就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活の難題】ガクチカの攻略法の徹底解説と例文

就活でエントリーシートの作成が視野に入ってくると、直面するガクチカ問題。ガクチカとは、エントリーシートや面接で必ずと言ってよいほど要求される「学生時代に最も力を入れたことを教えてください」という質問のことです。就活用語では略して「ガクチカ」と呼んでいます。

この質問に対し、「学生時代に最も力を入れたこと」が直ぐに頭に浮かぶ学生ばかりではないと思います。筆者もこの質問をみて、しかもそれが就活において重要と理解した時、大きな戸惑いを覚えた記憶が残っています。

何故ほとんどの企業が、エントリーシートや面接でこの質問をするのでしょうか。まずそこから理解していきましょう。

企業にとって、ガクチカの重要性とは

採用選考はエントリーシートから適性・能力検査、それを通過できたら面接選考に進む流れが一般的です。

このプロセス全体で、企業は「その志望者を採用することが、自社の成長・発展に寄与するか」の可能性、ポテンシャルを判断して内定を出します。

そのプロセスの通行手形のようなものがエントリーシートとその記載内容です。つまりエントリーシートの内容は、企業の成長・発展に寄与する、あたなのポテンシャルを十分に表現する必要があるのです。

そして自己PR、志望動機とともに重要視されるのが「ガクチカ」やそれに類似した質問であり、殆どの企業がESの質問に採り入れています。

ガクチカ質問の意図

企業が自己PR、志望動機とともに「ガクチカ」を重視する理由は、志望者がESで伝えようとしていることの「証拠」になるからです。

ESには「あなた」の性格や価値観、長所や短所、強みや弱み、志望動機の深さが表現されています。「ガクチカ」の記述は、それらのプルーフ(証明)として最も分かり易く、便利なものなのです。その理由は以下の通りです。

  • 事実・体験のため、証拠能力がある(作文以上のもの)
  • 学生時代という直近の期間を限定しているため、現在の状態を反映している
  • 自分の意思で自由に使える時間が多い中での活動なので、学生の価値観・興味・関心、モチベーションが反映されやすい
  • 「最も」という最上級表現から学生の価値観や性格を読み解きやすい
  • 学生自身の事実・体験を聞いている質問のため、面接時に掘り下げ易い

企業にとって「学生のポテンシャル」を判断する上で重要な質問であるからこそ、殆どの企業が「ガクチカ」を質問するのです。

ポテンシャルの核になるものは何か

「ガクチカ」では「あなたがその企業で活躍するポテンシャルの核」を証明するものであれば良いのです。

特に志望が殺到する人気企業においては、ガクチカの冒頭でESを最後まで読む気になるか、よく読まないかが決まってしまうと思っていてください。人気企業にとっては、それほど重要なものです。

ガクチカの質問は、体験、学生時代、最も、という三つの「縛り」をいれることによって、以下の企業活動に必須のポテンシャルを直感的に判断できるようにしています。

  • 主体性:主体的な取り組みから価値観と行動特性を読み解く
  • 周囲との関係性:人を巻き込む力・人と協調する力、チームワークスキルを読み解く
  • 企業活動への貢献性:活動結果に対する姿勢から、企業の生み出す価値・利益の創出に貢献できるかを読み解く
    • 結果を数的データ、もしくは客観的な視点で分析し、伝えられているか
    • 何を学び、どう活かそうとしているのか

あなたがESに書くべき「ガクチカ」は、「あなたが主体的に活動したこと」であり、「周囲の人々を巻き込む、または協調・協力」しながら、「客観的に評価できる成果」をあげ、「その活動で何を学び、どう活かそうとしているのか」を最も印象付けるエピソードであるべきなのです。

企業の視点で言えば、学生時代という「直近で、かつ自由に使える時間が多い期間に行う活動」だからこそ、主体性や人との関わり方の証明に使いやすいと考えています。

更に「最も」という最上級表現を使用することで、主体性の中にその学生の価値観が読み取り易いのです。

何よりも、経験・事実を質問しているため、志望者がエントリーシートの全体を通じてアピールしたいことの証拠(カウンターチエックができるもの)として捉えています。物事を判断する上で証拠は極めて重要です。

そして活動の結果をデータや客観視点で捉え、学習や将来に向けて展開する資質の有無も見ています。その資質を併せて、自社の仕事でのポテンシャルを総合的に判断しているのです。

ちなみに主体性と自主性は重なるところも多いですが、ニュアンスに若干の違いがあります。

  • 主体性:

何もない状況下で自ら考えた目標や課題を設定し、判断し、自らの責任において行動を起こす態度や資質

  • 自主性:
    ある目標や課題、仕事(やらなければならないこと)が決定、設定されており、それに対して他人からの指示、命令、助言を待つことなく、それに向かって自分ができることを取り組む態度や資質

このニュアンスの違いは重要です。ガクチカではもちろん自主性も評価されますが、より評価されるのは主体性です。

変化の激しい現在では、企業も過去の成功体験やフォーミュラに頼ってばかりはいられません。

予想もしていなかった業界からの参入や、技術イノベーションにより市場が1年もたたずに激変することもあります。それはリスクでもありチャンスでもあるのです。

このようなビジネス環境では、自主性というレベルを超えて、何もないところから自分の意思で何かを起こす「主体性」が就活でより評価されているのです。

「就活の答え」の読者は、この微妙な差が生む大きな評価の差を意識して、ガクチカを攻略していきましょう。

自己PR(長所・強み)との一貫性は重要

ガクチカ質問の目的の一つが、学生の仕事におけるポテンシャルの証拠収集である以上、そのエピソードはあなたが自己PR欄で主張した長所や強みとの一貫性を保ってください。

例えば強みとしてリーダーシップをアピールしたい場合は、人を巻き込んで物事を改善した体験・エピソードを選びましょう。

ストレス耐性を強調したいのなら、ストレスがかかる局面で、主体的にそれをどう克服したかを盛り込んでおく工夫が必要です。

自己PR(長所・強み)とガクチカの内容は相互に連携しているものとして理解して下さい。個別最適化をしてバラバラな印象を与えてしまうのは損です。

ガクチカの質問の意図に応え、ポテンシャルの核(主体性、周囲との関係性、企業活動への貢献性)と自己PR(長所・強み)との一貫性が色濃く表現しましょう。伝えやすいエピソードを選ぶことが、あなたの就活での戦闘力を上げることに直結します。

「ガクチカ」のスペックのグレード

クルマはそのスペックによってグレードがあります。クルマの場合、ものとしての性能であるため、そのスペック以上のグレードを超えることはできません。

ガクチカにもスペックは存在します。そして、残念ながらエントリーシートに書かれたそのグレードによって判断されることもあります。

ガクチカの質問の意図に応え、ポテンシャルの核(主体性、周囲との関係性、企業活動への貢献性)と自己PR(長所・強み)との一貫性が色濃く表現でき、伝えやすいエピソードであっても、「何をしたか」のスペックで判断される傾向は強いのです。

ハイグレードなガクチカ

ハイグレードなスペックを持つガクチカとは、起業、NPO法人の立ち上げ、ビジネスプランコンテスト上位入賞、アプリケーションの独自開発、研究成果、体育会、海外(留学)での活躍など、文章のヘッドラインとして書くと、殆どの人が「すごそうな学生」と感じ読み進めたくなる体験です。

就活で超難関、超人気とされる企業では学歴フィルターがかかり、且つ、上記のようなハイグレードのガクチカを持った学生での競争となっているのが現実です。

そのような企業でも可能性がゼロではない場合があります。

人材の多様性を重視する企業や、学歴より人物を重視で採用する枠を設けている企業もあるため、全く不可能ということではありません。超難関、超人気の企業はその現実を受け入れた上で、チャレンジしてみるのも「あり」です。

就活全体で後悔を残さないためにも、「やりたいことはやっておく」という考え方もありです。ただし時間配分を考え現実的な選択肢を重視していきましょう。

一般的なガクチカ

上記のハイグレードな「ガクチカ」を誇れるのは、就活生の中でもごく一部の人材です。ほとんどの学生は、ハイグレードなスペックの「ガクチカ」を持っていないので、安心してください。

あまりグレードで分けるのは好みではありませんが、所謂「一般的なガクチカ」とは、サークル、アルバイト、長期インターン、ボランティア活動、主体的な学習や趣味・特技の領域での活躍と成果を書いたものです。

就活本番になると、「サークルのリーダーやサブリーダーの数が増える」、「アルバイトのリーダーばかりになる」という「就活あるある」が起こります。

多くの就活本や就活マニュアル、就活情報サイトのアドバイスには、「サークル活動やアルバイトの経験でも、自分の上げた成果を数的に表現できれば、立派なガクチカになります」と書かれているため、素直な就活生がそれをそのまま取り入れてしまう結果、似たようなガクチカが書かれたESが多くなってしまうのです。

サークルやアルバイトの経験でも、それが本当にあなたにとって「学生時代、最も力を入れたこと」であればそれを採用するのが基本です。

しかし、はじめから「それしかない」と安易に決めつけず、長く取り組んできた事や、つらかったこと、他人とのやりとりが難しかったこと、他の人があまり経験しないこと等、できるだけ多くの選択肢の中から自分の良さが発揮できたことを丁寧に振り返ってみましょう。

その中にもダイアの原石が含まれているかもしれません。多くの学生が使用するサークルやアルバイトの体験との同質化を防ぐことができます。信頼のおける周囲の人、OGやOBにも相談してみると思わぬ発見ができることも多いのです。

その体験でガクチカの質問の意図に応え、ポテンシャルの核(主体性、周囲との関係性、企業活動への貢献性)と自己PR(長所・強み)との一貫性が色濃く表現でき、伝えやすいエピソードに仕上げていきましょう。

よくあるテーマでも、書き方次第で突破力を持つ「ガクチカ」にできます。

多くの学生が使用するテーマでも、その前提で企業が求めているものに応える書き方を工夫しましょう。

就活本やマニュアル、就活情報サイトのアドバイスを読んでカタチから入り、ガクチカのフォーマットの「自身の経験を空欄に埋めていけばよい」という安易な考え方は止めましょう。カタチから入るのは危険です!

ESを作成するスピードアップにはなるかもしれませんが、自身の経験を真剣に考えてよく分析すれば、必ずしもサークルやアルバイトの経験がふさわしいとは限りません。

カタチから入って、企業がガクチカに求める「ポテンシャルの核」をもっと良く表現できる経験やエピソードを見逃すようなことのないようにしましょう。

ガクチカの難しさ

ガクチカの難しさは、前述したハイグレードのスペックがないため、「自分には何もない」と思ってしまうことです。

その段階で思考停止に陥ったり、悲観が先に立ったりして就活にイマイチ気合が入らない状態に陥ることがあるのです。

しかし、無駄にしている時間はありません。

ガクチカはインターンシップの選考から最終面接まで関わるものであり、「無し」で済むことはあり得ないのです。

細かく活動や行動を分析していけば、あなたの強みが発揮された経験は必ずあるはずです。自己分析で自分の長所や強みを確認したエピソードをもう一度振り返って複数のパターンを用意しておきましょう。

諦めたら、そこであなたの就活は終了します。

ガクチカが全く思い浮かばない場合の対策

どうしても自分には「ガクチカ」がない、あるいは思い浮かばない就活生も多いと思います。

自己分析を行うと、何となく自分の長所や強みをいくつかはあげることは出来ても、「体験」、「学生時代」、「最も」を満たすものはないという人もいるでしょう。

また、「体験」、「学生時代」、「最も」を満たす活動は思いついても、自分で努力したものであり「周囲・人との関係性が薄い」あるいは「データや客観的に評価できるものがない」という方もいるでしょう。

殆どの場合、深く文分析していけば、何かは見つかりますが、どうしても「思い浮かばない」、「ない」という就活生は「ガクチカ」をつくるしかありません。

ガクチカへの長期的なアプローチ

「ガクチカ」を作ることを考えた場合、「時間」を考慮しなければなりません。この記事を読んでいる方が、大学1~2年、3年の早い段階の場合は、就活本番までに相当の時間があります。

その場合は、長期で取り組めばデータや客観的な評価が得られる活動を検討しましょう。

長期で取り組めることは、語学学習、長期インターン、主体的で本格的な学習や体験、ニッチなネタに集中して取り組む、ボランティア活動などを真剣に取り組むことで、「ガクチカ」の事実をつくるのです。

経済的に許せば起業塾に参加し、アントレプレナーシップと必要な能力を学ぶこともできます。

長期のインターンは、ビジネス経験も含め真剣に取り組めば得られる知見や経験も多いのでガクチカに直結させることができます。

長期的な取り組みを行う場合でも、ガクチカの質問の意図に応え、ポテンシャルの核 (主体性、周囲との関係性、企業活動への貢献性)と自己PR(長所・強み)との一貫性を意識した取り組みをしましょう。

語学学習などは一人の作業で、周囲との関係性は薄いように考えるかもしれませんが、友人と励まし合って共にTOEIC900点を達成する等で強化することができます。

またニッチな分野でもコンテストに出場したり、上位入賞を目指す活動は、書き方によってインパクトのあるガクチカになります。

あらかじめ企業が評価するポテンシャルの核を意識しておけば、一生懸命行った活動であれば必ずエピソードを作ることができるのです。

ガクチカへの短期的なアプローチ

多くの学生が就活を開始して「ガクチカ」の存在に気が付いた時には、すでに時間がないことの方が多いでしょう。

長期的な取り組みによって成果が出る活動では、ESを書くまでに間に合わない事態になります。

「ガクチカ」は短期的な活動に限られますが、短期集中で真剣に取り組むことでエントリーシートに書けるレベルのガクチカにすることでができます。

短期でできることは、アルバイト、ボランティア活動、趣味や特技を短期集中で行ってみる等に、ある程度限られてしまいます。

コロナが無ければ短期の留学や海外ボランティア活動、海外武者修行インターン活動等も選択肢ですが、現状では非常に難しい状況です。

2022年卒の就活生は、コロナの制約を受けますが、それを逆手に取ってインパクトのある経験を積むこともできるでしょう。

新型コロナウイルスは大学生のアルバイトの機会も奪ってしまっていますが、それを逆手に取ってUber Eatsをはじめる、自分で工夫して最大の効率・売上を達成する、友人とともにYoutube Channelをつくり情報発信で〇〇万円稼ぐ、独自でスマートフォンのアプリを開発してローンチする、オンラインで友人と就活フォーラムを立ち上げる等々の工夫は知恵を出せばできるものです。

ガクチカは経験・事実です。短期の活動でも、真剣に行えばESに書くことができます。まず経験・事実をつくりましょう。

ガクチカの適切な書き方

エントリーシートの全体に共通する書き方があります。ガクチカも基本的な書き方は同じです。

以下の点を注意して、文字数制限の80%以上、100%以内で書く練習をしておきましょう。

  • 文の冒頭で、質問に正確に答える(聞かれていることの結論を書く)
  • 冒頭文に読み進めたくなるようなインパクトのある表現を使う
  • 結論は分かり易く、簡潔に書く
  • 文を長くせず、できるだけ短くする
  • 一つの文で一つのことを伝えるのが基本

 

その上で以下の基本のフローを参考に書いていきましょう。

基本のフロー

結論パート:質問に端的に答える

  • 結論を先に述べる:学生時代に最も力を入れたこと

 

経験・エピソードパート:

  • ガクチカの概要・背景を簡潔に語る
  • そこにあった問題点と課題。課題に対して考えたこと、解決への動機
  • 問題・課題に対してとった行動(努力や工夫)
  • 活動の結果のデータ・客観指標

 

文字数制限内で可能であれば入れるパート:

  • ガクチカを通じて学んだ事、成長した点を仕事へ活かす決意

制限文字数内で書き上げたら次に行うこと

 

  • 校正・推敲して、誤字・脱字を排し、句読点の打ち方により、読みやすさと文章のリズムを改善する
  • 信頼のおける第三者に添削してもらう。客観的な評価を受ける
  • 余裕があれば、複数のバージョンを用意しておこう(選考開始後、どのパターンが最も通過するかの傾向をみるため)

エントリーシートにおけるガクチカの例文

最後に具体的なガクチカの例文を悪い例、良い例であげておきます。参考にしてください。

あなたが学生時代で最も力を入れたことを教えてください (350文字)

悪い例

フットサルサークルの活動で、インターカレッジリーグの万年下位からの脱却を目指して練習に励んできました。私はサークルのサブリーダーとして、チームをまとめる役割を担って部員間のコミュニケーションが活発になるように努めてきました。具体的には先輩後輩に関係なく意見を伝え合うミーティングを設け、練習中も思ったことを遠慮しないで伝え合う雰囲気づくりに注力してきました。更に出された意見を記録して、次の練習に改善のポイントをまとめたメモを作り、全員に配ることによってその日の練習で実際に改善点を意識した練習を励行しました。その結果チームの一体感が高まり、いままで勝てなかったチームにも勝利して、万年下位からリーグ3位へのランクアップを達成することができました。この経験からチームの大切さを学ぶことができました。

良い例

万年下位のフットサルチームを引っ張り、リーグ3位を達成しました。当初サークルは上下関係が厳しく、チームの一体感がないことが課題でした。その状況を変えるため、私は、先輩後輩の垣根を越え活発に意見を交換できる練習方法を開発したのです。具体的には練習中と練習後に意見交換の場を設けました。私が司会をして意見を促し、まとめ、その結論を記録。改善点をまとめたメモを作り、次の練習で全員に配布して練習に反映しました。その結果、今まで勝てなかった上位チームにも勝利し、万年下位からリーグ3位へのランクアップを実現できました。この経験から、自ら人間関係の接点となり、チームの課題を解決する重要性を学びました。ビジネスでも、チームの目標を達成するために主体的に働きかける人材となることを目指します。

この記事をよく読んでいただければ、良い例と悪い例の違い、その理由を理解できると思います。

ガクチカとして語れる経験を、上記の「良い例」を参考にしながら書いてみましょう。後はトライアンドエラーで改善していきましょう。

複数のバージョンをつくって、選考に強いものをみつけていくのも実践的な解決策です。難題のガクチカにも背を向けないで取り組んでいきましょう。

自己分析ツールを活用して、あなたの適職を発見しよう

就職先を決める時に一番重要なのは、その仕事が「自分に向いているかどうか」です。自分に向いている仕事を見極めるには、自己分析が欠かせません。

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「Analyze U+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

\\ 就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと //

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。