就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活で通信業界に興味を覚えたら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事では「通信業界を就活の対象にしようかな」と思っている就活生が、はじめに知っておくべき情報を整理してまとめています。

通信業界と言っても、それぞれ思い浮かべる企業は大きく違うでしょう。そして「通信とはどの範囲を考えればよいのか?」、「インターネットは?」、「放送は?」など、業界の境目がはっきりしません。

「就活の答え」では、通信業界を通信キャリア(インフラとしての通信を提供している企業)とインターネット・プロバイダー企業を対象に解説しています。

「就活の答え」では通信インフラ企業を中心に、通信業界を以下の4つの記事で解説しています。通信業界研究のスタートとして、これらの記事をぜひ活用してください。

通信業界のビジネスモデルを知ることからはじめよう

「通信」という言葉の意味が広いために整理して考える必要があります。以下の記事では、通信キャリアのビジネスモデルとインターネット・プロバイダーのビジネスモデルにフォーカスして解説しています。通信業界は身近であるだけに理解しているよう無きになりますが、一般の人が思っている個人相手のビジネスだけではあいりません。

現在の通信企業がどのような事業を行い、収益をあげているかを理解して、業界研究の第一歩としてください。

 通信業界の現状と課題を把握したうえで、その未来についても考えてみよう

以下の記事では通信業界、特に通信キャリアの現状と課題、そして近未来について解説をしています。

携帯電話やスマートフォンを使いこなしてきた就活生にとっては、移動体通信キャリアは特に身近な存在でしょう。各社ともテレビコマーシャルを積極的に展開しており、成長している業界・企業のイメージが強いと思います。

通信業界への就活を考えるにあたっては、華やかな表層のイメージからの発想では通用しません。どの企業も規模が大きく、有名であり、安定性もあることから就活人気は高く難関企業です。

的確な志望動機をつくっていくためには、固定電話やインターネット接続も含めて「通信業界全体の大きなトレンド」や個人向けビジネス、法人向けビジネスの現状と課題を把握しておくことが重要です。

また業界の未来を考えてみることは、自分の将来に大きく関わる職業選択をしていく上でとても大切なことです。業界研究の初期段階で、ぜひ以下の記事を参考にしてください。

通信業界の職種や「やりがい」を理解し、自分の適性も冷静に考えてみよう

規模も大きく業態も多様な通信業界。その職種、特に技術職に関してはこの業界ならではのものが多数あります。また大企業の場合、専門的な知識に基づいて役割や業務が細分化しています。職種は企業の事業分野によって変わってくるため、業界研究の初期では事務系、技術系の職種の概要を把握しておきましょう。

通信企業で働いている人のモチベーションや「やりがい」と「適性」を確認しておきましょう。その業態や職種によって、働いている人のモチベーションや「やりがい」、「適性」は違いますが、共通しているコメントも数多いのです。その代表的なものを最大公約数的にまとめておきます。以下の記事を参考に、就活の対象として通信業界が自分にマッチするかを考えてみてください。

通信業界の構造と通信業界の主要企業の概要をチェックしておこう

日本のインフラを支え、規模が大きく社会的な影響力も大きい通信業界。以下の記事では通信業界の構造と通信業界大手企業4社(NTT、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)の概況を直近年度の有価証券報告書や中期経営計画からまとめています。就活生が、通信業界に自分の未来を託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

新卒でITエンジニアになりたいなら、ITと就活の専門知識を持つプロに相談するのが近道

IT技術やWeb技術は今の社会にとって必要不可欠であり、それに係る人材は枯渇しています。

ITを担当するITエンジニアは多種多様な産業に渡り、且つ技術をベースとした専門分野に分かれているため、現状の自分にどんな可能性が広がっているのかを正確に判断するのは難しいものです。

この分野のすそ野は広く、プログラミングの知識が殆どなく、その「さわり」程度の知識しかない文系の学生でもITエンジニアの卵として就職することも可能です。

また大学で情報工学を学んでいる学生や大学院でAIを専門に研究してきた学生が、IT系企業だけではなく、外資系のコンサルティング会社や投資銀行のエンジニアとして就職することも普通にできるのです。

しかしほとんどの学生の場合、産業や企業、IT系の職種に対する知識が乏しいため、具体的な就活をどう進めたらよいのか分からず、最初の段階で躓いたり、無駄な時間を使ってしまいます。

そんな不満や不安を持つ就活生は、ITと就活の専門知識を持つ、ITエンジニアになるための就活に特化した就活エージェントである、レバレッジルーキーに一度相談してみましょう。

とりあえず専門家に聞いてみるのが近道です。もちろん気に入ればその後、全て無料で就活のサポートが受けられます。

少しでも興味があれば下記のボタンで内容をチェックして、興味が湧いたら自分の情報を登録してみよう。登録は1分でカンタンにできます。

レバテックルーキーをCheck>>

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

コロナ禍で学生生活を充実させることが難しかったことで、自分は就活をやり抜いて、納得の内定がとれるのか、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
26年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスで、インターン情報やスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、朝日新聞、ニトリ、コクヨ、SoftBnak、JCB、ATEAM、sansan、Nissin、Opt、Funai Soken、RISOなども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう

doda_campus_fix_image.jpg2
25年・26年卒の就活生には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

少しでも納得感が高い内定を目指す25年卒の就活生、インターンに参加したい26年卒の就活生は、スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

kuchikomi_150x150.jpg3
納得できる内定獲得のための就活サイト、【就活会議】に無料登録すれば、88,000枚以上の本物のESを閲覧できる!

就活は情報戦。企業が提供する情報は重要ですが、それだけでは不安です。実際の社員の評価や、選考を受けた先輩達の口コミによる生の声を入手できる「就活会議」を徹底解説。ESや選考情報のリアルを手に入れよう

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

 b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【25年卒】首都圏の学生で、納得できる内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します