就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活で銀行業界に入りたいと考えたなら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事では銀行に興味を持った就活生が、はじめに知っておくべき業界情報を整理してまとめました。

銀行は金融機関を代表する存在であり、個人の生活から経済全体を支える重要な役割を担っています。社会的なステイタスや報酬も高い業界であるため、伝統的に就活での人気は高く、難関の業界です。

就活という目的で銀行に興味を持った学生が、はじめにするべきことは業界の全体像をあまり時間をかけずに理解することです。そしてこの業界を志望するかどうかを「自分自身」に照らしてよく考えてみましょう。

銀行業界全体の平均年収の水準は他業界と比較して高いですが、銀行間の格差は大きいです。やはりメガバンク及びメガバンク系の信託銀行の年収は群を抜います。

一方地方銀行の一部には、業績が振るわず公的資金が導入されている銀行もあり、そのような銀行は当然ながら年収水準は低くなってしまっています。

行業界はもちろん銀行間格差はありますが、離職率は低い業界と言ってよいでしょう。入社3年後の離職率を公開している銀行は少ないですが、概ね10%台、多くても20%台に収まっている傾向です。

ただし一部の地方銀行は30%をこえるところもあり、安定している業界のようですが、モチベーションを保てない場合、早期に離職して別の道を歩む人も相当数存在します。

当然のことですが、業務上の規律やコンプライアンス、上下関係は厳しく、官僚的な体質に合わなために早期に退職して、他の業界に転職する人も多くなっています。

「就活の答え」では、銀行業界全般を短時間で理解できるように以下三つの業界研究記事を提供しています。まずはこれらの記事を読んで業界研究のスタートとして下さい。

銀行業のビジネスモデルと現在の状況、課題、そして未来をチェックしよう

就活の業界・業種研究のはじめは、各業界をクイックに俯瞰することが大切です。

以下の記事では銀行業務の特徴とビジネスモデルを説明しています。更に、銀行業界の現状と課題、そして未来についてできるだけ簡潔にまとめています。

短時間で読めますので、銀行業界への入門編として参考にしてください。

銀行業界の職種や「やりがい」を理解し、自分の適性も冷静に考えてみよう

以下の記事では、銀行の仕事の内容、そこで働く人の代表的な「やりがい」、銀行に向いている人はどんな人なのか、向いていない人はどういう人なのか、「適性」を中心に解説しています。

記事の後半には、銀行業界全体の構造と銀行の種類、種類別、地域別に銀行名をリスト化しておきました。

就活初期に、業界を素早く俯瞰して、いくつかの銀行をカテゴリーごと、地銀であれば自分の志望したい地域ごとに検索して調べてみましょう。銀行業界を志望するかどうか、志望する場合はどのタイプの銀行を本命にしていくかの判断がクイックに出来ると思います。

3大メガバンクの概況を把握しておこう

銀行を志す就活生が、まずはじめに考えるのが日本の金融機関を代表する、メガバンクの存在でしょう。この記事では三菱UFJ、三井住友、みずほの各フィナンシャルグループの業績と概況、及び銀行の業績を直近の通期有価証券報告書や中期経営計画から簡潔にまとめています。まず規模感やそれぞれの特徴を理解することからはじめましょう。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。