、次の強み・長所を上手に伝えるパターンを応用してください。

強み・長所を上手に伝えるパターン

結論パート:

  1. 結論を先に述べる:「私の長所は○○○を○○○する○○力です」(長所の負けず嫌いな性格を具体的に表現する)

経験・エピソードパート:

  1. 長所の根拠である経験、力を発揮できたエピソードの概要を簡潔に語る
  2. そこにあった問題点と課題。課題に対して考えたこと、解決への動機
  3. 問題・課題に対してとった行動(努力や工夫)とその結果

まとめパート:

  1. あなたの負けず嫌いの性格のまとめと、学んだ事、成長した点を仕事へ活かす決意

あくまであなたが最も主体的に取り組んだ事例を選びましょう。あなたが達成した結果、成果そのものより、あなたの具体的な取り組み、プロセスを簡潔に語ってください。

これらの要素を一気に話すのではなく、できるだけ面接官との会話の中で伝えてください。面接に慣れてくれば、順番を敢えて崩して印象を深めるなどの余裕も出てくると思います。

暗記した文の棒読みはだめです。キーワードをしっかり頭に入れて、会話で伝えることを心がけましょう。

負けず嫌いを自己PRする場合の回答例

私のモチベーションの源は競争心です。負けず嫌いな性格で、自分の納得できる結果がでるまでは決して諦めません。

 

大学3年まで、小学生向けの学習教材の販売のアルバイトをしていました。交通費は出ますが、基本は成約一件につき報酬が発生するシステムの営業です。

 

電話でアポイントをとり、訪問して契約を取るやり方の会社でした。その会社は大学生を訪問させ、教材の説明をさせるためにアルバイトの学生を10人ほど雇っていました。

 

成約しないと収入にならないため、すぐや辞めてしまうアルバイトも沢山いました。私もはじめはうまくアポイントも取れず、ほとんど報酬もなかったため辞めようと思っていました。しかし最後に一回だけ、営業成績の良い先輩に、頭を下げて営業の秘訣を教えて下さいと頭を下げました。

 

このまま負け犬のような終わり方は悔しかったし、収入にも経験にもできなかった自分に腹が立ったので、5件の成約がとれるまでは止めないと決めて教えを乞いました。

 

その先輩は一言、「最初は売らないことだよ」と教えてくれました。はじめは冗談かと思いましたが、良く聞いてみると「まず、子供の状況と親の気持ちを理解すること。一回目の訪問は、紹介だけして帰ってくること。一週間後にもう一度電話してアポイントをとって、訪問する」というノウハウを教えてくれたのです。

 

私はそれを愚直に守って営業したところ、5件の成約はそれほど大変な思いをしなくてもできたために、アルバイトを続けることにしました。

 

それ以降、その先輩の成績を目標に頑張りました。慣れてくると、私なりに効率良く地域属性データを使う方法を開発し、先輩の教えてくれた営業方法とあわせて営業を続けたところ、先輩とは成績ではほぼ互角で、トップを争う関係になったのです。

 

私は先輩に、私が開発した効果の上がる地域属性データの活用方法を教えてあげました。お礼の意味もあったのですが、先輩と互角の条件で競い合い、お互いに高めあっていきたいと思ったからです。

 

それからは良いライバルとして、お互いに高い成績をあげ、アルバイトとしてですが会社にも貢献できたと自負しています。

 

御社の営業として、誰にも負けないように成果を出していくことはもちろんですが、同僚や部下とも高めあっていけるようなビジネスマンになりたいと考えています。

上記の回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

簡単に内定レベルの自己PRがつくれる神ツール

就活の全ては自己PRに繋がると言ってよいほど、自己分析からアピールできる要素をみつけるのはとても重要なプロセスです。

多くの就活性がはじめにつまずくポイントです。企業はインターンシップの選考ですら、学生の自己PRをチエックしています。

学生は他人に自分の良さを自信をもって語れないのが普通です。なので「他人に自分の事をうまく説明できない」、「本当にこれでいいのかな?」、「信じてもらえるかな?」と不安ですよね。

就活サイト「キャリアパーク」の「自己PR作成マニュアル」を早い段階でダウンロードして、自己PRをつくってみませんか?説得力のある自己PRのフローが論理的に組み立てられているため、シートに穴埋めしていくことで、的確な自己PR文が書けるように出来ています。

→「自己PR作成マニュアル」(無料)を試してみる

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。