就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【平均年収・離職率データ付き】就活で印刷業界に着目したら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載していますが、今回はそれらを業界毎にまとめた記事を作成しました。

この記事の冒頭に就活生の皆さんが最も気になる、主要な印刷会社の平均年収のデータを東洋経済新報社の就職四季報2020年版から引用して表にまとめています。また就職四季報には掲載されていない企業で上場している企業に関しては、参考までに有価証券報告書から全従業員平均給与のデータを載せています。

新卒時の職業選択は、今後の一生に大きな影響を与えるイベントです。そして「生きていくための収入を得る」という最も地に足の着いた動機に応えるためには、業界の主要企業の平均年収とその平均年収を稼げる年齢を知っておくことは、他の業界と比較する上でも重要であり、最も気になる指標でしょう。

更に業界の魅力と仕事の厳しさとの相関指標として、入社3年後の離職率のデータも就職四季報2020年版から引用しています。こちらは企業差、個人差があることを大前提として考えて欲しいデータになりますが、大学生の皆さんには気になるデータだと思いますので、印刷業界の企業を更に突っ込んで研究し、エントリーする業界にするか否かの判断材料にして下さい。

印刷業界主要企業の平均年収と3年後離職率

出典:東洋経済新報社 就職四季報 2020年版

企業名平均年収(平均年齢)3年後離職率

50音順

共同印刷598万円* (43歳)14.7%
大日本印刷712万円 (42歳)7.3%
凸版印刷691万円 (42歳)10.1%
トッパン・フォームズ687万円 (43歳)21.7%

*全従業員平均

ご参考:

印刷会社の従業員数、平均年齢、平均勤続年数、平均年間給与(出典:有価証券報告書)

社名従業員数(人)平均年齢

(才)

平均勤続年数

(年)

平均年間給与(円)
共立印刷51136.911.8489.4万円
光陽社(製版)18242.813.2473.3万円
宝印刷65242.915.2671万円
竹田印刷57642.216.7499.4万円
図書印刷1,20143.020.9607.4万円
NISSHA81940.713.5662.6万円
フジシールインターナショナル**6341.812.3644.2万円
光村印刷57344.523.0465.2万円

**持株会社

平均給与のレベルは売上上位企業が高く、それ以外の企業は平均的か、やや低めの業界と言えます。3年後離職率のデータは就職四季報に掲載している4社に関しては全産業平均(約3割)と比べて低くなっています。給与レベル離職率は企業によって差があるので、ある程度志望企業を絞って、企業研究で精査してください。

「就活の答え」では、印刷業界全般を短時間で理解できるように以下の4つの業界研究記事を提供しています。まずはこれらの記事を読んで業界研究のスタートとして下さい。

印刷業界のビジネスモデル

業界研究のはじめに、印刷業界の構造や特徴、そしてビジネスモデルを理解しておきましょう。

生活に密着し、情報伝達に不可欠な印刷業界。クリエイティビティも発揮できる業界ですが、就活生にはその実態が良く理解されていません。就活に必要な印刷業界の構造と特徴、収益モデルも分かり易く解説します。

就職という大事な決断をするにあたって「好き」は重要な要素ですが、一度冷静に業界を研究して印刷業界を本気で就活の対象にするのかを考えてみましょう。

印刷業界の現状と課題、そして未来

情報・コミュニケーションのデジタル化の波で、印刷業界は大きな影響を受けてきました。

経済産業省がまとめている工業統計では、国内の印刷産業出荷額は1991年に8兆9286円をピークに長期的には減少傾向が続いており2016年のデータでは5兆2752億円にまで減少しています。つまりピーク時からは40.9%のマイナスです。

このデジタル化は印刷業界にとって脅威ですが、同時にチャンスでもあるのです。印刷業界のリーディング企業は自らデジタルマーケティング分野を強化したり、非印刷事業に挑戦して業態やビジネスモデルを変革しつつあります。

新卒での就活は、その後の仕事人生に大きな影響を与えるイベントです。印刷業界の現状と課題、未来を把握し他の業界と比較してみること、自分の将来を業界の動向と併せてイメージしてみることは非常に大切なことです。

印刷業界の課題や、そこから考えられる未来を単時間で把握できるように、簡潔にまとめていますので、是非参考にして下さい。

印刷会社の職種と仕事内容、「やりがい」と適性

印刷会社の職種や仕事内容、働く人のモチベーションや「やりがい」について解説をしています。更に、就活生が気になる、印刷業界、印刷会社に向いている人、向かない人はどんな人なのか、「適性」についても解説を加えました。印刷会社への自己PRや志望動機作成の参考にもなります。

また将来のミスマッチを防ぐための参考にもなります。自己分析と併せてしっかり考えていきましょう。

印刷業界、主要各社の現況

以下の記事では、印刷業界の代表的な企業の概況を直近年度の有価証券報告書や中期経営計画を基にまとめています。印刷業界をリードする最大手凸版印刷と大日本印刷を含め、上場している印刷会社の売上上位の企業6社の動向を解説しています。

業界の大手企業の現状を知ることは、それ以下の企業と比較、評価をする上で役に立ちます。各企業の近況を短時間で読めるようにコンサイスにまとめていますので参考にしてください。

印刷業界は従来の「印刷」という枠では捉えきれない変化を遂げています。デジタルによる急激な変化にさらされている業界であるだけに、新事業への展開や拡大の自由度が高く、可能性が広がっていると考えることもできるのです。

しかし企業によって規模も違い、注力できる戦略に差が出ることも事実です。

印刷業界に興味や志望意欲を繋ぐことができた方は、志望企業候補のあたりをつけて、詳細な企業研究を進めていきましょう。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

9219fc8ca4440aa388894f2f66bb2386.jpg1
自分の就活力を客観的にチエックできる神サイト!就活対策はここからスタート

あなたの『就活力偏差値』知りたくありませんか?自分のポジションを客観的に知って、就活をマネージしていくことが、就活を効率よく進める第一歩。簡単な質問に答えるだけで、無料で診断ができます。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。