就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【最終面接・直前対策】心構えと準備、直前にできること

最終面接を初めて経験する場合、期待と不安が交錯して落ち着かないものです。

企業によって「最終面接」の位置づけが違います。事実上内定者の最終確認を行うことを目的とする場合と、最終面接でもしっかり選考を行う(例えば、通過率50%*で、最終面接参加者の半数は落とす)場合があり、最後まで絶対に気を抜かないことです。

*企業によってもっと厳しく(例えば内定を出すのは1/3など)設定している場合があります。

最終面接前の心構え

どのような位置づけの最終面接であっても、気を抜いたり、手を抜いたりすると痛い目ににあいます。

気や手を抜けるぐらいの人は、不安や緊張に悩ませることもないでしょうが、多くの就活生はメンタルを平常に保つのは難しいでしょう。

今まで苦労してきたことが実になるのか、水泡に帰すのかの境目であり、その後の人生に大きな影響を与える新卒での就職が懸かっているので緊張し、不安になるのは当然です。

「最終面接を不安に思うことや、緊張してしまうことは当然である」と思いましょう。

「不安や緊張」が普通のことなので、それを気にすることは意味がないと思いましょう。

「不安や緊張」を取り除けと言っても無理でしょう。ただし、最終面接日が決まってから最終面接当日までに1日好きなことをする日を作り、その日は就活を全くしないという割り切りで、好きなものを食べる、飲む、「自分へのご褒美の日」として過ごしてみましょう。

Change of pace です。人は緊張状態がずっと継続すると、精神的にも肉体的にも披露してしまいます。

緊張や不安があっても、精神的、肉体的に良い状態で最終面接に臨める方が良いのです。「休むことも、よいパフォーマンスを出すために必要」ということを忘れていませんか?

もし忘れていて、「就活詰め」で頭や肉体が披露していたら、1日休みましょう。そしてその次の日から集中力を高めていけばよいのです。

落ちないことを目指す

あなたが最終面接に残っているという意味は、「あなたは、その企業に採用される資格がある人」ということです。「資格はあるが、承認されていない状態」と言い換えることもできます。

更に分解すると、以下の2つの状態であると考えることができます。

  1. あなたは、その企業に採用される充分な資格があり、企業側はその確認をしたい
  2. あなたは、その企業に採用される資格はあるがボーダーライン上にいて、企業側は採用の可否を決定したい

上記の1のケースの場合、あなたが最終面接に臨むメンタルの持ち方は「落ちないこと」であり、準備も「落ちないこと」を前提にすればよいのです。

上記2のケースの場合は、「落ちないこと」のメンタルと準備に加え「もう一押し、あなたの背中を押す」準備をするべきなのです。

しかし、あなたが上記のどちらの状態にあるのかは分かりません。従って、最終面接直前では、「落ちないこと」のメンタルと準備に加え「もう一押し、あなたの背中を押す」準備をしましょう。

「就活の答え」では以下の記事で「落ちないこと」にフォーカスした準備のノウハウを詳しく解説しています。是非参考にしてください。

また、最終面接とそれまでの面接の違いから、最終面接で「選ばれる」ためのノウハウにフォーカスした解説もしています。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

「最終面接対策・準備をやり切った」と思えれば、自然と自信も湧いてきて、不安や緊張も薄れてくるものです。

不安や緊張は準備不足により心配が原因であることがほとんどです。優秀なスポーツ選手が、極度の緊張を強いられる中で良いパフォーマンスを発揮できるのは、それまでの努力、練習の積み重ねがあるからです。

しかし、「就活」には正解がなく、出来、不出来は相手が決める構造のため、どんなに準備しても「これで大丈夫なのか?」という不安は残ります。

そのため特に準備不足の就活生の場合、「なんとか一発逆転」ができないかという発想をしてしまいがちです。

「一発逆転」を狙って失敗する学生にみられる共通の傾向

「一発逆転」を狙って失敗する学生にはいくつかの共通した傾向がみられます。

  • エントリーシートやそれまでの面接で語っていない新しいエピソードを持ち出し、自己PRを行う
    • 失敗の理由:最終面接で初めて出てくる役員や社長は、エントリーシートやいままでの選考結果を資料として持っているため、そこに出ていない事実が強調されて語られると、違和感を持ち、あなたの人としての信頼性に疑問を生じる可能性があるため
    • 失敗の理由:求める人材像に無理に合わせて「嘘くさい」印象を受ける
  • 企業研究からの要素を付け加えすぎて、就活の軸がかえって曖昧になる
    • 失敗の理由:志望動機に様々な事業や職種が加算されて語られることにより、「本当のあなたの就活の軸」が曖昧になり、志望意欲が希釈になる
  • ひとつのことに拘り過ぎて、(総合職としての)汎用性やバランスを欠いてしまう
    • 失敗の理由:志望動機や就活の軸は明確だが、配属や職種が希望通りにならない場合でも、ちゃんと仕事ができるかが不安になる
  • 説明がエモーショナルになり過ぎてしまう
    • 失敗の理由:熱意や会社への好意をアピールしたいのは伝わるが、夢と現実のギャップに対処できるが不安になる

これらは、すべて「最終面接」で逆転を狙った「過剰」が引き起こす、ネガティブな事象なのです。

最終面接で狙うのは背中を押し、一歩前に出ること

最終面接に臨めるということは、あなたは少なくても内定のボーダーラインにはいるということです。

そこで必要なのは、ボーダーラインから一歩踏み出し、「内定」グループに確実に入ることです。野球で言うなら、9回裏2死満塁であなたがバッターボックスにいる状況で、ホームランを狙う必要はないのです。

必要なのは確実に1点を入れられるシングルヒットです。それが「背中を押す」ことです。

ここまで準備を積み重ねた上で、更に最終面接直前対策としてできる「背中を押す」具体的な方法はたった一つです。

就活の軸のベクトル上に、新規事業・成長戦略を置いて志望動機を深める

最終面接で絶対に残すべきメッセージは「志望動機の強さ」と「内定をもらったら入社します」という二つのメッセージです。

自己PR要素は基本的に「あなたという人」の特徴や強み、長所をアピールするためのものであるため、あなたが最終面接に臨めているということは、その部分はほぼクリアしているからです。

役員や社長に伝え、残すべきメッセージは「あなたの就活の軸による、その企業に対する志望動機の強さや説得力」であり、「将来活躍してくれそうな人材、将来の我が社に必要な人材」と思ってもらうことなのです。

キーワードは「あなたの就活の軸による志望動機と、その企業の将来」

最終面接で「あなたの背中を押す」ためには、「あなたの就活の軸」×「志望動機」×「その企業の将来」を言語化して心に刻み、面接の応答の中や最後の一言で伝えられるようにしておくことです。

具体的には企業のIR資料(有価証券報告書、中期経営計画)から、5年後、10年を見据えた成長戦略や注力事業を抽出し、あなたの就活の軸、志望動機からどういう貢献がしたいか、できるのかを考えて言語化することです。

あなたの就活の軸、志望動機のベクトルに面接を受ける企業の成長戦略や成長事業をおいてみることであり、成長戦略や成長事業から俯瞰してあなたの就活の軸・志望動機を位置付けてみましょう。

既にあなたの就活の軸や志望動機がその企業の成長戦略や成長事業にばっちり適合していれば「将来」という軸で更に印象を深めることができます。

違っている場合でも、総合職としての柔軟性や対応力、「あなたの志望する職種や事業に就けない場合どうするの?」という質問への回答にもなるため、「背中を押す」効果が期待できるのです。

IR資料を読む時間と、考える時間を併せて1時間もあれば充分で切る対策です。時間がかからず効果が大きい最後の一手です。

あと、「内定をいただけたら入社します」も忘れないように!

「最終面接」で良い結果が出ることを願っています。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考を突破しましょう。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。