就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活で化学メーカーに興味を覚えたら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事では化学メーカー、化学素材メーカーに興味を抱いた就活生が、はじめに知っておくべき業界情報を整理してまとめました。

化学メーカー、化学素材メーカーは範囲が広く、企業数も多いため業界・企業研究には時間がかかります。理系で自分の専門分野が明確な就活生は別として、応用範囲が広い化学は志望動機にうまく結びつけるのも難しいと思います。

化学メーカー、化学素材メーカーといっても、それぞれ思い浮かべる企業は大きく違うでしょう。まずは化学メーカーを製品群別で理解することからはじめましょう。

化学業界は裾野が広く企業数が非常に多い業界です。またそれぞれの事業分野、得意分野、専門領域が異なっているため最終的には詳細な企業研究が必要になります。

年収面でいうと全産業平均からみるとかなり高めの業界です。大手企業は人気が集中するため非常に難関になります。基本的にBoBビジネスであり、浮き沈みが少なく安定しているため、全般的には3年後離職率も全産業平均よりはかなり低いという特徴があります。

「就活の答え」では化学メーカーを以下の4つの業界研究記事を提供しています。まずはこれらの記事を読んで業界研究のスタートとして下さい。

化学メーカーのビジネスモデルを知ることからはじめよう

就活生、特に文系の就活生で「化学製品とは何か」をちゃんと答えられる人は少ないと思います。業界研究のはじめにあたり、化学製品とはどこまでを言うのかを把握してから業界の特徴を理解していきましょう。

化学メーカーのカバーする範囲が広く、どこまでを対象とするかは悩ましい問題です。以下の記事では、化学メーカーとして共通でくくれるビジネスモデルを解説しています。化学業界研究の第一歩として参考にしてください。

化学メーカーの現状と課題を把握したうえで、未来についても考えてみよう

全産業を支えているといっても過言ではないほど裾野が広く、業態も多様な化学メーカー。得意分野、専門分野も違い、他社が真似できない技術を開発して特定分野の世界シェアを握っている企業も沢山あります。

以下の記事では化学メーカーの現状と課題、そして未来について分析し解説しています。業界全体の大きなトレンドを把握しておくことは、自分の将来を考える上でとても大切なことです。化学業界全体の現状、課題、未来を理解してから個別の企業研究を進めていきましょう。

化学メーカーの職種や「やりがい」を理解し、自分の適性も冷静に考えてみよう

以下の記事では化学工業、化学素材メーカーの職種について解説していきます。職種は企業が行っている事業分野によっても違ってきますので、ある程度自分として興味があるという企業リストを絞ったら、個別の企業研究で詳しく調べていきましょう。

更に化学工業、化学素材メーカーに勤める人の共通のモチベーションや「やりがい」、この業界に抜いている人、向いていない人の「適性」をアウトラインとして活用してください。

自分とのマッチングは非常に重要です。就活初期の段階で、「ピンとくる」のかどうかも、この業界で先に進んでいくのかを判断する材料になるものです。

職種によって、働いている人のモチベーションや「やりがい」、「適性」は違いますが、共通しているコメントも数多いのです。以下の記事でその代表的なものを最大公約数的にまとめていますので参考にしてください。

 化学工業界の構造と総合化学メーカーの現状を把握しておこう

産業の基盤ともいえる原料や素材を製造して日本経済を支え、規模が大きく経済に与える影響力や社会的な責任も大きい化学工業、化学素材メーカーの存在。

以下の記事では化学工業界の構造と業界を代表する存在として、大手総合化学メーカーの概況をまとめています。就活生が、化学工業界に自分の未来を託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

10月8日 (土) 開催!ミキワメLIVE 北大・九大・名大・東北大:TOYOTA、accenture、住友商事 他、優良企業が参集!

人気企業を効率よく知ることができ、Zoom形式で人事や現場社員と深く話せると評判のミキワメLIVE 北大・九大・名大・東北大が、10月8日(土)に開催されます!
  • TOYOTA、accenture、住友商事、NRI、P&G、博報堂DYメディアパートナーズなど多数の企業と官公庁も参加!
  • 業界構造やビジネスモデル、企業の特徴を一気に学べます
  • 1回の予約で1日最大7社のZoom説明会に参加できるので、効率的に企業と出会えます
  • 今回は下記大学を対象としたオンラインイベントになります
    • 対象大学:北海道大学・九州大学・名古屋大学・東北大学
    • 上記大学の24年卒予定の大学生・大学院生なら、参加の応募をするだけで、以下の人気企業によるZoom説明会に参加できます。
  • 開催日時:10/8 (土)11:00-18:00 ※入退場自由
  • 参加費:無料
  • 服装:私服推奨

\\\ ミキワメLIVE 北大・九大・名大・東北大の詳細は公式ページへ ///

ミキワメLIVE 北大・九大・名大・東北大公式ページ

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
24年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

irodas_sq.jpg3
【23卒限定】日本最大の就活コミュニティ「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

Lognavi_icon_Sq.jpg5
オンライン就活+学生限定SNS機能で内定をゲット!就活アプリ【Lognavi】を試してみよう

現在の就活を制するには、オンラインや動画での自己PRが必須。就活アプリ【Lognavi】(ログナビ)なら、全国の就活生限定のSNSで繋がりながら、オンラインや動画でのノウハウ獲得と、アプリを通じた就活が簡単に行えます

SHARE