就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

知っておきたい、面接で印象をアップする話し方のコツ

就活の面接で「うまく話せない」人は、基本の話し方をマスターできましたか?基本が大事なのは、どの世界でも共通です。基本ができていないと、テクニックをいくら学んでも、ほとんど役に立ちません。

「自分はまだ出来ていない」と思う人は、この応用編に進む前にもう一度基本の話し方を振り返りましょう。

面接を突破していくために

話し方の基本を身に付けた学生に、あなたの面接の印象をアップするテクニックを解説します。面接が集団から個人の一次面接、二次面接、三次面接…と進んでいくと、残っている学生は選考を勝ち残ってきたクオリティのある学生達になります。内定を獲得するまでは彼、彼女らと競っていくことになります。

彼、彼女らは恐らくあなたと同じ様に「話し方の基本」が出来ており、自己PRや志望動機の内容も相当のクオリティでしょう。つまり同レベルの「面接力」があると仮定できます。

面接がどの段階にあっても、あなたが内定を獲得するためには、クオリティの高い学生たちから、一歩抜け出すことが必要です。

それが出来た学生達が内定に近づいていきます。一歩抜きん出るためには、あなたの個人面接を「もっと魅力的にして、面接官に強い印象を残す」必要があるのです。

この記事では、あなたの面接の印象をアップする話し方のコツを解説していきます。

面接の印象をアップする話し方のコツ

 面接をアップする話し方のコツは以下の5つです。

  • 面接官を注目させる
  • 面接官の興味を喚起する
  • 面接官に信用してもらう
  • 面接官の感情に訴える
  • 面接官が意外に思う
  • スムーズに話に引き込む

順を追って話し方のテクニックを解説していきます。まずは前半の3つからです。

面接官を注目させる話し方のテクニック

ボディランゲージ・ジェスチャー、特殊な話し方、間を入れる、呼びかける

プレゼン慣れしている学生は自然にボディランゲージが身についていると思います。決してオーバーにする必要はありません。手の動きや体の動き、ジェスチャーで言葉を補強することは効果的です。面接官は一日か半日は学生の同じような話を聴いているため、疲れている場合があります。動きを入れて注目を集めることは効果があります。

スポーツ系部活での活動をPRに入れている学生は、スポーツの動きを実演してみせるのも注目を集めるテクニックです。元気の良さのアピールにもなります。

ディベート部、ESS,落語研究会にいた学生、お笑い系サークルに所属していた学生は、得意の喋りを一部披露して自己PRをしてみせるなどの応用ができます。

ただし、恥ずかしがって中途半端にしか出来ないと逆効果になります。やるのなら自信をもって堂々と行いましょう。

間を入れてアテンションを引き付ける

決定的なことを述べる前に、少し間を入れて繋ぎます。

使用例:

  • 面接官「何があなたをそうさせたのですか?」
  • 学生「それは・・(間)、高校の時、親が転勤したため一人で生活することになったからです」
間を入れることにより話に引き込みます。

更に難しい質問、答え難い質問には「はい」とゆっくり目で答えた後、少し沈黙の間を入れます。「溜め」です。

溜めをつくると、相手が答えを期待する気持ちが高まります。注目度を上げる効果があります。自分がゆっくり、落ち着いて話すためにも良い方法です。しかし「溜め過ぎ」は逆効果です。1、2,3の2の後で息を吸って3の初めで話し始めるイメージでやってみましよう。大事な答えの時に使うので、頻発すると効果がなくなります。

直接呼びかけ、注目させる

 面接官が明らかに疲れている場合、飽きている場合、注意が散漫なときに、「面接官の皆様にどうしてもお伝えしたいことがあります」「面接官の皆様、・・・」と「面接官の皆様」を大きめの声ではっきり言うことによって、次に述べる重要なポイントにアテンションを集めます。

あとに続ける話の内容が、大事な場合にのみ使える手法です。普通の会話の中で使うと、逆効果になりますので、注意しましょう。

面接官の興味を喚起する話し方のテクニック

曖昧に切り出し、質問してもらう

話を敢えて曖昧に切り出し、面接官の興味を誘って更に質問をしてもらうテクニックです。

使用例:

  • 学生:「その時、大変なことになってしまったのです」
  • 面接官:「大変なことって、どんな事ですか?」
  • 学生:「用意した会場のキャパシティの2倍の入場希望者が列を作ってしまいました」

この流れで話に引き込み、経験や経験から学んだことを印象付けます。

Q&A展開

面接は面接官が質問して、学生が答えるのが通常のフローですが、あえて学生側から面接官に質問して、興味を引きだすテクニックです。質問がその企業に関連していると更に効果的です。

使用例:

  • 学生:「御社のA製品の意外な使い方が、私の友達の間で話題になっています。どういう使い方だと思われますか?」
  • 面接官:「・・。XXXですかね。違っていたら教えてもらえますか?」
  • 学生:「実は、・・・〇〇の時に、△△して使用すると・・・なんです。私はこの使い方を・・・・」

このような使い方になります。何か新しい発見をしたとき、意外性がある話題、面接官が想像できないと思えるトピックの場合は検討してみましょう。

面接官に信用してもらうテクニック

ビジュアルのサポート

「目は口ほどにものを言う」を応用したテクニックです。自分がPRしたい内容の証拠になるようなビジュアル、例えば引き延ばした写真、活動の記録、アルバムや証拠になるような物を面接に持参して印象付けます。

ただし、内容そのものが優れていないと逆効果になる恐れがあります。あくまで自己PR内容と照らして、効果的と思えるものであれば活用しましょう。

志望動機を印象付けるためには、自分で制作した企画書や、企業研究でまとめた資料、新聞や業界誌の関連記事のスクラップブックなどのドキュメントを見てもらう手もあります。しかし、企画書などの場合あまり稚拙なものはかえって逆効果になりますので、自信がなければ「研究+学生の立場から見えてくる方向性の提案」くらいが適当です。

これまでの3つ、面接官に注目させる、面接官の興味を喚起する、面接官に信用してもらうためのテクニックを紹介しました。これで前半は終了です。後半は、面接官の感情に訴える、面接官が意外に思う、スムーズに話に引き込む話し方を解説します。併せて参考にしてください。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。