就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活生がオンライン面接、WEB面接で失敗しないためのポイント

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、政府は2020年4月7日に東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に外出自粛要請、休業要請を行う緊急事態宣言を発令しました。

その後4月11日に、当時の安倍首相は、「人と人との接触機会を7~8割減らす目標を達成するには、いまだ通勤者の現状が十分でない面がある」として、在宅勤務を徹底し、出勤者を7割削減するよう訴えたのです。

この流れでIT系企業が先行した在宅勤務も一般企業にまで広く浸透し、在宅勤務が日常の一部になってしまいました。

2020年夏には、新型コロナウイルスの第二波ともいれる感染拡大がありましたが、その後感染症は下降傾向をみせました。

しかし、Go To TravelやGo To Eat、海外からの入国制限緩和等の需要喚起策による移動の拡大が顕著となり、更に冬という季節要因によって2020年11月後半から第三波が起こってしまったのです。

それを受け、2021年初頭から主要都市では再び緊急事態宣言が発出される事態となったのです。

就活の劇的な変化

2020年の緊急事態宣言の発令から、企業は学生との直接のコンタクトがさらに難しくなり、採用スケジュールの大幅見直しを実施しました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、企業は会社説明会をオンラインで行なう、採用ページのコンテンツを充実させる等の対応をしています。学生との個別のコンタクト、面談や面接をWEB、オンラインで行うことがむしろ就活のスタンダードになりました。

政府が要請している新卒採用スケジュールは、採用活動の解禁は6月1日なので、新型コロナウイルスの感染拡大が止まり、終息へ向かうことがはっきりすれば、本採用の面接は今まで通り対面で行う企業と、やはり「新しい生活様式」の就活として、リモートを徹底する企業に分かれるでしょう。

ワクチンの接種がどれだけ迅速に且つ、大規模に実施できるかにもかかっていますが、政府のシナリオ通り早期終息の目途が立てば、それ以降は徐々に企業と就活生のFace to faceのコンタクトが復活していく流れになるでしょう。その場合でも面接選考は例年より後倒しのスケジュールになることも予想されます。

上記はかなり楽観的なシナリオであり、現在一部の企業で実施されているオンライン面談が、本選考の面接として最終面接まで採用されることも考えておくべきでしょう。

すでにオンライン面接を経験している就活生は実感として理解できていると思いますが、オンライン面接には実際にFace to faceで行うリアルな面接とは違った難しさや注意点があります。

この記事では、就活生に向けてオンライン面接を受ける場合の注意点をまとめて解説します。

オンライン面接で注意すること

オンライン面接を受けたことがない学生でも、SkypeやLINE、Googleハングアウト等でビデオ通話はしたことがあると思うので、そんなにナーバスになる必要はないと思います。

またSNSへの動画投稿で、むしろ得意な方もいると思います。

それでも「面接」という目的では注意すべき点は多いものです。慣れていない方は、なおさら注意が必要です。

環境とハードウェア

オンライン面接の場合、スマートフォンでできないことはないのですが、落ち着いて行うためにはPCとWi―Fiの環境、できれば有線LANケーブルでインターネットに接続できる環境が必要です。

ハード的にはカメラ付きPC、もしくは外付けのクリップカメラは絶対に必要です。ライン入力のヘッドフォン、ライン入力のマイク、マイク付きヘッドフォン(イヤフォン含む)があれば用意しておきましょう(聞きやすさ、自分の声質・音量・明瞭さを確保とハウリング対策のため)

オンライン面接は静かで、邪魔されない、落ち着いてできる場所が必要です。自分の部屋(個室)でPC接続できるのであれば、カメラに映る背景さえ整えれば一番安心だと思います。

もちろん充電に頼らず、PCを電源に繋げておける環境が必要です。

一緒に住んでいる家族や同居人がいる場合は、面接の時間は外に出てもらうか、途中で声をかけないように事前に予定を伝えて、静かにするようにお願いをしておきましょう。

適当な場所がない場合は、大学のキャリアセンターに相談して、大学の施設を使う手もあります。いずれにしても生活音が入らず、自分がその空間をコントロールできる環境を選んでください。

アプリ、ソフトウェアと操作

オンライン面接を行うソフトウェアやアプリの種類はたくさんあります。

面接をする企業がどのアプリやソフトを使用するのかは事前に把握して、準備しておくことが必要です。

通常の場合、企業からメールで使用するソフトやアプリのダウンロードリンクや使用するURLとともに使い方のインストラクションがあるので、指定のURLから登録して入ったり、必要なソフト・アプリを早めにPCにインストールして準備して、操作にもなれておきましょう。

操作に慣れていないと、心理的に不安になり、面接に集中できません。何の問題もなくスムーズにスタートできれば良いのですが、操作が上手くいかず、面接が時間通りに始められないという事態は避けなければいけません。

特に初めて利用するツールの場合は事前に何度かテストを行って、操作方法や映像・音声の出力を確認しておきましょう。

SkypeやGoogle ハングアウト、Zoom、Microsoft Teams, Whreby, BIZMEEなど、誰でも使用可能なものの場合は友人にお願いして模擬的につないでみて、操作チェック、画像や音声の状態のチェックを必ずやっておきましょう。

スマホに対応しているものがほとんどなので、スマホでも面接はできますが、企業側の受けも考えるとPCで実施することをお勧めします。オンライン面接の実施が決定して、PCを持っていない場合は短期のレンタルという方法もあります。WEBで検索してみてください。

オンライン面接・WE面接のカメラ位置

自分のPCのモニター上部にあるカメラ、もしくは外付けしたカメラで映し出されている自分の顔のアングルと、画角、背景がどこまで映り込むかをチェックしましょう。

通常PC内臓のモニター上部のカメラで自分を映した場合、顔を下から撮る状態になるため、自分の視線とカメラの位置がまっすぐ正対になるように、デバイスを少し高めの位置に設置しましょう。

ノートパソコンの画面をいつも通りにしていると、面接官が移っている画面を見下すアングルになってしまい、印象が悪くなります。

カメラ位置も事前の友人とのリハーサル、チェックでいろいろ試してみて調整しておきましょう。

オンライン面接、WEB面接の背景と照明

カメラによってはかなり広角に、且つ鮮明に映るので、背景がごちゃごちゃしていたり、余計なものが映らないようにしてください。

シンプルな無地のカーテンを自分の後ろにもってきたり、薄い色の模造紙を買って隠すなどの工夫はできます。

また外光が入る窓が自分の後ろにある場合、逆光になるため、あなたの顔は黒くなってしまいます。その場合はスタンドを使って自分の顔に光をあてて、顔が黒くなるのを防いでください。

ライティングは重要です。モニター越しに見る印象に大きな差が出るので、こちらも友人とチェックしあいましょう(友人に代わってもらい、あなたが友人のPCモニターでチェックするなど)

日常的に使用しているSkypeやGoogle ハングアウトの自分のアカウントで行う場合は、プロフィール写真もチェックして、あまり奇抜なものであれば差し替えておきましょう。

オンライン面接、WEB面接の服装はどうしたら良いのか

企業側から「普段着」でという指定がある場合はスマートカジュアルで清潔感のある、明るめの服、特に指定のない場合はリクルートスーツにしておきましょう。(オンラインといえで面接なので。リクルートスーツだからというマイナスはない)

オンライン面接、WEB面接の本番時の注意点

目線は画面ではなく、カメラをみること

普通に行うと、画面を見て話すと思いますが、オンライン面接の場合はカメラをみて話しましょう。

あなたが画面を見て話すと、相手のモニターにはあなたが相手を見てしゃべっていない感じで映っています。

リアルな面接では相手の目を見て話すのが鉄則なので、オンライン面接でもそれに近づけることができると印象が違います。

その意味で、あなたが姿勢を正し、顔を正面に向けたところにカメラとモニターがみえるとベストに近いです。ノートPCでもキーボードを使用しなければそんなセッティングは工夫すればできます。

オンラインではメモも使用できますが、あからさまにメモを読むような行為や、目線を下げて「メモを読んでいるな」と分かる行為はNGです。

メモを使うにしてもカメラを正面で見える位置に置き、かつ要点の箇条書きにとどめて、それをもとに「その時の自分の肉声でしゃべる」ことに神経を集中させて下さい。

こちらも事前に友人とのリハーサルでいろいろ試してみてください。

面接中は面接に集中して、キーボードを使用しないこと

メモのためにキーボードを使用すると、キーボードを打つ音をマイクが拾ってしまい、相手に不快な音として聞こえてしまいます。メモを取りたいならキーボードは使わずスマホで録音するか、手書きで素早くとるかにしておきましょう。

スマホの受信音や、他の機材、時計などの雑音が面接中に入らないように注視してください。

オンライン面接、WEB面接での話し方のコツ

オンライン面接では、自分の話したことが相手に伝わるのに若干のタイムラグが生じます。ほとんど気にならない時もありますが、通信環境によって若干のラグが発生することを前提に、明瞭に、ゆっくり目に話しましょう。

早口で食い気味に話すと、相手が追い付いてこれず、意図したことがほとんど伝わらないことが良く起こります。

また、一気に言いたいことを長尺で話すと、キャッチアップできないこともよく起こります。

結論から先に話すことはリアルな面接でも同じですが、できるだけ言いたいことを簡潔に、短く話し、文と文の間を一拍おいてしゃべりましょう。

話すスピードと文の長さも、友達とチェックしながら練習をしておきましょう。相手の話すことを聞くことで、自分がどのくらいで話すべきかが分かってきます。

元気に、明るく、オーバー目に話すこと

聞こえてくる声が小さいと、どうしても自信がない印象になってしまいます。

またFace to face の面接と比べて、意欲や熱意を伝える、また相手の感情を動かすことが難しいのがオンライン面接です。

そのため、声はいつも以上に張り気味に、オーバーなくらいに明るく、元気に話すことをおすすめします。

ハイテンションで、身振りや手ぶりを入れて話すぐらいで、ようやく感情が伝わると考えてください。

やりすぎて、おかしなことにならないように、話し方やアクション、リアクション(相手の話に対するアクション)が、どの程度であれば伝わるかも、友人との練習で身に着けておいてください。

はじめは普通に話してみて、どれだけ伝わらないかを実感してから、改善していくやり方をしてください。

聞こえなかったこと、理解できなかったことは聞き直す勇気をもつこと

オンライン面接は、相手の話している内容を理解することがリアルな面接に比べて劣るものです。

音声データは圧縮され、肉声にくらべて聞き取り難くなります。

特に、相手の話し方が早くついていけないことや、なんとなく意識がべつのところにいってしまい、肝心なことを聞き逃したり、最悪は音声が途切れてしまい意味が分からないこともよく起こります。

面接官も「そんなことが良く起こる」ことは理解しているので、相手の質問が理解できない時は聞き直しても問題ありません。

特に「音声が途切れた時」や「小さくなって聞きずらかったとき」は、「途中で音声が途切れてしまったので、申し訳ありませんがもう一度質問をお願いします」と聞き直したり、「○○までは聞こえていたのですが、それ以降は音声が途切れてしまいましたので、○○以降をもう一度お願いします」とリクエストしてください。

思い込みや、知ったかぶり、推測で「おかしな答え」をするより、聞き直してちゃんと答えたほうが良いことは言うまでもありません。

面接官が自分の話したことを「分かりましたか」と聞いてきた場合は、「はい。○○と○○は○○と理解しました」と自分が理解した内容をかいつまんで返しましょう。

「はい」とだけ答えられ、そのあとに無言の数秒が続くと「この学生は本当に理解したのかが不安」な気持ちになることがあります。

あなたの傾聴力や理解力をアピールするチャンスです。分からない場合は「○○の点だけ、もう一度お聞きしてもよろしいでしょうか」と確認をしてください。

オンライン面接を受けられないことだけは絶対に避けること

オンラインで面接を行う場合、企業側は事前にどういう形式で行うか、テクニカルな情報やガイダンスをメールで送ってきます。

それに従って友人に協力してもらい、事前にしっかり準備をすることがオンライン面接をうまくこなす秘訣です。

最悪なのは、事前の準備をせず、当日ぶっつけ本番で行い、うまく繋がらない、操作できない、インストラクション通りに画面が進行せずパニックになり、面接が受けられない事態になることです。

特に、その企業特有のソフトウェアであったり、企業の担当者がその操作になれていなかったりすると、打開策がみあたらず面接ができないこともたまに起こってしまいます。

筆者もオンライン面接とは少し違いますが、海外の多くの拠点を繋いだWEB上での会議を数多く経験していますが、慣れない時は失敗も多く、音声のみで参加(電話会議システムを代用)するなどの苦い経験を沢山しています。それほど遠隔は難しく、思わぬ不都合が起こります。

オンライン面接は遠隔なので企業の担当者にあなたのPCの状態を伝えられず、色々試しても上手くいかないで時間が終わることだけはさけましょう。

自分がエントリーして、選考に残っている企業の動向は常にウォッチしておきましょう。

企業からいきなりオンライン面接といわれても、あせらないように、Zoom、Skype、Google Duo、Microsoft Teams などで友人と模擬面接をして、この記事で解説した勘所をおさえておきましょう。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

現在の就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

▶︎就活力を診断する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

\\ 就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと //

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。