就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活が精神的に辛いと思ったら読む記事

就活が辛い理由

就活が楽しい、苦にならないという学生はごく一部です。大半の学生は辛いと思いながら活動を続けています。あなただけが特別辛い訳ではありません。でも、あなたの辛さはあなたにしか分からないので、そもそも他人と比較することが間違っているのでしょう。その上で何らかのアドバイスを第三者から求めてみたいという人は、この記事を読み進めてください。読み進めても、「自分には合わない」と思った方は、どうぞWebを閉じて、自分の世界で考えて下さい・・・。

辛さにも色々あり、肉体的、時間的、金銭的な辛さはコントロールがある程度可能ですが、一番辛いと感じるのは精神的な辛さです。

  • 選考の状況が思わしくなく、何社受けても書類選考で落とされてしまう
  • 本命・第一志望・志望順位の高い企業からお祈りメールが来て、志望順位の低い企業しか残っていない
  • 友達には内定が出始めているのに、自分には出ていない
  • 面接で自分を否定するような言動を受ける
  • 面接には進むが、中間段階や最終面接で落とされる
  • 親から状況に関してうるさく言われる
  • そもそも、今更何をやっても駄目だと思ってしまう
精神的な辛さは、主に上記のような状況に陥ることに起因します。

何故、精神的に辛いと感じるのか

精神的に辛いと感じる主な理由は以下の3点に集約できます。

  • 内定が取れないかもしれないという、現在と将来への不安・悲観
  • 自分を認めてくれない、自分を否定され続けることへの不満
  • 他人と比較し、自分は本当にダメな人間と思ってしまう自己否定
この3つが複合的に折り重なってくるため、精神的に追い詰められてしまいます。現在の就活のシステムで、就活が上手くいっていない場合でも追い込まれずに、立ち向かっていける学生の精神力は本当に称賛に値します。普通の学生は、落ち込み、へこみ、追い込まれて就活が辛くなります。

就活が上手くいかなくて、精神的に辛いのは、あなたが普通の学生であることの証です。世の中のシステムがおかしいのであって、あなたは悪くありません。自分を責めるのは止めましょう。

精神的な辛さから脱出するためのヒント

就活マニュアルや就活情報サイトでは、就活が辛くなった時に乗り切る方法が色々アドバイスされています。「一旦、お休みしよう」「好きなことをしよう」「辛くても、とにかく行動を起こそう」など、色々書いてあります。

色々書いてあるので、あなたのメンタルを回復するのに、一番合っている方法をしてみることをお勧めします。このようにしかアドバイスできないのは、精神的に辛い度合いに個人差が大きいために軽々に「これが効き目があります、良い方法です」というアドバイスができないためです。

深く傷ついてしまった人に対して、「就活をつづけましょう。とりあえず行動しましょう」とは軽々には言えないということなのです。

辛い原因や、現在の自分の状態が一番分かっているのは自でしょう。三者の助言やアドバイスをうけることは大事ですが、「どうするか」を決めるのはあなたしかいません。

1人だけで誰にも相談せずに悩むのはとてもキツイことです。客観的に自分の相談に乗ってくれる人や組織のルートで、とりあえず自分の思いを正直に伝えるだけでも少しは楽になるものです。自分一人で解決しようと言っている訳ではありません。

身近に自分が信じられる人がいれば「とりあえず相談」しましょう。それで解決できないこともあります。多くの期待をしないことを半分頭に入れながら、自分の気持ちを他人に話してみるだけでも少しは救われる時があるものです。少しの前進でもポジティブになれるきっかけになるかもしれません。

深く傷ついたと思った時は、「立ち直るきっかけ」さえつかめれば良いのです。立ち直るきっかけが「ケーキを爆食いすること」でもよいのです。自分自身が「前向きになれるかも」と思ったことを片っ端からやってみましょう。

就活が上手くいかない時は、自己分析をやり直そう

就職が上手くいかない時は、一度、自己分析をやりなおして、自分の強み・弱みについて改めて理解し直すのが効果的です。とはいえ、そんな時間もないですよね。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで自分の強み・弱みを見つめ直し、逆転の内定を勝ち取りましょう。

就活をどう考えるか

就活が最も精神的に辛いのは、「企業から自分を否定され続けること」です。それ以外の、内定を取れないのではないかという不安も、友人と比較して自己否定してしまうのも、根本原因は、企業から自分を否定され続けることに起因しています。

世間一般の就活の見方は、「学生が申し込む→企業が受け入れるか、受け入れないかを決める」という構造になっています。ほとんどの人はそう思っていますし、それが常識のように考えられています。

一人の弱い立場の学生が、内定という与奪権を持つ強い立場の企業に「就職させてください」と申し込む構造です。

就活が上手く行かないというのは、「あなたが申し込む→企業が断る」という事実が積み重なって、「もう何をやっても自分はダメなのではないか」という自己否定と自責の念に苛まれまるということです。

発想を変えてみよう

発想を変えてみましょう。あなたは既に成人であり、大人です。あなたの人生が今後どうなるのかは、すべてあなたにかかっているのです。あなたが決めることなのです。

「あなたの人生が、企業にかかっている」と考えていませんか?

本当はあなたの人生は、あなた自身が決めるはずなのに、世間の常識にとらわれて「企業が自分を認めてくれない→だから内定がでない→だから精神的につらい」という思考回路になっていると思います。

あなたが就職する企業は、あなたが決めるのです。企業でも、親でもありません。内定が出たら、あなたはそれを断ることができます。

選考で落とされ続ける、内定が獲得できていない状態というのは、あなたが就職する企業を決めていない状態に過ぎません。これは詭弁でも何でもありません。就活の本質は「あなたが申し込む→企業が受け入れる→あなたが企業の内定を受け入れるかどうかを決める」なのです。

あなたの人生を幸せな人生にすることができるのは、あなただけなのです。自己責任という冷たい言葉は使いませんが、「主体は、あなたにある」という事実を強く思って就活をつづけてみませんか?

苦しんでいることには意味があります。この先、この苦しみを経験したこと、そしてそれを乗り越える経験は絶対に成長につながるし、社会に出た時にあなたの力となって帰ってきます。あなたの人生はあなたにしか切り開くことができません。

地道な努力は絶対に実を結ぶ

就活に対して、真摯に向き合って、改善の努力をしていけば内定は獲得できます。

友人の内定状況を気にしても、あなたにとって良いことはほとんどありません。「気にするな」と言っても無理かもしれませんが、負のオーラをまとってしまったり、過度に焦ったりするだけなので、そこそこで止めて自分の事に集中しましょう。

親との関係も良好であればキープしましょう。過度に干渉されてうるさい、または、名の通った企業の事しか言わない親には「自分の人生なので、就職先は自分で決める」と宣言して、集中しましょう。

就活は「勝つまでやめなければ良いゲーム」なのです。勝つまでの過程で、失敗から多く学ぶことができるので、かならず何時かには勝てるのです。勝てない状態でゲームを降りてしまわなければ必ず勝てます。

もっと言うとゲームを降りても、あなたの人生が終わる訳ではありません。企業への就職はひとつの選択肢ですが、全てではないのです。

あなたは大人として、あなたの人生を自分で決めて良いのです。他人は関係ありません。「満足できない就職先」という結果になっても世の中で「満足できる就職先」に入社できる人なんてごく僅かしかいません。皆それぞれ不安や不満を抱えながら入った企業で仕事の意味ややりがいを見出して働いているのです。

あなたを受け入れてくれる場所を探せばいいのです。探せなければ「自分でつくれば良い」と考えてみましょう。

人気企業、大企業に入っても「幸せな人生」が保証されている訳ではありません。入社先より、入社後何をするか、何が出来るかの方がはるかに重要なのです。就活は職業生活のスタートすらしていない段階です。大事なことですが、それで「幸せな人生」の勝敗が決まらないことは明らかです。

筆者のビジネス経験から、就活を戦っている皆さんにアドバイスしたいことがあります。それはビジネスパーソンとして、あなたと、あなたを雇っている企業は「対等」であると思える環境をつくってほしいということです。もちろん「理想論」という人も多いと思いますが、「企業が自分の面倒を見てくれる→だから自分は企業の求めるように振る舞う」という考えになって欲しくないのです。

何故なら企業はあなたを「裏切る」ことがあるからです。企業は企業の論理で動いています。法人としての一つの人格、株主やステークホルダーのために存在しているため、時としてリストラ等の厳しい選択するべき存在なのです。

もちろんそんな権利は乱用すべきではありませんが、資本主義社会に生きている以上、従業員、労働者側もそれに「対抗する力」を身に着けておいて欲しいのです。

「対抗する力」の形は色々あるでしょう。選択肢は「一つではない」のです。あなたが今、思い悩んでいることは、あなたがESを提出した何社かの企業と合わなかっただけです。世の中には上場企業だけでも3,665社(2019.6.11現在)もあるのです。

そして「就活=企業に就職すること」だけで人生が決まる訳ではありません。あなたの人生を決めるのは他人=企業ではないのです。あなたの人生なので、あなたが決めれば良いだけです。企業人、組織人より、自分で何かを始める事の方が成功するかもしれません。

失敗を含め、すべての経験は何かに繋がっています。その経験を活かせるのはあなた自身だけなのです。

失敗と成功の、偉人たちの名言

最後にいくつかの名言を贈ります。

成功の姿は、人によってみな異なる。松下幸之助

 

成功するには、成功するまで決して諦めないことだ。アンドリュー・カーネギー

 

我々の最も大きな弱点は、諦めることにある。成功するための最も確かな方法は、常にもう一度だけ挑戦してみることだ。トマス・エジソン

 

早く成功したいなら、失敗を二倍の速度で経験することだ。成功は失敗の向こう側にあるのだから。トーマス・J・ワトソン

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

▶︎My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。