就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【平均年収・離職率データ付き】:就活で損害保険会社を検討したいなら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事では損害保険業界、損害保険会社に関する記事をまとめました。冒頭に就活生の皆さんが最も気になる、損害保険会社の平均年収のデータを東洋経済新報社の就職四季報2020年版から引用して表にまとめています。他の業界と比較する上でも重要且つ最も気になる指標でしょう。

更に業界・企業の魅力と仕事の厳しさとの相関指標として、入社3年後の離職率のデータも引用しました。こちらは企業差、個人差があることを大前提として考えて欲しいデータになりますが、大学生の皆さんには気になるデータだと思います。損害保険業界各社は離職率を非開示にしている企業が殆どですが、平均年収と併せて損害保険業界をエントリーする業界にするか否かの判断材料にして下さい。

損害保険会社の平均年収と3年後離職率

出典:東洋経済新報社 就職四季報 2020年版

企業名平均年収(平均年齢)3年後離職率
あいおいニッセイ同和損害保険699万円 (43歳)22.6%
共栄火災海上保険624万円 (46歳)NA
ソニー損害保険714万円 (39歳)NA
損害保険ジャパン日本興亜628万円 (42歳)NA
東京海上日動火災保険851万円 (42歳)NA
トーア再保険900万円 (42歳)9.1%
日新火災海上保険610万円 (45歳)NA
三井住友海上火災保険779万円 (41歳)NA

年収が高い業界として知られ、伝統的に就活生の人気も高い損害保険業界ですが、平均年収は確かに全業界平均よりは高い水準にあります。またほとんどの損害保険会社は3年後の離職率は非公開ですが、あいおいニッセイ同和損害保険の離職率は22.6%になっています。過去のデータですが、損害保険ジャパン日本興亜が12.7%であることは一つの目安になると思います。

保険業界は高収入ということで検討される学生が多いのですが、合う、合わないが比較的強く出る業界なので、企業の採用サイトの情報だけではなく、転職サイトや口コミサイトの情報もあわせて志望を検討することをお勧めします。もちろんOB/OG訪問で生の声を聞いて、疑問を解消して志望を決めましょう。

損害保険業界のビジネスモデル、現状と課題、未来について

損害保険業界を検討している就活生に向け、損害保険業界のビジネスモデル、現状、未来を分かり易く解説します。近年「やたらに長い社名の損害保険会社が増えたなぁ」と感じている方も多いでしょう。何故、損害保険会社は合併を繰り返してきたのでしょうか?

就活の対象に損害保険会社を検討しようかと考えている就活生の皆さんにが、はじめに理解しておくべき大切なポイントを簡潔に解説しました。業界研究に是非役立てて下さい。

損害保険会社の仕事、やりがい、適性について

損害保険会社の仕事の内容、そこで働く人の代表的な「やりがい」やモチベーションは何なのか、損害保険券業界に向いている人はどんな人なのか、向いていない人はどういう人なのかを把握しておきましょう。

損害保険業界の構造とグループ各社について

やたらに長い社名の損害保険会社、いくつかの保険会社がまとまっているホールディング企業やグループの存在外資系損害保険会社、異業種からの参入など、理解しにくい業界の構造をいったん整理してみました。個別の企業研究に入る前に大枠を把握しておきましょう。

損害保険会社の仕事、やりがい、適性、業界の構造やグループに関しては以下の記事で解説しています。是非参考にしてみてください。

3大保険グループとその中核の損害保険会社の概況を調べよう

損害保険業界に注目した就活生が目指すのは3大保険グループ。この記事では東京海上、SOMPOジャパン、MS&ADの3グループと主要損害保険会社の事業と業績、戦略を直近の通期有価証券報告書から解説します。損害保険業界に注目した就活生が目指すのは3大保険グループ。この記事では東京海上、SOMPOジャパン、MS&ADの3グループと主要損害保険会社の事業と業績、戦略を直近の通期有価証券報告書から解説します。

就活の初期段階で損害保険業界に興味を持てた方は、是非個別の企業の研究に進んでください。ピンとこない人は他の業界に研究の時間を使いましょう。限りある時間を有効に使って自分にベスト、ベターと思われる業界を探していきましょう。

損害保険会社は金融機関としての安定感や高給を期待できる業界です。就活人気も高く、内定を獲得するためにはしっかりとした準備が必要です。

これからは自らダイナミックに変わっていくことが必要な業界であり、やりがいも大きいと思います。ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。