就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【例文あり】公務員試験に落ちた時、民間への就活に切りかえる必勝法

公務員試験スケジュールの変更が及ぼす影響を理解ておこう

21年卒で公務員への就職を目指す皆さんは、新型コロナウイルス感染症の拡大により採用試験スケジュールが大幅に変更になったことへの戸惑いと対応に苦慮されていると思います。

国家公務員総合職の第1次試験は当初予定されていた4月26日から、7月5日に変更。1次試験の合格発表が7月17日となり、それ以降第2次試験(筆記)が7月26日、(人物試験)が8月3日から11日、合格発表が8月21日となりました。

国家公務員一般職の第1次試験は8月9日、その合格発表は9月2日、第2次試験が9月9日から9月25日、最終合格者発表が10月13日となっています。

特別国家公務員や地方公務員の試験も都道府県、市町村ともに例年より後ろ倒しで進行しているため、例年以上に併願のスケジュール管理が難しくなっています。

公務員試験突破を目指して、試験勉強に力を入れてきた方ほど「公務員」への思いれが強く、特に地方の大学の学生は、就活の対象を公務員に絞っている人も多いため、「もし全部落ちてしまったら、どうしよう」というプレッシャーを感じているでしょう。

都市圏の大学生は、民間の就活も同時並行で進めている人も多く、納得度は別としてすでに内定を獲得して、本命の公務員試験に臨んでいる人もいるでしょう。

公務員を第一志望で目指す場合は、とにかく科目数の多い試験を突破することが必要なため、その勉強に大半の時間を使わなければなりません。

そのため民間への就活を全く考えていない人、民間への就活とは何かを良く理解できていない人もいて、様々な状況で公務員試験に向かうことになります。

公務員を目指して頑張っている皆さんは、「考えたくないこと」かもしれませんが、試験である以上「落ちる」場合もあり、併願で合格できれば良いのですが、最悪は「全落ち」ということもあるのです。

その際の選択肢は主に以下の選択肢になると思います。

  1. 大学院への進学に切り替える、あるいは留学をする
  2. 就職留年して来年も公務員試験を目指す
  3. 卒業し、就職浪人して来年も公務員試験を目指す
  4. 民間企業への就職に切り替えて就活し、早期内定獲得を目指す
  5. 民間企業に一旦就職した上で公務員試験を目指す

民間への就活に切り替える際に、外してはいけないポイント

上記の選択肢のうち、1は就職をリセットして学業の道を進むことになるためこの記事では触れません。

2の就職留年してまで来年公務員試験を目指す方は、1年分の学費や公務員試験用の予備校の費用を見込んでまでも公務員になりたい方がほとんどであり、あくまで公務員を目指す意思が固い方にはお勧めの方法です。1年間という時間を有効に使えば、やる気になれば民間へも新卒の就活も現役生と同じ条件で挑戦できるためです。

3の大学を卒業して、就職浪人をして公務員試験を目指す方法は一番リスクが高く、お勧めできない方法です。その理由は、公務員試験の受験資格はあるとはいえ、試験である以上必ずうまくいく保証がありません。また大学を一旦卒業してしまうと、民間への就活では既卒、第二新卒として扱われるため、現役生と同じ条件での就活が難しくなるためです。(応募は出来たとしても選考で不利になる可能性が高い)

特に新型コロナウイルスの経済への悪影響がどこまで広がるかが分からない現状では、21年卒の学生が22年卒の現役学生と競争して就活することは、例年以上のリスクを覚悟しなければならないでしょう。

4と5、に関しては、頭を切り替えてできるだけ早く、「納得度の高い、なるべく良い条件の企業」からの内定獲得を目指すことになります。

内定を出す企業の立場に立って考えてみると、すぐに分かると思いますが、企業の側から5の「民間企業に一旦就職した上で公務員試験を目指す学生」をあえて採用することはありません。

企業に勤める目的が、その企業で頑張って貢献することではなく、「公務員再チャレンジへのつなぎ」にあることが分かってしまえば、絶対に内定は出しません。

つまり、間に切りかえる以上、学生のマインドセットとしては「民間企業への就活にベストをつくし、できる限り納得度できる企業から内定を獲得する」に尽きるのです。

民間企業があなたを採用する目的は、あなたのためではありません。企業が顧客に価値を提供し、利益をあげることです。あなたがその役に立つと思えば採用します。

「公務員試験を落ちたので、仕方なく」が伝わってしまうと、内定は取れないと覚悟してください。(どんな人でも採用したいブラック企業は別ですが・・・)

時間がない中で、どんな就活を行うべきか

公務員志望者でもすでに民間企業から内定を獲得している人や、内定を獲得していないまでも多くの企業にエントリーを行い、選考試験を経験している人以外の学生は、以下のアドバイスを参考に就活を組み立ててください。

公務員試験が危ないと思った時、速攻で行うアクション:

  • Step 1: 民間就活の全体像(フローと基本的に必要な対策)を早急に理解すること
  • Step 2: キャリアセンターに現状の報告と相談をする
  • Step 3:  自分ができそうな職種の幅を決める
    • 事務職しかあり得ないのか、営業職もOKなのか、営業職でもタイプによってはいけそうなのか等
  • Step 4: 就活ナビサイト、就活スカウトサービス、就活エージェントの無料サービスを選び、登録して企業情報を得る
  • Step 5: Step3とStep 4の企業情報から、自分の「就活の軸」を決める
  • Step 6:少しでも興味が湧く企業にエントリーする
  • Step 7: 企業の選考スケジュール(夏・秋・冬・通年採用スケジュール)に従って、ベストを尽くす

公務員試験の結果が明らかになるまでは、中々頭が切り替えられないでしょうが、残されている時間があまりないことを自覚しましょう。

特に21年卒の場合は公務員試験のスケジュールが後ろ倒しになってしまっています。民間企業も後ろ倒しになっているとはいえ、3月1日からスタートした「春採用」は6月末、遅くとも7月中には概ね終了します。

春採用のスケジュールが、夏採用とマージする傾向となっているため、公務員試験を落ちた方の就活の主戦場は9月からの秋採用になります。

しかし9月に間に合わせるためには、公務員試験、危ないな」と思った時から、Step1からStep 6を一気に行う必要があります。公務員併願先への志望意欲がそれほどでもなく、民間企業も視野に入るなら、躊躇せずに公務員試験と並行して手を打っていくことです。

どんなにショートカットしても、最低限の自己分析からの自己PR、ガクチカ(学生時代に力を入れたことのエピソード)、企業研究とそれに基づく「就活の軸:その仕事によって実現したいこと、将来なりたい自分の像」、エントリーする企業への志望動機の6点を1~2週間で同時進行し、具体的なエントリーや説明会参加等をはさんでいく必要があります。

大学院進学や留学、就職留年を検討できる人親の理解や、経済的な余裕があり、金銭的なサポートも得られる方だと思います。

そのような状況にある方で、迷われている方はもう少し時間をかけても良いですが、時間をかければかけるほど応募できる民間企業の条件は悪くなってしまうことを念頭に入れてください。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

公務員落ちの面接に特別に用意しなければならない答え

公務員試験に落ちてしまったあなたが民間企業の面接まで進めた場合、想定しておかなければならない面接官の質問があります。

「公務員を志望されていたのですか」⇒Yes or  No

Yesの場合:

  • 「公務員を志望した理由は?」
  • 「公務員ではなく、民間企業を選んだ理由は?」
  • 「公務員をあきらめて、なぜ当社を志望するのですか」

Noの場合:

  • 「今まで何をしていたの?」
  • 他社から内定は獲得できたの、できなかったの」⇒ Yes or  No

獲得できた場合:

  • 「なぜその内定を辞退して、当社を志望するのですか」

獲得できなかった場合:

  • 「内定を獲得できなかった理由は何だと思いますか」

企業の側も秋採用に臨んでくる学生のパターンは察しがついています。上記の質問は公務員試験に落ちた学生を困らせるためするのではありません。(そう思うかもしれませんが・・)

学歴が優秀な学生の場合は「公務員志望だった学生」か、「性格や対人コミュニケーション等が企業の採用基準に合わない」のどちらかであろうという想定で面接をするため、志望動機の強さ、真剣度を測り、学生の基本的な資質をみるためにも聞くべき質問なのです。

あなたはこれらの質問に上手く答える必要があるのです。

公務員試験の受験の事実や結果を正直に語るべきか、隠すべきか

上記の「公務員を志望されていたのですか」の質問にYesと答えるかNoと答えるかで、その後の深堀質問の内容が変わってきます。

どちらも答えにくい質問の連続になります。これに関しての正解はありません。もしあなたが正直で素直、誠実で嘘が苦手なタイプならYesと答えることをすすめます。

ただし、そのあとの質問にバカ正直に「公務員試験に落ちてしまったので、志望しました」と答えると即死する可能性大です。

あなたが採用担当だったら「仕方がないので、御社を志望します」と言っている志望者を採用しないのは当然ですよね・・・。

この問いに関しては、以下のように公務員を志望した動機と、その企業を志望する動機を上手くリンクして答える必要があります。

面接官
公務員を志望した理由は?
就活生
私が公務員を目指していた理由は、親が公務員であったことに加え、私自身も公共に尽くすこと、多くの人の生活のためになることがシンプルに「仕事のやりがい」ではないかと思えたからです
面接官
公務員ではなく、民間企業を選んだ理由は?
就活生
公務員になるためには、公務員試験の筆記テストにまず合格する必要があり、その対策をしっかり行い、筆記試験は通ったのですが、面接では思うような結果は出ませんでした。その時、本当の自分自身を表現したい、またそれを仕事に活かせるのは、公務員だけではないと思ったのです。そこから必死に民間企業への就活の道に切り替えたのが正直なところです
面接官
公務員をあきらめて、なぜ当社を志望するのですか
就活生
私が公務員に魅力を感じたのは、私がする仕事が間接的にでも多くの人の幸せや、問題の解決につながると思っていたからです。例えば、困っている人が、ある申請を行うことにより、少なくても何かの役に立つという仕事に携わりたいと考えていました。今まで頑張ってきた公務員試験に受かるための努力リセットするのは正直悲しいです
就活生
でもこの経験を通じて、気づいたこともあります。その最大ものが、世の中のほとんどの仕事が人の幸せや、多くの人の便益につながっているという事実です
就活生
親を喜ばせたいという気持ちや、公務員試験のために払った努力を一旦フラットに考え、企業がお客様や社会に与えている価値をまっすぐに見てみようと思ったのです
就活生
御社は〇〇〇市場で、○○という課題を抱えている企業に○○を〇〇しているという価値を提供していまます
就活生
その価値提供は、私が公務員になりたいと考えたことに繋がると思ったのが、御社に興味を持ったきっかけです
就活生
それから御社のことを研究し、「御社の○○の、○○に貢献したい、そのことが私の「人々や社会の幸せに貢献したい」という軸に一致し、御社に貢献することはそれを実現できると考え、志望させていただきました

重要なのは、聞く側の面接官の心や頭にストンと落ちる説明をすることです。腑に落ちること。多少長くても説得力のある説明をしましょう。

ほとんどのWEB上の就活サイトに出ている例文は、書くのが面倒くさいのか、あるいは短く書くために本質をとらえていない場合がほとんどです。採用が分かる見ると嘘くさく、説得力がないものが多いです。

簡単だからと言って安易に真似しないように注意してください。

公務員を目指していない、公務員試験を受けていないと答える場合

もしあなたが、対人能力や、臨機応変に対応することが得意で、「嘘も方便」という言葉に強く共感するタイプであればNoと答える手もあります。

ただしその場合は、面接官が納得する理由と、その企業を志望する動機に説得力を増す必要があります。

そのためには、できる限り「真実に近い」理由をあげることをお勧めします。

たとえば大学で体育会やサークル活動、ゼミの活動や理系の研究、実験、論文政策や発表に没頭していた学生であれば、それらの活動を優先させてしまい、就活対策が遅れてしまったことを説明しましょう。

学歴フィルターに自信がある学生は、「人気のある企業しかエントリーせず、就活を甘く見ていたかもしれない。今はそれを反省して、本当の自分と向き合うなかで、見つけたのが御社である」というロジックも使えるでしょう。

公務員志望を隠すのは、まともな企業に対してはそんなに簡単ではありません。安易にそれを推奨している就活情報サイトもありますが、それが成功する相手(企業)ばかりではないことを認識しておきましょう。

多少のふくらましがあったとしても、主張の核に真実を置いておくことです。

面接官
今まで何をしていたの?
就活生
部活が学生生活の中心だったので、3年の3月のエントリー解禁に間に合えばよいと考え、就活を意識したのが今年に入ってからでした
面接官
他社から内定は獲得できたの、できなかったの
就活生
体育会系の自信過剰のあり、大手しかエントリーしなかった結果、思いもよらなかった新型コロナウイルスの問題もあり、思うような結果が出ず戸惑ってしまいました。就活のオンライン化にも出遅れてしまいて、春採用で内定を獲得できませんでした

面接官
今まで内定を獲得できなかった理由は何だと思いますか

就活生
体育会系だから何とかなあるのではという、根拠のない自信があり、就活を甘く見ていたことが内定を獲得できなった最大の理由です。厳しい現実に向き合ってから、自分の強みや仕事に求めるものをもう一度見直し、業界研究、企業研究をやり直しました。
就活生
その過程で御社の○○や○○を知る機会があり、私の○○力や○○が活かせるのではないか、そして御社の○○に貢献することが、私の就活の軸である○○を損社で実現したいと考えました

これは一例ですが、でも「真実」を基にして、その後の就活での努力をうまく組み合わせることで、面接者の心に響く応答が可能になります。

全くの脚色、嘘は必ず矛盾が表出します。

近親者や友人のアドバイスからのアドバイスがきっかけでもかまいません。最終的に「自分がどう考え、どう行動を起こしたか」を主体的に説得でいることがカギになります。

まとめ

公務員試験全落ちからの民間企業への就活は、簡単ではありませんが「内定」をとることは必ずできます。何故なら、あなたは「真面目に、粘り強く、目標に向かって努力できる人」だからです。

更に科目数も多い公務員試験の学習もしてきており、基礎的な知識量は一般の就活生レベルより上に位置しています。

多くの企業は「公務員試験落ち」の優秀な学生を採用したいのです。その意味で、この記事の解説を役立てることができれば、明るい未来は必ず拓けます。

民間企業で学べることは、公務員志望のあなたが考えるより、はるかに大きいです。「安定性」以上のものを得られる可能性は広がっています。

もちろん公務員は社会に必要不可欠な役割を担っていることは確かですが、世界はそれだけではありません。視野を広げて世の中を見ることも重要です。

公務員志望の方も手遅れにならないうちに、民間への就活で手を打っておくことを強くお勧めします。

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

▶︎My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。