就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活でゲーム業界に興味を感じたら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事ではゲーム会社(ゲーム機器メーカー、ソフトメーカー、ゲーム・プラットフォーム提供企業)に関する記事をまとめました。

この業界のハードメーカーは一部の企業に限られていますが、ゲームソ制作会社は大小含めて全国に200社近く存在します。(アダルトゲーム制作会社は除く)

また近接業界としては玩具メーカーやパチンコ・スロットマシンメーカー、インターネットサービス(ゲーム・プラットフォーム)を提供する企業にまで広がります。

「就活の答え」では就活生に人気のあるゲームハードメーカーと大手ソフト制作企業を中心に解説しています。この記事で本当に「ゲーム」を職業にしたいと思ったら、近接業界や中小ソフトメーカーへの研究も深めていってください。

平均年収や離職率も企業によって大きな差が出る業界です。ゲームが好きなことは非常に重要ですが、単に「ゲームが好きだから」という理由で志望するのは危険です。

長期スパンで10年後、20年後の自が何をやっていたいか、どんな会社の、どういう立場で、どれくらいの報酬を得たいのかをしっかり考えていきましょう。

まずはゲーム・エンターテイメントについて、以下の4つの記事を業界研究のスタートとして下さい。

ゲーム・エンターテイメント業界のビジネスモデルを知ることからはじめよう

就活生に人気のあるゲーム業界。大手企業には志望者も多く、採用人数が少ないため難関の業界です。以下の記事では業界研究の第一歩として、ゲーム・エンターテイメント業界をビジネス視点で理解するために、ビジネスモデルと収益モデルを解説します。

また、ゲーム業界に関する知識がない就活生のために、現在の業界の構造がどうなっているかも分かりやすく解説しています。是非参考にして下さい。

ゲーム業界は国内だけではない。更に大きな変化が起こっていることを理解しておこう

以下の記事ではゲーム・エンターテイメント業界の現状と課題、そして未来について解説をしています。

就活生の皆さんは国内のゲーム市場をイメージして就活を考えていると思いますが、世界に視野を広げてゲーム市場を考えていきましょう。また、ゲームを行うハードやサービスも多様であり、日本と世界の違いからどんな違いがあるのかも考えてみることが大切です。またゲーム業界は技術革新が非常に速いため、技術のトレンドも理解しないとビジネスを理解できません。

就活生にとっては将来に関わる情報のため、選考過程でも常に必要になる情報です。志望動機にも応用が可能なので活用してください。

ゲーム・エンターテイメント業界に魅力を感じたら、自分とのマッチングを真剣にチェックしてみよう

就活で人気のゲーム・エンターテイメント会社に特有な職種と仕事、働く人のモチベーションや「やりがい」は何か、そしてゲーム会社に向いている人、向かない人はどんな人かを徹底解説します。

ゲームを成り立たせるためには、ハードとソフトが必要であり、それぞれに特徴的な職種・仕事があります。まずは概要を頭に入れた上で、先輩たちの「やりがい」やモチベーション、そこで働いている人の適性と自分との関係を考えていきましょう。

就活を進めるには周到な準備も必要ですし、時間もかかります。それらを無駄にしないためにも自分とゲーム会社の「ビジネス」とのマッチングを良く考えて就活を進めましょう。

ゲーム業界の構造と大手ゲーム・エンターテイメント会社の概況を把握しておこう

就活生向けにゲーム業界の構造と、大手ゲームメーカー5社(ソニー、任天度、バンダイナムコ、スクエニ、コナミ)の概況を直近の年度決算データから解説しています。

大手ゲーム会社は事業構造や強み、ポジショニング、現在置かれている状況も、それを踏まえた上での未来に対するアプローチの方法や戦略に違いがあります。まずはゲーム大手の状況・動向を把握してから個別の企業研究を深堀していきましょう。また近接業界に視野を広げることも考えていきましょう。まずはその「きっかけ」として活用して下さい。

新卒でITエンジニアになりたいなら、ITと就活の専門知識を持つプロに相談するのが近道

IT技術やWeb技術は今の社会にとって必要不可欠であり、それに係る人材は枯渇しています。

ITを担当するITエンジニアは多種多様な産業に渡り、且つ技術をベースとした専門分野に分かれているため、現状の自分にどんな可能性が広がっているのかを正確に判断するのは難しいものです。

この分野のすそ野は広く、プログラミングの知識が殆どなく、その「さわり」程度の知識しかない文系の学生でもITエンジニアの卵として就職することも可能です。

また大学で情報工学を学んでいる学生や大学院でAIを専門に研究してきた学生が、IT系企業だけではなく、外資系のコンサルティング会社や投資銀行のエンジニアとして就職することも普通にできるのです。

しかしほとんどの学生の場合、産業や企業、IT系の職種に対する知識が乏しいため、具体的な就活をどう進めたらよいのか分からず、最初の段階で躓いたり、無駄な時間を使ってしまいます。

そんな不満や不安を持つ就活生は、ITと就活の専門知識を持つ、ITエンジニアになるための就活に特化した就活エージェントである、レバレッジルーキーに一度相談してみましょう。

とりあえず専門家に聞いてみるのが近道です。もちろん気に入ればその後、全て無料で就活のサポートが受けられます。

少しでも興味があれば下記のボタンで内容をチェックして、興味が湧いたら自分の情報を登録してみよう。登録は1分でカンタンにできます。

レバテックルーキーをCheck>>

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

コロナ禍で学生生活を充実させることが難しかったことで、自分は就活をやり抜いて、納得の内定がとれるのか、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
26年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスで、インターン情報やスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、朝日新聞、ニトリ、コクヨ、SoftBnak、JCB、ATEAM、sansan、Nissin、Opt、Funai Soken、RISOなども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう

doda_campus_fix_image.jpg2
25年・26年卒の就活生には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

少しでも納得感が高い内定を目指す25年卒の就活生、インターンに参加したい26年卒の就活生は、スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

kuchikomi_150x150.jpg3
納得できる内定獲得のための就活サイト、【就活会議】に無料登録すれば、88,000枚以上の本物のESを閲覧できる!

就活は情報戦。企業が提供する情報は重要ですが、それだけでは不安です。実際の社員の評価や、選考を受けた先輩達の口コミによる生の声を入手できる「就活会議」を徹底解説。ESや選考情報のリアルを手に入れよう

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

 b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【25年卒】首都圏の学生で、納得できる内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します