就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活で医薬品・製薬業界を考えたなら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事では医薬品メーカー、製薬企業に興味を抱いた就活生が、はじめに知っておくべき業界情報を整理してまとめました。

医薬品業界は企業毎に特徴、得意分野があり企業研究には時間がかかります。薬学系・理系で自分の専門分野が明確な就活生は別として、文系の学生には市販薬のイメージか、MRという職種を何となく理解している位でしょう。

医薬品メーカーに興味を持った学生が、まずはじめにするべきことは製薬業界の全体像をあまり時間をかけずに、ビジネス視点で理解することです。

あまり知られていませんが、製薬企業は国内企業、外資系企業も含めると全国に300社以上もあり、皆さんが名前を良く知っている企業は一部でしかありません。製薬メーカーというと企業数は比較的少ないという先入観があるかもしれませんが、一般薬メーカーやジェネリック医薬品メーカーも含めると意外に多いのです。医薬品業界に興味を持てたら、上記企業以外の企業も併せて個別に細かく研究していきましょう。

医薬品業界は年収面でいうと全産業平均からみると非常に高めの業界です。

]大手企業は高い報酬が期待でき、人気が集中するため特に難関となります。3年後離職率も全産業平均よりはかなり低くなっています。採用数の多いMR職の場合、入社3年後ではようやく独り立ちができはじめる時期なのでまだまだこれからというタイミングです。

研究職、開発職は推薦枠採用であり、博士もしくは修士の中から限られた人材しか採用されないため入社後3年内の離職は通常考えにくい選択です。

「就活の答え」では、医薬品・製薬業界を短時間で理解できるように以下4つの業界研究記事を提供しています。まずはこれらの記事を読んで業界研究のスタートとして下さい。

医薬品・製薬業界のビジネスモデルを知ることからはじめよう

製薬企業は薬学や理系の就活生にとっては人気の高い業界です。またMRは文系の学生にも人気の職種です。以下の記事では、製薬業界の特徴や、製薬企業のビジネスモデルをタイプ別に分類・整理しています。

医薬品は人の命や健康に係わる製品なので、厳しい規制化にあるという特徴もあります。厳しい規制やこの業界ならではの特徴が、製薬企業のビジネスモデルにどういう影響をあたえているかをみていきましょう。医薬品業界への入門編として以下の記事を是非参考にしてください。

製薬企業の現状と課題を把握したうえで、未来についても考えてみよう

製薬企業の共通しているのが「新薬の開発の難しさ」と「新薬の特許」の問題です。新薬が開発できる確率は非常に低く、その開発には多額の費用と時間、手間が掛かります。開発できた場合でも特許の保護期間は通常20年間であり、その間で巨額の費用を回収して更に利益を出すため、新薬の特許が切れるタイミングが製薬企業の業績に大きな影響を及ぼします。

また医療用医薬品の「薬価」は国が決めるため、その算定結果によって業績に影響がでるという共通の課題もあります。これらは医薬品・製薬業界の特徴であり、現状のビジネスや未来に大きな影響を与えています。

以下の記事では医薬品・製薬企業の現状と課題、そして未来について分析し解説しています。業界全体の大きなトレンドを把握しておくことは、自分の将来を考える上で重要です。ぜひ参考にして下さい。

医薬品・製薬企業の職種や「やりがい」を理解し、自分の適性も冷静に考えてみよう

MRと呼ばれる製薬企業特有の職種は文系の学生にも門戸が開かれています。製薬企業は給与や待遇面ではトップクラスの業界であるため、人気も高く難関の業界です。

職種は企業が行っている主力の分野(医療用医薬品・OTC薬)によっても違ってきますので、ある程度自分が志望してみたいという企業リストを絞ったら、個別の企業研究を時間をかけて行いましょう。

以下の記事では製薬企業特有の職種と、働く人のモチベーションや「やりがい」は何か、製薬業界に向いている人、向かない人はどんな人か、「適性」について解説しています。

職種によって、働いている人のモチベーションや「やりがい」、「適性」は違いますが、共通しているコメントも数多いものです。

自分とのマッチングは非常に重要です。就活初期の段階で、「ピンとくる」のかどうかも、この業界で先に進んでいくのかを判断する材料になるものです。自己分析や自己PRの内容に照らしてチェックしてください。

製薬業界の構造と主要製薬企業の現状を把握しておこう

就活用に製薬業界の構造と主要な製薬企業の概況を直近の年度決算や中期経営計画を基に解説しています。日本の製薬企業大手5社とジェネリック医薬品メーカー3社の概況、トレンドを簡潔に解説しています。「企業」という枠で製薬業界の動向を理解しておきましょう。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
24年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99% (23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

 irodas_sq.jpg3
【23卒限定】日本最大の就活コミュニティ「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【23年卒】首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。