就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【例文あり】好奇心旺盛を、面接の自己PRで効果的にアピール方法

面接の自己PRでは、何が見られているのか

学生にとっての面接の目的は、自分を志望企業に売り込むことです。従って全ての回答は自己PRにつながります。狭義では、エントリーシートに記載した、能力・力、長所を、面接であらためて「あなたの自己PRをお願いします」、「あなたの長所は何ですか?」という質問で聞かれます。好奇心旺盛を自己PR、長所としてアピールしたい場合、どう話せば面接官に響くのでしょうか?自己PR質問の意図からおさらいしておきましょう。

面接官が自己PRや長所の質問で知りたいのは次の5点に集約できます。

質問の意図:

  1. どんな人柄で、どんな特長(強み、長所)を持っているのか
  2. 物事に対する考え方、価値観、興味、取り組み方、態度・姿勢
  3. 人柄や特長(学生の主張)の裏付けや経験、事実
  4. 人柄や特長を、どのように活かしているのか、活かそうとしているのか
  5. 魅力的で、印象に残す紹介ができるか

つまり特長(強み、長所)を通じて、あなたの考え方、行動特性、物事に取り組む熱意をアピールするべきなのです。どんな特長でもこの趣旨を理解して、それが伝わるような回答ができれば良いのです。好奇心旺盛をアピールする場合の大切なポイントを解説していきます。

自己PRで、好奇心旺盛を取り上げる場合の注意点

好奇心旺盛を自己PRのテーマにしようと考える学生は、マスコミ、広告、一般企業の企画職、マーケティング職、営業職志望の学生に多いです。

これらの業界や職種を志望する学生は、その事業の特性から好奇心が旺盛であることを求められると理解し、自分の興味や価値観とあわせて、好奇心旺盛を自己PRのテーマに選ぶのです。

確かにこれらの業界や職種は、好奇心旺盛の人材に対する受けは良いため、好奇心旺盛をアピールすることは一つの選択ではあります。

しかし、好奇心旺盛を長所としてアピールすることは、他の長所のアピールより「賭け」の割合が高いということを覚悟しておきましょう。何故か。好奇心旺盛は、極端に長所と短所の見方が割れる特徴だからです。

好奇心旺盛の長所と短所

好奇心旺盛を積極的に評価するか、むしろ短所の方が気になり評価しないかは、業種、企業、職種によって大きく異なります。もっと言うと、面接官の価値観によって正反対の評価になる場合もあります。好奇心旺盛を長所とみるか、短所とみるかを仕分けしてみましょう。

好奇心旺盛の長所:

好奇心旺盛の人を積極的に評価するのは、以下の長所が備わっていると考えるためです。

  • 探求心がある
  • 向上心がある
  • 高い知識欲
  • 情報感度が高く、情報収集能力に優れている
  • チャレンジ精神がある
  • コミュニケーション能力がある
  • 積極性、行動力がある
  • 適応能力が高い

好奇心旺盛の短所

一方、短所の方が気になる人の評価は、以下のマイナス面を考えています。

  • 興味、関心がない対象には熱意がない、仕事ができない
  • 飽きっぽい、粘り強く取り組めない。継続力、忍耐力がない
  • 長期的視点がない
  • 仕事がつまらなければ、すぐ転職してしまう
  • 目移りして注意力が散漫になり、集中できない
  • 興味があることだけに集中して、周囲や他の事が見えない
  • マルチタスクの処理能力に欠ける
このように評価が正反対に分かれます不安な学生は、エントリーシートに好奇心旺盛と書いていても、面接での軌道修正は可能です。提出後職種研究と自己分析を徹底して行った結果、好奇心旺盛よりコミュニケーション能力や行動力に競争力があることに気が付きましたと説明すれば良いのです。

それでも自分の最大の売りは好奇心の旺盛なところだと信じられる学生に、どうしたらその力を説得できるのかを解説していきます。好奇心旺盛を自己PRのポイント、長所としてアピールするには工夫やコツが必要です。詳しくみていきましょう。

 好奇心旺盛とは何か

あなたは「好奇心旺盛な人」を、どうイメージしますか?

  • 自分の知らないこと、新しいことやモノに対する、知的探求心が強い
  • 興味が湧いたことに対しては、積極的な行動が起こせる
  • 対人能力、コミュニケーション能力が高い
  • 未知の分野、未経験の分野でもチャレンジできる
  • 新しい環境でも適応できる
このようにっポジティブな側面の多い資質です。就活のPRでは、好奇心旺盛を短所とみられないために、上記のように具体的な長所を語る必要があります。同時に好奇心旺盛の短所への懸念を払拭する必要もあります。この二つとも大切なポイントなので頭に入れておいてください。

就活の文脈でいう好奇心旺盛とは何か

多くの学生が研究やゼミ、趣味、特技、部活やサークル、学園祭、アルバイトやインターンシップなどで、自分が特に興味を持ったことや、新しいことに挑戦したことをテーマに、好奇心が旺盛であることをアピールします。このように具体的な経験を話すことは、好奇心旺盛の自己PRには絶対に必要なことです。

企業は、あなたが好奇心旺盛な人だけでは、絶対に採用しません。あなたが色んなことに興味を持つこと、何かに興味をもつことだけでは、企業にとって何のメリットも生まないからです。

好奇心旺盛には行動が必ずセットでついていないと話になりません。好奇心は動機に過ぎず、「何に対して、どんな理由で興味を持ったのか」という具体的な話は必要ですが、企業が本当に知りたいことは、その後あなたが、何を考え、どう行動し、達成したのかというプロセスです。

またその結果をどう考え、何を学び、どう活かそうとしているのかという姿勢をチェックしたいのです。その過程であなたが払った努力や成長を語り、あなたの人柄を伝えることが大切です。

就活文脈の好奇心旺盛アピールに必要な要素

就活文脈の好奇心旺盛をもう少し深く考えてみましょう。企業のニーズにマッチする好奇心旺盛の要素は以下のようになります。

  • 組織の目的に対する意識の高さ
  • 飽くなき知的探求心、情報収集能力
  • 既存の価値にとらわれない自由な発想力
  • 新しいこと、未知な分野へのチャレンジ精神と行動力・実行力
  • 新しい環境への適応能力
  • 人に好かれる能力、対人コミュニケーション能力、取材力、人的ネットワーク構築能力
  • 説得する能力、提案する能力、プレゼンテーション能力
  • 集中力と同時に周囲の状況も理解し、バランスが取れる
  • 特に興味が湧かない仕事でも、着実に処理できる能力
 好奇心旺盛で企業の成果に貢献するためには、上記のスキルセット(能力)が求められます。ビジネスで好奇心旺盛であることを活かすということは、学生が思っている「好奇心旺盛であること」より、はるかに重いものです。

もちろん、学生のあなたに、全てを求めている訳ではありません。しかし、あなたが好奇心旺盛を自己PRのポイントにするならば、あなたが語るエピソードにこれらの要素が一部でも感じられないと、説得力に欠ける自己PRになってしまいます。

「私は色んなことに興味があり、様々な経験をしてきました」レベルの好奇心旺盛では、短所に対する懸念の方が勝ってしまいマイナスの評価にしかなりません。

選ぶエピソードに関しては、結論が「あなたの好奇心を満たした」という、あなたに帰結するものではなく、「あなたの好奇心から発して、行動した結果で新しい価値が生まれた、もしくはチームの成果につながった」という、何かの成果に貢献したというカタチにしてください。就活の面接では、好奇心旺盛な良い面が、あなただけの閉じた世界ではなく、波及効果があることをアピールする必要があります。

好奇心旺盛を具体的に語ろう

好奇心旺盛と一言で言っても、フォーカスするポイントによって印象に大きな差が出ます。アピールする際には、具体的にどんな好奇心旺盛の長所なのかを定義して語ってください。自分がアピールしたい好奇心旺盛とは何かをはっきり定義するべきなのです。上記の企業ニーズをヒントにしながら、あなたのエピソードから、あなた自身の好奇心旺盛のポイントを初めに語ってください。

 キーワードは再現性です。あなたの長所である、好奇心旺盛なところが一過性のもの、たまたま発揮できたものではなく、その企業でも再現できるものとしてアピールする必要があります。

自己PRをエントリーシートに書くために、あなたの強み・長所は事実・経験から抽出していますね。その過程で使用したエピソードの展開フレームを面接にも応用しましょう。

好奇心旺盛を上手くアピールするために、次の強み・長所を上手に伝えるパターンを応用してください。

強み・長所を上手に伝えるパターン

結論パート:

  1. 結論を先に述べる:「私の長所は○○○を○○○する好奇心旺盛なところです」(長所の好奇心旺盛を具体的に表現する)
  2. 好奇心旺盛の場合、その長所をどう仕事に活かそうと考えているのかを結論として冒頭で語りましょう。

経験・エピソードパート:

  1. 長所の根拠である経験、力を発揮できたエピソードの概要を簡潔に語る
  2. そこにあった問題点と課題。課題に対して考えたこと、解決への動機
  3. 問題・課題に対してとった行動(努力や工夫)とその結果

まとめパート:

  1. 好奇心旺盛のまとめと、仕事への活かす決意
好奇心旺盛の場合は、仕事との関連性が遠いテーマのため、仕事に対するメリットを早めに提示しておきましょう。

あなたが最も主体的に新しいことに取り組んだ事例を選びましょう。達成した結果、成果そのものより、あなたの具体的な取り組み、プロセスを簡潔に語ってください。説明の仕方で、短所への懸念を払拭しましょう。

これらの要素を一気に話すのではなく、できるだけ面接官との会話の中で伝えてください。面接に慣れてくれば、順番を敢えて崩して印象を深めるなどの余裕も出てくると思います。

暗記した文の棒読みはだめです。キーワードをしっかり頭に入れて、会話で伝えることを心がけましょう。

好奇心旺盛を自己PRする場合の回答例

目標を決め、思い立ったら行動を起こし、結論がでるまでやり切るのが、私の好奇心を満たす方法です。好奇心の強さが、困難なことにチャレンジするモチベーションです。御社の営業職に、この力で貢献したいと考え志望しました。

 

私は好奇心が強く、大学の友人からも「いつ寝ているの?」とよく言われるほど、多くのことを同時に行ってきました。法学部では労働基準法のゼミに参加しており、その検証と実益を兼ねて、外食産業の深夜オペレーションを行ってきました。外食のアルバイトから料理に興味を持ち、10分で3品作る研究を重ねてYouTubeに動画を20本ほどアップしています。その過程で動画の撮り方や、WEBコンテンツでアクセスを稼ぐ方法を研究しています。

 

興味を持ったことは、目標を立てて行動を起こし、やりながら改善していくのが私のやり方です。ちなみに、労働基準法のゼミでは研究発表で一番の評価を得ることと、学生がブラックバイトで困らない方法をWEBで公開することが目標でした。アルバイトは収入と過酷な現場の生の情報を両方を得ることが目的で、その経験を基に、大学3年の9月にWEBサイトを立ち上げました。料理は趣味ですが、50レシピを目標に今でも継続しています。

 

大学時代はとても充実した時間でしたが、特に深夜のアルバイトは1時閉店で2時まで勤務という過酷な環境で、2年間続けることができ、色んな意味で得るものが大きく、成長に繋がったと思います。

 

好奇心旺盛と言うと、「飽きっぽい性格」と思われるかもしれませんが、私は明確な目標を立てて行動を起こし、自分で納得できる結果が出るまで、やり切ることをモットーにしています。様々な業種の企業を顧客とする御社の法人営業部で、お客様のニーズに興味を持ち、お客様に納得していただける成果を上げて貢献したいと考えています。

上記の回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

簡単に内定レベルの自己PRがつくれる神ツール

就活の全ては自己PRに繋がると言ってよいほど、自己分析からアピールできる要素をみつけるのはとても重要なプロセスです。

多くの就活性がはじめにつまずくポイントです。企業はインターンシップの選考ですら、学生の自己PRをチエックしています。

学生は他人に自分の良さを自信をもって語れないのが普通です。なので「他人に自分の事をうまく説明できない」、「本当にこれでいいのかな?」、「信じてもらえるかな?」と不安ですよね。

就活サイト「キャリアパーク」の「自己PR作成マニュアル」を早い段階でダウンロードして、自己PRをつくってみませんか?説得力のある自己PRのフローが論理的に組み立てられているため、シートに穴埋めしていくことで、的確な自己PR文が書けるように出来ています。

→「自己PR作成マニュアル」(無料)を試してみる

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。