就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活で旅行業界に興味を感じたら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事では旅行業界、特に旅行会社、旅行代理店に関する記事をまとめました。

旅行業界では知名度が高い企業、上位企業の場合でも、他の産業の同レベルの企業と比較すると給与水準は高くないと思った方が良いと思います。また若い就労者が多いことも水準を下げていることも推察できます。

給与水準は自分の将来のQOLに大きく関わる大切な問題であるため、旅行業界に興味をもったらご自身で徹底して調べてみてください。

離職率に関してもほとんどデータが公開されていませんが、一般的に「離職率が高い業界」とされています。

その理由は旅行業界の仕事が激務であり、給与水準も激務の割には高くない為と言われています。もちろん「やりがい」と「報酬」の関係、また職業観も個人によって大きく差があるため、一概には言えません。しかし好きな「旅行」を扱う=「楽しそう」=「やりがい」のような考え方では、入社後のミスマッチが起こる可能性が大きい業界です。

2020年12月の段階では、2月より全世界に蔓延してしまった新型コロナウイルスの影響で、海外を対象とするアウトバウンド、インバウンドとも販売が事実上ストップしているため、業績に大きな悪影響が出ているのが旅行業界です。

HISは21年度入社の採用活動を中止しました。JTB、KNTホールディングス、日本旅行でも2022年度新卒採用を行わない方針を発表しています。(JTBでは障がい者手帳を持つ(申請中、申請予定の方も含む)人については、一部の JTB グループ各社において採用を予定)

このように旅行業界は大変厳しい状況を迎えており、新卒採用を実施する企業があっても、旅行業界を志望する学生が集中することが予想され、例年以上に厳しい選考になることが必至です。

また、旅行業界1本に絞るのはあまりにもリスクが高いため、自分の興味や価値観、強みや能力を冷静に問い直し、モチベーションが保てそうな複数の業界も志望することを強くお勧めします。

旅行業界に拘るなら、新型コロナウイルスの問題が終息した後、社会人として磨いてきた経験を活かしてキャリア採用に臨む選択肢もあるのです。

旅行業界を本気で目指すなら、自分自身で徹底的に調べてから、納得して就活を進めましょう。志望する場合はOB・OG訪問も何とかあたりをつけて生の声を聞いてみましょう。まずは以下の4つの記事を業界研究のスタートとして参考にして下さい。

旅行会社のビジネスモデルを知ることからはじめよう

伝統的に就活生に人気のある旅行業界。旅行会社への志望者もが多く、企業側の採用人数が少ないため難関の業界です。旅行会社のビジネスモデル理解は、業界研究の基本です。

旅行会社を利用したことがある方が多いため、何となく表面的な理解をしている学生は多いのですが、旅行会社の種類や企業数、国内市場の構造や動向などに関しては殆ど理解できていないと思います。また旅行会社の収益源を正確に理解はできていないでしょう。

以下の記事では旅行業界を理解する上で最低限必要なデータと旅行会社の収益源、ビジネスモデルを解説しています。業界研究のスタートとして参考にしてください。

旅行業界に大きな変化が起こっていることを知っていますか?

以下の記事では旅行会社の現状と課題、そして未来について解説をしています。就活生の皆さんは、日本人旅行客に対して海外や国内の旅行、ツアーをアレンジする仕事というイメージが強いと思いますが、旅行会社の仕事はもちろんそれだけではありません。またインターネットを介したツアーの比較・紹介ビジネス、宿泊の比較・紹介ビジネス、シェアサービスなど、新しいサービスがどんどん生まれている業界でもあります。

就活生にとっては将来に関わる情報のため、選考過程でも常に必要になる情報です。志望動機にも応用が可能なので活用してください。

旅行会社に魅力を感じたら、自分とのマッチングを真剣にチェックしてみよう

就活で人気の旅行会社の職種と仕事、働く人のモチベーションや「やりがい」は何か、そして旅行会社に向いている人、向かない人はどんな人かを徹底解説します。旅行会社の本質は「お客様に旅行の喜びを提供すること」です。自分は本当にそれを仕事にしたいのか、自分に抜いている職業かを確かめてみましょう。

就活を進めるには周到な準備も必要ですし、時間もかかります。それらを無駄にしないためにも自分と旅行会社の「ビジネス」とのマッチングを良く考えてみましょう。

旅行業界の構造と大手旅行会社の概況を把握しておこう

就活で旅行会社を考えている就活生に向けて、大手旅行会社の最近のニュース業績や、オンライン旅行会社の動向、他業界からの新規参入の動きを短時間で理解できるように整理しました。個別の企業研究の前に業界全体の動向を把握しておきましょう。

大手旅行会社のポジショニングをランキングという形でまとめていますので、併せて参考にしてください。これからの市場を考えると、旅行サービスを扱うのは伝統的な旅行会社だけではないことが理解できると思います。視野を広げる上でも是非参考にしてください。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

コロナ禍で学生生活を充実させることが難しかったことで、自分は就活をやり抜いて、納得の内定がとれるのか、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
26年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスで、インターン情報やスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、朝日新聞、ニトリ、コクヨ、SoftBnak、JCB、ATEAM、sansan、Nissin、Opt、Funai Soken、RISOなども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう

doda_campus_fix_image.jpg2
25年・26年卒の就活生には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

少しでも納得感が高い内定を目指す25年卒の就活生、インターンに参加したい26年卒の就活生は、スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

kuchikomi_150x150.jpg3
納得できる内定獲得のための就活サイト、【就活会議】に無料登録すれば、88,000枚以上の本物のESを閲覧できる!

就活は情報戦。企業が提供する情報は重要ですが、それだけでは不安です。実際の社員の評価や、選考を受けた先輩達の口コミによる生の声を入手できる「就活会議」を徹底解説。ESや選考情報のリアルを手に入れよう

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

 b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【25年卒】首都圏の学生で、納得できる内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します