就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活面接ライブ記事】就活生の能力とウソを見抜く、面接官の質問とは?

面接というハードル

エントリーシート選考や筆記試験(能力・適性テスト)を通過しても、数度の面接というハードルが待っています。

就活生は提出したエントリーシートの記載内容を基に、主張するべき内容を考え準備を行い面接に臨みます。

エントリーシートに100%の嘘を書いている人は稀ですが、多少話を盛ることは普通に行われています。

就活対策に関する情報も世の中に溢れており、かなりきめ細かいところまでしっかり準備している学生も多く、ESの記載内容や面接での応答も同質化しています。

人気のある企業では、高学歴の学生や抜きんでた能力や実績のある学生でも、数度の面接を通過できず、内定を獲得できない人もでてきます。

面接の選考を通過できる学生と、通過できない学生の差はどこにあるのでしょうか?

学力テストや資格試験のように絶対の正解や基準がなく、その差が不明瞭であることが就活の難しいところです。

嘆いていても状況は打開できません。この記事では、面接官が面接の応答を通じて、就活生をどのように評価して選考を行っているのかを、面接ライブ風にまとめています。

面接前の就活生に、ある程度の「心の準備」、「頭の準備」をして欲しいのです。面接官は「どんなことを考えながら質問しているのか」が分かれば、少しは落ち着いて応答できるものです。

就活対策情報をたくさん集めても、実践による学びより勝るものではありません。面接は始めから上手くいくことはなく、場数を踏んでPDCAを回し、改善していくものです。

この記事も肩ひじを張らずに、読んでください。

就活生の能力・強み、その嘘の見抜き方

就活でいう自己PRやガクチカ関連質問での主な評価対象は学生の「強み」、「性格・長所」、「能力」です。

それを通じて「我社にとってプラスとなる、ポテンシャルがある学生かどうかを判断」します。

面接評価シートの各能力評価欄にランクをつけるのが一般的な評価方法になります。

殆どの学生は直接的な回答や表現であるかどうかを別として、「私の強み」、「〇〇能力」をアピールする内容がエントリーシートに記載しています。

面接ではその内容を確かめます。その際、「あなたの強みを説明してください」という直接的な質問はまずしません。

殆どの面接官は、「自己PRしてみて下さい」や「学生時代に最も力をいれたことを具体的に教えてください」という答えやすい質問に対する応答を通じて、学生が訴えたい「強み」や「〇〇能力」があるのか、ないのか、あるとしてもどの程度なのかを冷静に見極めます。

従って、ESの記載内容を暗記して答えるような対応では太刀打ちできません。面接官は色んな角度から質問を投げてくるため、それを全部予想して答えを準備することはできません。

「就活の答え」では一貫して「本当の自分(価値観・事実・経験・ビジョン)に基づいた自分起点のエントリーシートを書くべき」と言っているのはこのためです。多少の誇張はアリですが、ウソは簡単に見破られてしまうのです。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

学生の「強み」の評価、嘘の見破り方:面接ライブ風記事

以下はメーカーの総合職(営業)志望のA君の一次面接を例に、面接官が行う質問とA君の質疑を通じて、面接官がどのように学生の強みを評価し、また嘘を見破るのかのsimulation です。

ここからは、A君の答えを自分で評価しながら読み進めて下さい。また自分の面接ではどう答えるか(もしくは自分がA君の立場だったらどんな答えをしようと思うか)も考えながら読んで下さい。

面接官
自己PRをしてください。
就活生
私の強みは周りを巻き込む力です。巻き込む力の元はメンバー同士のコミュニケーションを活性化するコミュニケーション能力と行動力です。BMXのサークルを立ち上げ、インターカレッジ大会の開催とチーム強化に努めてきました。その結果、関東16大学が参加する大会の開催と、準優勝を達成することができました。
面接官
何故BMXをやろうと思ったの?
就活生
子供のころからストリートスポーツ興味があり、中学・高校時代にはスケートボードを行っていましたが、大学では新しいスポーツにチャレンジしたいと考えました。加えて自分でサークルを立ち上げてみたいと考えたからです。

面接官

面接官
サークルのメンバーは何人位いて、その中でどういう役割をしていたのですか?立ち上げたのなら、サークルのリーダーでしたか?
就活生
はい。リーダーとしてメンバー募集から練習場所の確保など、苦労は多かったですが15名のメンバーが参加しています。
面接官
BMXは個人競技だと思いますが、メンバーとはどんなコミュニケーションをしているのですか?
就活生
個人競技ですが、チーム全員がレベルアップできるように、チーム全員を巻き込み、お互いが映像の記録をとって誰もがレベルアップできるような仕組みを作りました。技に関しては、その技のコツをシェアしたいと思える関係の構築や、全員が向上できるようなコミュニケーションを心掛けています。
面接官
BMXのサークル以外で、あなたの「周囲を巻き込む力をアピールするエピソードはありますか?
就活生
・・・。外食のアルバイトをしていましたが、店長とアルバイトの間に入って、アルバイトメンバーに働きかけ、シフトの調整を積極的に行って店が円滑に回るように心がけました。
面接官
あなたが具体的にしたことは何ですか?
就活生
店の状況を注意深く把握する、店長の意向を聞いておく、その上でアルバイトのメンバーとコミュニケーションをとって、みんなの状況を把握しました。自分のシフトも含め、店とアルバイトのスタッフの両方がうまく回る様なシフトプランを積極的に提案しました。

ここまでで自己PRに関する質疑は一旦区切られます。

面接官
ここまで聞いたけれど、周囲を巻き込む力の一端は把握できたが、もう一つの強みである「行動力」に対する説得が弱い。全体に琴線に触れるような事実や経験が伝わってこないため、コミュニケーションを通じて人を動かす力が特に強いと思えない。
面接官
サークルを立ち上げた主体性は評価できるが、他の学生と比較してこの学生を「採りたい」という気持ちが湧いてこない。このままだと積極的に採用する理由がないため、別の質問を変えてみるか。

と、いうような評価が下されます。A君の答えはごく一般的な学生の反応です。サークルを立ち上げたというプラスポイントがあるはずなので、そこでの苦労や学び、立ち上げで得られた経験などを熱く語った方が面接官の「気持ち」を動かすことができるでしょう。

このまま平坦なやり取りが続けば、この面接選考を通過できないでしょう。

一般的な面接での応答で陥る危機フラグ

A君の応答が、「ひどい」訳ではなく、就活のマニュアルや就活本に沿ってESを書き、その内容は頭に入っていても面接官からプラスの評価を引き出せないのはなぜでしょうか?

上記の応答に限って言えば、以下の問題点があります。

  • 自己PRの発言内容が「行ったこと」だけになっており、この企業の事業とどう関連づけてこのアピールを選んだのかが見えてこない
    • →「この企業への就活の面接を想定して書いたESではない」と思われてしまう。入社するための、戦略性も見えない

 

  • 強みとしてあげた「周囲を巻き込む力」が、「強み」と言えるほど琴線にふれるものがなく、(本当はあるのかもしれないが)面接というコミュニケーションを通じて伝わってこない
    • →「本当に、コミュニケーション能力あるのかな」と思われてしまう。
    • →「強み」と言えるほどのエピソードが弱い。アルバイトの例もごく一般的な立ち振る舞いにしか思えない

 

  • 「行動力」に関しては、説明の中でとりたてて言語化さえされていない
    •   →「サークルの立ち上げ」や「インカレの大会の開催」を以って伝わると考えているのかな?少なくともそれを実現するためにした特別な行動や努力の説明がないと、行動力は全く伝わらない

まとめ

面接がはじめから上手くこなせる人は稀です。主活力の高い人は、プレゼンテーションや面接の場数を踏んで、質疑に慣れている人です。

面接の難易度は志望する企業のレベルや就活人気によって大きく異なりますが、マニュアルや就活本をなぞっただけでは他の学生と差別化して、「積極的に採ろう」と思わせることはできません。

心の底から湧いている「その企業に対する自分の願望」に立ち返り、「ESでの記述内容を証明するにはどんなことを話すのが効果的か」をもう一度考えてみて下さい。

「強み」、「能力」、「性格」、「長所」のアピールは一つのエピソードでは不十です。それ人に伝え、信じてもらうためにはどうすれば良いのかを自分の頭で考えて下さい。(このレベルは、マニュアルを頼りにせず、自分で考えること!)

複数のエピソードや、エピソードを深く掘って「自分が本当に伝えたいこと」を探してください。

それがないまま、マニュアルをなめただけで面接に臨んでも良い結果を得られません。この壁を越えられるのは「あなた」だけです。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
コロナウイルスに負けるな!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

Athlete_agent_icon_fixed-e1589542385493.jpg 5
体育会系学生の就活をサポートする、専門就職エージェントとは?

体育会学生アスリートの悩みは、就活に充てられる時間が少ないこと。スポーツと就活を成功に導くために強力なサポートをしてくれる就職エージェントのサービスを、アスリートエージェントを例に詳しく解説します。

21年卒就活生必見!


内定はありますか?納得していますか?

22年卒の就活生へ


就活をいち早く実践f体験することが内定の近道

あなたのプロフィールを見た企業からオファーが来る、もう一つの就活へ!

\\ 1分で完了。すべて無料 //

OfferBoxへの登録はこちら!