就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活生なら知っておきたい「カジュアル面談」への対処法

カジュアル面談って何?

カジュアル面談とは、就活生と企業側の担当者が「カジュアルな雰囲気」で情報交換する一対一、もしくは少人数のミーティングです。

「面接」は企業側が採用のための選考をするもので、学生はその企業への就職を志望し、採用試験(面接試験)に臨むものです。そのため企業側はテストする側、学生はテストされる側という立場の違いが生まれます。

それに反し「面談」は、選考プロセスではない、選考に直結しないものと定義されています。

カジュアル面談は、企業側は企業の説明、学生側は自己紹介と企業に関する質問を行い、面接という公式の場ではなく、カジュアルな雰囲気でフランクな意見交換をする場であるというのが、面接との違いとなります。

カジュアル面談の目的は何か

カジュアル面談は、主に転職者用に行われてきました。特に企業に在職しながら「転職でのキャリアや報酬アップを狙いたい」という志望者と、志望者が優秀であれば「是非正式に面接を受けて入社(転職)して欲しい」という企業側の思惑を解決する手段として使われてきました。

両者とも「興味はあるが、もっとよく知って判断したい」という状況でのセッティングであり、転職者にとっても企業側にとっても好都合なのです。

一度社会に出ると、企業の枠を超えた人脈ができていくため、優秀な人材の転職を水面下で打診するという訳です。

この手法が「大卒新卒の就活」にも応用されてきています。そして新卒のカジュアル面談の場合、上記の転職者向けの目的とは別の目的によって運用されています。

選考には関係しないという「建て前」を信じていると、思わぬ落とし穴にはまる可能性もあります。

「カジュアル面談」で失敗しないために、新卒就活生向けのカジュアル面談への対処法をおさえておきましょう。

新卒就活生向けのカジュアル面談の目的

新卒就活生向けのカジュアル面談の企業側の目的は以下の通りです。

  • ポテンシャルのある学生の発掘と囲い込み
    • 能力・チカラ・人柄も含め、学生のポテンシャルをチェックして優秀な学生を囲い込むきっかけにする
  • 就活生の性格、人柄を面接という堅苦しい場ではなく、カジュアルな雰囲気の中で「より素に近いカタチ」で見てみたい
    • 一緒に働きたいと思えるか、自社の社風や文化、求める人材像とのマッチング
  • 業界や自社への志望意欲の強さ
    • 内定を出した場合の、入社の可能性を測る

企業側の目的は上記の3つに集約できます。そしてその目的によってカジュアル面談のタイミングが変わってきます。

カジュアル面談のタイミング

そもそも新卒採用における「面談」は、就活ルールに縛られ「ある時期まで選考を開始できない」という経団連傘下の企業が、その抜け道として早期に優秀な学生とコンタクトができるようにした手法でした。

「リクルーター面談」は、その代表的な手法であり、優秀な学生に限ってリクルーターをつけて囲い込み、その企業への就活をナビゲートして、内定、入社に結びつけています。

現在の就活では、リクルーター面談は「面談」という名前は付いているものの実質的には選考プロセス、選考プログラムとして位置づけられています。

選考開始前のカジュアル面談

カジュアル面接は、リクルーター面談のように「制度化」はされていませんが、近年インターンシップへの参加が選考の結果に大きな影響を及ぼすようになってきており、早期にコンタクトできた優秀な学生を選考ルートに乗せるために行う企業が増えてきています。

この段階では確かに「カジュアル面談」は選考を目的としたものとは言い切れません。お互いに「もっとよく知りたい」、「優秀な学生にはぜひ選考に参加してほしい」という目的になります。

インターンシップ後~本選考開始までに行われるカジュアル面談の主な目的は、ポテンシャルのある学生の発掘と囲い込みです。

もしこれらの就活早期で、カジュアル面接参加へのオファーがあり、その企業に対する志望意欲が高い場合は、「選考プロセスの一環」として捉え、事前の準備を行って面談そのものを「実のあるもの」にする必要があります。

志望意欲が高い=その企業への興味がある、という意味で事前に企業研究を深め、質問したい内容をまとめておくなどの準備は必要です。

スカウト・アプローチの場合

就活をはじめると様々な就活サービスに登録することになり、その結果あなたの意思とは関係なく、企業側から「面談」の誘いや、スカウト・オファーがくることがあります。

これは「あなたのプロフィール」に興味を持った企業が、「一度会って自社の説明をして、興味を持って欲しい」、「ぜひ選考に参加してほしい」、「ぜひ入社を考えてほしい」という意図をもってのアプローチです。

ベンチャー企業や業績が良いにも関わらず知名度がなくて採用活動で充分な学生を集められない企業が多くはなりますが、あなたが優秀であれば人気企業、上場企業からもオファーを受けることがあります。

この段階では少しでも興味があり、時間に余裕がある場合は、企業の担当者と会って話を聞いて意見交換することは決して無駄にはならないでしょう。

就活の経験値を上げ、視野を広げることにも繋がります。

ただし、全く興味が湧かなければ時間の無駄になってしまうので、そこは判断が必要になります。

選考開始後のカジュアル面談

カジュアル面談の結果によって、ある段階の面接がスキップでき、その次の面接からの選考になるなどのメリットを享受できる場合があります。

選考に直結しない「面談」でも、一旦エントリーがオープンになった後や、選考が開始されたあとの「カジュアル面談」は「カジュアルな雰囲気の面接」です。

「面談」となっている以上、その結果によって「次の面接に呼ばれないのはフェアではない」と考えるかもしれません。

しかし通常の場合、ある面接(例えば二次面接)が終わったあと、カジュアル面談が設定され、その後三次面接の案内を出せば、カジュアル面談の結果ではなく二次面接の結果で選考の合否を判断したと主張することもできるのです。

いずれにしても、エントリーが解禁されてしまえば「面談」も選考の一環であると考えて対処する必要があります。

「面談」だから参加しない、となれば企業側は「志望意欲の低い学生」、あなたが優秀でも「内定を出しても、他社に行ってしまう学生」という判断をするでしょう。

その企業に対する志望意欲が高い場合や、他社からその企業以上の内定を獲得できていない場合は面談への参加はマストと考えてください。

スケジュールがどうしても合わない場合は、人事と相談して別日を設定してもらう調整をしてください。

カジュアル面談に臨む場合の注意点

カジュアル面談のほとんどが、スーツの着用を求めてきません。面接とは違い、よりリラックスした形で「学生の本音」や「素の人柄、適性」を測りたいため、面接のような堅苦しい雰囲気を出してしまったら効果が半減してしまうからです。

カジュアル面談の服装

稀に、リクルートスーツ着用を求めるリクルーター面談のような場合もありますが、殆どの場合は「服装は自由」となります。

「服装は自由」でも、就活というTPOは意識して、スマートカジュアルのレベルは必要と認識してください。全くの私服、Tシャツとジーンズのような格好はNGです。

ジャケットは着用しなくても、清潔感のある服装・身だしなみを心がけてください。所謂「遊びに行くときの服装、友達と飲みに行くときの服装」はNGです。

カジュアル面談のマナー

就活の初期段階では、特に言葉使いには注意しましょう。いくら「カジュアルでフランクな雰囲気」であっても学生言葉や、普段のラフな言葉使い、年上の相手へのリスペクトがない言葉使い(ためぐち)はNGです。

相手の発言を傾聴すること、その上で自分の意見を述べることなどは常識です。敬語の用法などに多少ぎこちない部分がある程度は仕方がないと思います。

また、企業側も貴重な時間を割いて「あなたに会う努力」をしています。面談に行くと決めたら、その時間が「あなたにとっても有益な時間」になるような準備はしていきましょう。

その準備とは「その企業」を研究して、直接聞いてみたい質問をまとめておくことです。後にその企業の選考を受けないという決断をする場合でも、社会人と真剣に向き合って意見交換をすることができれば、傾聴力や社会人とのコミュニケーションの訓練にもなり、その後の面接にもプラスの経験になります。

カジュアル面談のオンライン化にも対処しよう

現在のウィズコロナの就活では、企業とのリアルでの接触が難しくなっています。カジュアル面談もオンライン化が進むことは十分予想できます。

本質的に注意する点は変わりませんが、オンラインで行う場合、就活生側は自宅(ホームグラウンド)で面談をすることになります。

画面を介してのやり取りになるため、それほど緊張せずに済むということもあり、つい「言わないほうが良いこと」を言ってしまうリスクも増えるでしょう。

もちろん「カジュアル」が一つのコンセプトなので、カンペを見たり、面接のように緊張して行うべきではありませんが、カジュアルになりすぎるのも危険です。

自然体で良いですが、企業研究をちゃんと行って聞きたいことに真剣に向き合い、それを分かろうとするだけでも良い雰囲気のミーティングになります。

何事にも真摯に取り組めば、道は開けます。準備をして自信をもって臨みましょう。

まとめ

カジュアル面談とは、就活生と企業側の担当者が「カジュアルな雰囲気」で情報交換する一対一、もしくは少人数のミーティング

 新卒就活生向けのカジュアル面談の企業側の目的

  • ポテンシャルのある学生の発掘と囲い込み
  • 就活生の性格、人柄を面接という堅苦しい場ではなく、カジュアルな雰囲気の中で「より素に近いカタチ」で自社とのマッチングをチェック
  • 業界や自社への志望意欲の強さを確かめ、内定を出した場合の、入社の可能性を測る

カジュアル面談のタイミング

  • 選考開始前:企業側、就活生側とも「もっとよく知りたい」、「優秀な学生にはぜひ選考に参加してほしい」という目的
  • スカウト・アプローチの場合:
    • 企業側:学生のプロフィールに興味を持った企業が、「一度会って自社の説明をして、興味を持って欲しい」、「ぜひ選考に参加してほしい」、「ぜひ入社を考えてほしい」という意図
    • 学生側:就活の視野を広げる。企業とのダイレクトなコミュニケーションを通じて就活力を上げる
  • 選考開始後:
    • 企業側:選考の一環。「素に近いあなた」「あなたの本音」をチェック。志望意欲の確認、内定を出したら入社するかを見極める
    • 学生:内定獲得。カジュアルな雰囲気の中で本当の自分の良さ、志望意欲の高さをアピールする

カジュアル面談に臨む場合の注意点

  • 服装自由の場合はでも、スマートカジュアルが基本。ジャケットでない場合も清潔感のある服装・身だしなみはマスト
  • 就活の初期段階は言葉使いに注意
  • 傾聴力とコミュニケーション能力は必要
  • 貴重な時間を有効に使うために、企業研究を行い、質問を用意しておくこと
  • オンラインのカジュアル面談でも気を抜かないように心がけよう

39点以下は危険度MAX!本番前に面接力を診断しておこう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

▶︎面接力を診断する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。