就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

最終面接での頻出質問に的確に答えよう!

最終面接で頻出する質問の意図

 最終面接の出される質問は、ほとんどが以下の3点に集約できます。

  1. あなたの人間性、資質、価値観が企業とフィットするか
  2. あなたの志望動機に説得力があり、仕事に対するビジョンが企業にフィットするか
  3. あなたは確実に入社して、長期間働く熱意と覚悟があるか
役員や社長が面接官となることが多く、直截的に聞かれる場合、「答え難い質問」になる場合もあります。

上記3点を、志望動機や入社後のビジョン、そして入社意欲・意思の確認をする質問を通じて、「一緒に働いていける学生」、「企業にとってプラスになる潜在能力がある学生」なのかを最終的に判断しましす。

最終面接に想定される代表的な頻出質問と、その回答例を解説していきます。回答例は徹底解説した記事のリンクそをクリックして参照してください。注意しておきたいのは、最終面接の答えはあなたのオリジナルでなければなりません。あなたのオリジナルの参考として活用してください。

 最終面接での頻出質問

時事問題に関する質問

最近気になっているニュースはありますか?

当社についての質問

 当社の事業についてどのようなことを知っていますか

当社の企業理念について、どう思いますか

当社の強みと、弱みについて意見をください

志望動機・キャリアビジョンに対する質問

 当社を志望した理由をあらためて教えて下さい

何故、他社ではなく当社を志望するのか、理由を答えて下さい

当社に入社して、何をやりたいですか

当社に入社した際のキャリアプランはありますか

当社に入社したら、あなたはどんな貢献ができますか

志望順位や入の意思確認を直截確認する質問

当社の志望順位を教えて下さい。第一志望ですか

現在選考が進んでいる企業は他にありますか

もし当社から内定が出たら入社しますか

複数の会社から内定が出た場合はどう考えますか

逆質問のチャンスは有効活用しよう!

最終面接の最後に、「何か質問はありますか」、「聞いておきたいことはありますか」と逆質問を求められることがあります。

また、求められない場合でも、最後の質問を答え終わった後に、一瞬の沈黙が訪れる場合があります。

時間が押していれば別ですが、人事担当は「質問はないのかな?」と暗にあなたの積極的な姿勢を求めているのではないかと思える瞬間、そういう雰囲気の沈黙がある場合がよくあります。

時間を守るマナーは大切ですが、面接の最後の逆質問はあなたの入社意欲を表現する絶好の機会です。「とくにありません」と答えるのは、ありえません。

直接聞かれなくても、役員や社長と話せるのは絶好の機会なので、2-3問の逆質問を用意しておいて、場の空気を読みながら積極的に質問をしましょう。

この場合の質問は、あなたが入社することを前提とした質問でも全く問題ありません。最終面接なので、生意気でもありません。本当に聞きたいことを聞く、徹底した企業研究をした結果、興味が湧き、是非聞いてみたい質問をするべきです。

多くの就活マニュアルや、就活情報サイトにはだいたい以下の逆質問が推奨されています。

  • 入社までに身につけておくべきスキルは何でしょうか
  • 入社までに勉強しておくべきことがあれば教えて下さい
  • 御社で仕事をする上で最も大切なことは何でしょうか
これらの逆質問はもちろん悪くはありませんが、マニュアルで使い古された質問なので、就活の答えでは推奨しません。上記の質問は、人事担当でも答えられる質問なので、あなたの印象を役員たちに残すことはできないでしょう。

社長や役員だからこそ、聞きたいことがあるはずです。企業件研究もホームページレベルではなく、IR資料や業界誌レベルの専門的なものの中で最も興味が湧いたものや、社長の対談記事やスピーチのなかから質問を考えてみる方法は効果的です。

企業情報を深堀りして質問することが基本になりますが、社長や役員にとって、何が働くモチベーションになっているか等、個人としての仕事に対する本質的な質問をしてみることもお勧めします。一点注意したいのは、自分の意見をあらかじめ用意しておくことです。

就活の面接では、逆質問をする場合、「自分がどう思うか」を考えておく必要があります。自分の意見がないと、相手に意見を求めても会話がつながりません。「君はどう思うのか?」を質問されることは良くあります。

質的なことを質問する時は、かならず自分の意見を用意しておいて、会話ができるようにしておくことです。

するべきではない逆質問

  • ホームページや会社案内を読めば分かる質問
  • 待遇や福利厚生に関する質問
  • 会社にとってネガティブな話題や問題
  • 社長や役員に判断を迫る質問
  • プライベートな質問
  • 自分へのメリットしか伝わらない質問
  • キャリアプランのコミットメントを尋ねる質問
これらの質問はするべきではありません。TPOをわきまえてしましょう。

社長・役員に聞くべき質問と、人事担当者に聞くべき質問を明確に分けること

最終面接なので、社長や役員に対するアピールを優先しましょう。人事担当者から、最終面接の結果通知の時期や通知方法の説明がなければ、ここで聞いておきましょう。

ただし、面接の本当の最後に、「人事の方にお聞きしたいことがあるのですが、よろしいでしょうか」と明確に相手を指名し、許可を得てから質問しましょう。社長・役員に聞くべき質問ではありません。

最終面接は、最終関門です。決して楽観視してはいけません。周到な準備をして臨みましょう。ここまで頑張ってきて、最終で落とされるのは本当にきついです。あともう少しなので、出来る限りのことをして、悔いが残らないように走り抜けましょう。

最終面接まで到達したということは、あなたが認められているということです。自信をもって臨んでください。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考を突破しましょう。またこのツールを利用するための登録時に、自分に役立つと思う完全無料の就活サービスを選び、就活をより効率的に進めていきましょう。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

またこのツールを利用するための登録時に、自分に役立つと思う完全無料の就活サービスを選んで、就活をより効率的に進めていきましょう。

▶︎就活力を診断する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

\\ 就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと //

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。