就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【例文あり】就活の自己PRで「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を的確にアピールする方法

就活の自己PRでは、何が見られているのか

学生にとって、就活のESや面接の目的は、自分を志望企業に売り込むことです。

従って全ての回答は自己PRにつながります。

狭義では、エントリーシートに記載した、能力・強み、長所について、面接ではあらためて「あなたの自己PRをお願いします」、「あなたの長所・強みは何ですか?」という質問で聞かれます。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ、目標への執着心」を長所・強みとしてアピールしたい場合、どう話せば面接官に響くのでしょうか?

自己PR質問の意図からおさらいしておきましょう。

面接官が自己PRや長所・強みに関する質問で知りたいのは次の5点に集約できます。

質問の意図:

  1. どんな人柄で、どんな特長(強み、長所)を持っているのか
  2. 物事に対する考え方、価値観、興味、取り組み方、態度・姿勢、行動特性
  3. 人柄や特長(学生の主張)の裏付けや経験、事実
  4. 人柄や特長を、どのように活かしているのか、活かそうとしているのか
  5. 魅力的で、印象に残す説明ができるか

つまり特長(強み、長所)を通じて、あなたの考え方、行動特性、物事に取り組む考え方や熱意をアピールするべきなのです。

どんな特長でもこの趣旨を理解して、それが伝わるような回答ができれば良いのです。

また企業視点では、あなたの長所や強みを仕事で活かせるかというポイントで評価を下します。あなたが主張する長所や強みが、「ビジネスでの再現性」というフィルターを通じてみられているのです。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ、目標への執着心」をアピールする場合の、大切なポイントを解説していきます。

自己PRで「やり遂げる力」、「目標達成意欲」を取り上げる場合の注意点

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ、目標への執着心」は、企業が選考時にあたって重視するポイントの一つです

経団連が1997年より毎年行っている「新卒採用に関するアンケート調査」で、直近の2019年卒対象の採用活動では、「やり遂げる力」、「目標達成意欲」に必要なチャレンジ精神や責任感が上位にあがっています。

ちなみに調査結果の第一位はコミュニケーションの能力(82.4%)、二位は主体性(64.3%)、三位はチャレンジ精神(48.9%)責任感は8位(22.1%)でした。

しかし、ESや面接で「やり遂げる力」、「目標達成意欲」をチャレンジ精神や責任感だけで判断しているかというと、それは違います。

他の質問の答えとの整合性、性格を含めて全人格的な資質として、就活生の主張する自己PRの信憑性や再現性を判断しています。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲」とは何か

「やり遂げる力」、「目標達成意欲が高い」を強みと言い切るには、以下のようなコンピテンシー(強み・能力)が複合的に組み合わさっていることが前提になります。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」に関連するコンピテンシー(強み・能力)

  • 目標を理解し、自分事にできる当事者意識の高さ(目標を主体的に立てることも含む)、コミットメント
  • 向上心
  • 継続力
  • 努力家
  • 責任感
  • 粘り強さ
  • 負けず嫌い
  • チャレンジ精神
  • ストレス耐性が高い
  • 執着心(ポジティブな意味で)
  • PDCAを回す習慣

つまり、「やり遂げる力」、「目標達成意欲が高い」というアピールは、上記にあげた点を「強み・長所」としてアピールすることも十分可能なのです。

逆に言うと、「やり遂げる力」、「目標達成意欲が高い」は非常に抽象的な言葉であり、人によって解釈の幅が大きいので注意が必要です。

面接官によっては言葉としては「ピンとこない」と思う人もいるので、あなたが説明するエピソードが上記にあげた強みや長所で言い換えたほうが「分かり易い」場合は、無理に「やり遂げる力」、「目標達成意欲が高い」ことを自己PRの結論せず、他の言葉を使うことも検討して下さい。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲」の目標は相対的に判断される

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」をアピールする場合、「何をやり遂げたのか」、「どんな目標を設定したのか」が非常に重要なポイントになります。

そして、「あなたのやり遂げたこと」、「設定した目標」は相対的に評価されることを前提にしてください。

この点は非常に重要です。

具体的には目標の高さ、低さ、達成に関する難易度は、他の志望者と相対的に評価されてしまうという難しさがあるのです。

「あなたにとっての高い目標」は、「相対的には、高い目標ではない」という評価をされるリスクがあることを覚悟してください。

例えば、TOEICの得点を700点にするという目標を設定し、それを達成したとしても企業や面接官によっては、700点は普通のレベルで、高い目標でないと判断されてしまうことが起こります。

「高い目標ではない」と判断されてしまうと、その過程であなたが努力をしたとしても、積極的な評価にはなりません。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲」をアピールポイントとする場合、設定した目標は、ものすごく高い必要、非常に達成が困難な目標である必要はありませんが、一般的に多くの人が「高い目標」、「達成が難しい目標」と思えるレベルである必要はあります。

目標達成をアピールポイントにする場合は、エントリーシートの自己PRドラフトを必ず信頼できる第三者に読んでもらい、客観的なチェックを受けて下さい。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」は仕事での関連性と再現性が重要

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を自己PRの結論とする場合のもう一つの難しさは、あなたが紹介するエピソードが、「志望する企業での仕事に活かせる」と想像できる内容である必要があることです。

例えば、「大学三年の間に〇〇大会で入賞することを目標に設定し、〇〇〇を行うことによってそれを達成しました」という文脈のエピソードは非常に多いのですが、企業が知りたいのは達成した事実ではありません。

企業は、あなたという人格が、この企業で活躍できるか、あなたを採用することで、自社の利益や発展に資するかということを判断するのであり、エピソードの内容から仕事への貢献が想像できることが合否の境目になります。

就活の自己PRは常にその視点が重要です。

あなたの自慢話に終わらないように、常に「仕事に活かせる」ことを意識して自己PRのテーマ・エピソードを選んで下さい。

「仕事に活かす」という意味で、もう一つ重要なのが「再現性」です。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を強みとして主張するからには、それがあなたの行動特性としてしっかりと身に付いていることが前提になります。

しっかりと身に付いているという意味は、あなたは「やり遂げる力」を発揮した経験、目標を達成した経験は一回ではなく、少なくとも数度しており、習慣、行動特性として定着していることを前提として下さい。

何かをやり遂げた経験や、目標を達成した経験がESにとりあげたエピソードだけしかない場合は、別の強みを自己PRのポイントにした方がベターです。

また「目標達成力」という強い言葉を使う場合は、行動特性として身に付いていることは当然として、より説得力のあるエピソードが必要です。

一回だけの経験で、「学園祭のイベントでの集客目標を〇〇%増で達成することができました」というレベルでは「やり遂げる力」としての説得力はありません。

逆に「設定した目標はすべて達成してきた」というオーバープロミスは営業主体の販売会社なら通用するかもしれませんが、一般的には目標達成の実績を誇張するのはNGと考えてください。

就活の文脈でいう「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」とは何か

企業が選考にあたって「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を重視するのは、全ての仕事は何らかの目標によって管理されているからです。

どんな仕事でも、どんなセクションであっても組織である以上何らかの目標が設定され、それを達成するために様々な工夫と努力をしていくのが企業活動です。

企業にとって、設定された目標に対し、あるいは自ら設定した目標に対して、それを「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」は、「当然備わっていて欲しい資質」なのです。

特に「営業」は、売上・利益という非常に明確な目標が設定され、それをクリアしていくことがミッションであるため、目標に対する意識の高さや執着力、ストレス耐性や「粘り強さ」を重要視するのです。

営業セクションでは、売上・利益と言う営業数値目標を達成できた社員が出世していくという、分かり易い成果主義が徹底されているのが一般的です。

その意味で、「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」は、「成果」によって高い報酬が稼げる業種・企業、職種には「受ける」強みです。

就活文脈の人「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」に必要な要素

就活文脈の「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」をもう少し深く考えてみましょう。企業のニーズにマッチする「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」の要素は以下のようになります。

  • 与えられた目標に対して、その達成に対するコミットメントができる
  • 目標に対しても、自主的な工夫や努力を惜しまない向上心
  • 主体的に、目標を自ら設定する習慣(思考・行動特性)がついている
  • 問題や課題を主体的に捉えて、自らその解決や改善とための目標を設定し、その達成に向けて主体的に工夫や努力できる
  • 目標達成が困難な状況に陥った場合でも、最後まで目標達成に注力できる粘り強さ
  • 目標達成に対するプレッシャーやストレスに耐え、努力し続ける継続力
  • 目標達成のための課題を発見する問題意識の高さと課題発見能力・分析力、その問題・課題を一つ一つ解決していく行動特性
  • 大きな目標を達成するためのルートの設定や、小目標を設定してそれをクリアしていくプロセスが組める計画力
  • 高い目標、不可能と思えるような目標に対しても意欲を持ち、その達成まで意欲と努力を保てるチャレンジ精神
  • どんな目標に対しても、目標達成に対するモチベーションやエネルギーの高さ、行動を起こすメンタリティ
  • チームメンバーを巻き込む力、人を巻き込んで目標達成に向かえるリーダーシップ
  • 目標達成に対して、PDCA(Plan, Do, Check, Action)のサイクルを回す習慣が身に付いており、柔軟な対応もできる
  • 目標達成が習慣化している

ビジネスで求められる「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」は、学生が思っているよりはるかに重いものです。

もちろん、学生のあなたに、全てを求めている訳ではありません。上記が全て備わっているビジネスパーソンは、非常に限られた存在なので心配しないで下さい。

しかし、あなたが「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を自己PRのポイントにするならば、あなたが語るエピソードにこれらの要素が一部でも感じられないと、非常に弱い自己PRになってしまいます。

ESであれば、提出する前に自己PR文をもう一度読んであなたのアピール、あなた自身が「志望する企業の仕事に活きる、ポテンシャルがある」という印象が残るかどうかをチェックポイントとして下さい。

もし残らなければ、あなたの自己PR文は「就活」という括りの中ではうまく機能していません。

もう一度、就活文脈の「やり遂げる力」や「目標達成意欲の高さ」の要素が際立つようにリライトして下さい。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を具体的に語ろう

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」の持つ意味が曖昧で、個人差もあり、また多様なコンピテンシーの組み合わせによって発揮できる強みであるため、アピールする際には、具体的にどんな強みなのかを定義して語ってください。

自分がアピールしたい「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」とは何かをはっきり定義するべきなのです。

間違っても「客観的にみて高いとは言えない目標」、「自分の好きなことに関する目標」をエピソードにして、「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を語らないでください。

意地悪な面接官は、「それって、全く普通のことで、強みでも、長所でも何でもないよね」と切り捨てます。

自己分析をやり込み、面接に備えよう

採用面接では様々な角度の質問がされ、「あなた」が深堀りされます。上手く答えるには、自己分析を通じて、「あなた自身」を深く理解する必要があります。あなたは、自信をもって「やり遂げる力」や「目標達成に対する意欲の高さ」を強みとして主張できるレベルなのかを知りたくありませんか?

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けて、本当のあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、就活をスタートした人、就活で納得のいく結果が得られるかどうかに不安を抱いている人、自己分析がうまくいかない人や選考がうまくいかない人でも登録しておくのがおススメです。

就活も今までと違う方法を試してみる価値は大いにあります。

手早く本格的で客観的な自己分析を済ませ、納得の結果を追求していきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

アピールポイントの根拠を語ろう

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」のアピールポイントを語っただけでは誰も信じてくれません。なぜそう主張できるのかを事実・経験に基づいたエピソードで証明しましょう。

エピソードはESに取り上げるメインを含めて、少なくとも3つエピソードを用意しておきましょう。

1つのエピソードだけでは根拠と言えず、仕事での再現性をアピールできません。2つの場合でも、どちらかのエピソードの評価がイマイチの場合、不安定であり、根拠が薄いという判断を受ける可能性があります。3つの場合、「自己分析をしっかりした上での強み」としての印象が強まり、面接官は根拠と再現性を評価しやすくなります。

深堀質問がこなくても、簡潔にに複数のエピソードを紹介できるように準備をしておきましょう。

自己PRをエントリーシートに書くために、あなたの強み・長所は事実・経験から抽出していますね。その過程で使用したエピソードの展開フレームを面接にも応用しましょう。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」をアピールするには次の4点のどれか(複数なら尚可)をアピールできるエピソードを選びましょう。

  • 自分の中で明確、且つ客観的にも高い目標を設定し、その達成のためにチャレンジと呼べるレベルの努力や工夫をして、最後までやり抜いて目標を達成した
  • 困難な状況に陥っても、強い意思とエネルギーで目標達成を最後まであきらめずにやり抜いた経験
  • 自分が主体的に他者を巻き込んで、自分の責任でリーダーシップを発揮してチームや組織で高い目標を達成した経験
  • 目標達成への過程で、人間的に大きく成長し、且つ最終的に目標を達成し、目標達成に対する行動特性が身に付いた経験

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を上手くアピールするために、次の強み・長所を具体的に、且つ上手に伝えるパターンを応用してください。

強み・長所を上手に伝えるパターン

結論パート:

  1. 結論を先に述べる:「私の強みは「やり遂げる力」(「目標達成意欲の高さ」です)」(強みとしての、「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を具体的に表現する)

経験・エピソードパート:

  1. 強みの根拠である経験、力を発揮できたエピソードの概要を簡潔に語る(何をどのようにやり遂げたのかを簡潔に)
  2. そこにあった問題点・課題、課題に対して考えたこと・課題解決への動機
  3. 具体的に困難であったこと、問題・課題に対してとった行動とその結果(やり遂げるまでの過程)

まとめパート:

  1. あなたの「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」のまとめと、仕事への活かす決意

あなたが最も主体的に取り組んだ事例を選びましょう。目標達成の成果そのものより、あなたの具体的な取り組み・プロセスを熱意を込めて語ってください。

これらの要素を一気に話すのではなく、できるだけ面接官との会話の中で伝えてください。面接に慣れてくれば、順番を敢えて崩して印象を深めるなどの余裕も出てくると思います。

暗記した文の棒読みはだめです。キーワードをしっかり頭に入れて、会話で伝えることを心がけましょう。

「やり遂げる力」、「目標達成意欲の高さ」を自己PRする場合の回答例

私の強みは目標達成に対する執着心です。

 

私はボート部に所属しており、エイトの選手でした。当初はレギュラーになれませんでした。

大学3年では必ずレギュラーになるという目標を定め、2年生の初めからチームメイトの倍のウェイトトレーニングを行うことを決めて1日も欠かさず行ってきました。

同時に心がけたのは、コーチ、先輩、他の部員とのコミュニケーションです。

 

エイトはチームワークが重要であり、一人のミスがレースの結果に大きく影響してしまいます。

 

私は習試合にできるだけ多く出場する機会を得るため、自分の実力を急速に高めることと、人間関係を構築することという二つの課題を設定し、その解決のために週単位、一日単位の行動目標を細分化して、着実に実行をしたのです。

 

具体的には、分単位のウェイトトレーニングメニューとダイエットによる体の改革、先輩やコーチへ1日1問は質問をして、アドバイスを請うという細かさです。

 

これらの行動を、改善を加えながら1年以上地道に続けた結果、3年時にレギュラーの座を勝ち取り、インターカレッジの大会で入賞も果たしました。

 

先輩やコーチに怒られながらも、地道に努力して目標を達成した経験は大きな自信にもなり、部活動以外でも引っ越しのアルバイトや、学業にも活かせています。

 

目標を設定したら、最後まで諦めずやり遂げる強みを活かし、御社の営業に貢献していきます。

 

どうそよろしくお願いいたします。

上記の回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
26年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスで、インターン情報やスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、朝日新聞、ニトリ、コクヨ、SoftBnak、JCB、ATEAM、sansan、Nissin、Opt、Funai Soken、RISOなども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう

doda_campus_fix_image.jpg2
25年・26年卒の就活生には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

少しでも納得感が高い内定を目指す25年卒の就活生、インターンに参加したい26年卒の就活生は、スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

kuchikomi_150x150.jpg3
納得できる内定獲得のための就活サイト、【就活会議】に無料登録すれば、88,000枚以上の本物のESを閲覧できる!

就活は情報戦。企業が提供する情報は重要ですが、それだけでは不安です。実際の社員の評価や、選考を受けた先輩達の口コミによる生の声を入手できる「就活会議」を徹底解説。ESや選考情報のリアルを手に入れよう

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

 b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【25年卒】首都圏の学生で、納得できる内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します