就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】:鉄鋼・金属専門商社の概況をチェックしよう

「就活の答え」で日本語代表的な専門商社の概況を専門分野別で紹介していきます。

この記事では鉄鋼・金属を主に扱っている専門商社の内上位企業5社を直近年度の有価証券報告書や中期経営計画を基にまとめています。短時間で読めるようにコンサイスにまとめていますので参考にしてください。

専門商社と一口に言っても、国内外のメーカー企業に製造に必要な原料、素材、部品などを主に輸入して供給する上流部分を主な事業とする商社、製品や商品を国内のユーザーや小売業に卸売することを主な事業にしている商社、その両方を事業としている商社があるため注意が必要です。

それによって「海外」への向き合い方も違っていますので、専門的に取り扱っている分野とともに、商社毎の事業の内容を把握しておきましょう。

自分は鉄鋼・金属専門商社に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、鉄鋼・金属専門商社の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が鉄鋼・金属専門商社に向いているタイプか、診断してみましょう。

鉄鋼・金属 代表的専門商社の業績と概況

株式会社 メタルワン

2021年3月期連結決算(2020年度)

売上高 (百万円)1,666,500
売上総利益 (百万円)83,100
営業利益 (百万円)10,700
税引前利益(百万円)15,700
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)6,600
従業員数(人)10,000人(連結)、1,046人(単体)
国内外のグループ会社数約140社
連結対象会社数125社
主なグループ会社39社(国内)、46社(海外)

メタルワンは三菱商事と双日の鉄鋼事業部門が統合して2003年に設立された企業です。その後、2014年には三井物産スチールと国内建材部門を統合しています。また2018年1月にはカーギル(米国企業)の米国鉄鋼事業を買収、更に2019年4月には住友商事と国内鋼管事業を統合し、合弁会社の住商メタルワン鋼管を設立しています。

メタルワンは2020年のあるべき姿として「グローバルNo.1の鉄鋼総合商社」という目標を掲げて事業を展開しています。

メタルワンは鉄鋼メーカーとユーザーの双方の取引に介在し、サプライチェーンマネジメント・戦略的ファイナンス・総合コンサルティング・ITソリューションといった付加価値の高い様々なサービスをグループで提供しています。

現在主要事業別に4人の営業担当役員を置き、以下の事業を展開しています。

  • 厚板事業部、建設鋼材事業部、鋼管事業部
    • 主に造船や建産機、プラント、建設などの重工業・インフラ向けの厚板や鋼管、建材、鉄スクラップなどの広範な取り扱い
  • 自動車・電機鋼材事業部、薄板事業部、鋼板国際事業部
    • 国内外の自動車や電機産業向けの薄板や、建材、容器、鋼製家具向けなどの様々な鋼板をグローバルに供給
    • EV(電気自動車)、電機・モーター向けの電磁鋼板の供給等
  • エネルギープロジェクト事業部、鉄鋼貿易事業部
    • メタルワングループのネットワークを通じた鉄鋼製品・半製品などのトレーディングや現地のニーズに対応した加工、物流、在庫管理まで総合的なサービスを提供
    • 石油や天然ガスなど資源エネルギー分野では油井管やラインパイプなど海外の資源開発プロジェクト向けに鋼管・資機材一式を供給
  • 線材事業部、特殊鋼事業部、ステンレス・チタン事業部
    • 自動車や家電、土木・建築など様々な用途に使われる線材は、川上から川下までのバリューチェーンをグローバルに展開
    • 自動車や建機など特殊鋼ユーザーのきめ細かいニーズに対応
    • ステンレスは厨房機器や家電、自動車など幅広い用途に対応するとともに、製品からスクラップまでのバリューチェーンを展開
    • 高機能材であるチタン製品においてもグローバルな供給網を構築

メタルワングループは2020年度以降、安定的に連結純利益300億円以上を達成するため、「変革と挑戦」の徹底、「Quantum Leap(飛躍的進歩)」の実現を目指して事業を展開してきました。

しかし、2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な景気減速の影響を受け、世界の鋼材需要は前年比減少となっています。

日本の鋼材需要も、経済活動の停滞により前年比減少となり、鉄鋼市況は、これらの需要低迷を背景に軟調に推移しました。

メタルワンの2021年3月期におけるグループ連結業績は、売上高が1兆6,665億円(前年度比:18.5%減)、親会社の所有者に帰属する当期純利益66億円(同:66.2%減)となり、減収減益の決算となっています。

売上高を取引種類別に見ると、国内関連が8,434億円(全体の51%、前年度比1,780億円減少)、海外関連が8,231億円(同49%、2,013億円減少)となり国内外ともに減収という結果でした。

現在は中期経営計画「経営戦略2021」として、不採算事業等からの撤退を含めた事業ポートフォリオの見直しや、経営資源のシフト、人材開発に向けた各種施策に注力しています。

また中期的な国内鉄鋼市場の縮小も見据え、コロナ後の新常態における鉄鋼市場環境に対応するため事業構造改革を推進しています。

就活でメタルワンを志望する皆さんは当然ですが、鉄鋼・金属商社業界に興味があるかたは、メタルワンの新卒向け採用情報サイトは必見です。

メタルワンの情報はもちろんのこと、グローバルでの鉄鋼商社ビジネスの内容が理解できるように、非常に充実した内容になっています。ぜひ活用してみて下さい。

JFEホールディングス株式会社 / JFE商事株式会社

参考:JFEホールディングス 2021年3月期連結決算(2020年度)

売上高 (百万円)3,227,285
事業利益・事業損失 (百万円)-12,911
税引前利益又は税引前損失 (百万円)-4,930
親会社の所有者に帰属する当期利益・又は損失(百万円)-21,868
親会社の所有者に帰属する当期包括利益(百万円)60,036
従業員数(人)64,371
連結子会社327社
持分法適用関連会社等80社

JFEホールディングスとグループ企業で鉄鋼事業(生産事業)やエンジニアリング事業における国内外の環境・エネルギーおよびインフラ構築プロジェクトを手掛けており、商社機能はJFE商事が手掛けています。

JFEホールディングスとしての2021年3月期(2020年度)の連結決算の事業セグメント別の業績は以下の通りです。

事業名外部顧客売上収益(百万円)売上構成比セグメント利益・損失(百万円)
鉄鋼1,938,93360.1%-65,461
エンジニアリング474,90814.7%24,073
商社813,44325.2%20,098
合計3,227,285100.0%-21,289
調整額-4,118
計上額3,227,285-25,408

JFE商事及びグループ会社は、鉄鋼製品、製鉄原材料、非鉄金属製品、食品等の仕入、加工および販売を行っています。

主要取扱製品は以下の通りです。

  • 鉄鋼製品(厚鋼板、縞板、熱延薄鋼板、冷延薄鋼板、電磁鋼板、表面処理鋼板、亜鉛鋼板、ブリキ、鋼管、特殊鋼管、棒鋼、H形鋼、軽量形鋼、一般形鋼、コラム、線材、ステンレス鋼、特殊鋼、スラブ)、溶材、鉄粉、鋼材加工製品、製鉄原材料・資機材、非鉄金属製品、化学製品、石油製品、紙製品、船舶、土木建築工事、テールアルメ工法、缶詰製品、農畜産物、水産物、半導体製品、不動産等

2021年3月期(2020年度)における、JFE商事の連結業績は以下の通りです。

JFE商事株式会社

2021年3月期決算(日本基準)

売上高 (百万円)1,024,895
営業利益 (百万円)8,679
経常利益 (百万円)12,763
税引前当期利益 (百万円)16,373
当期純利益(百万円)11,653
従業員数(人)8,565(連結)
グループ会社(国内)43社
グループ会社(海外)33社

JFE商事はグループリソースを最大限活用し、鋼材販売量の拡大を進める共にグループ外への取引拡大にも積極的に取り組み、トレード収益の維持・拡大を目指しています。

鉄鋼サプライチェーンへ経営資源を投下し、需要を捕捉するための加工・流通拠点の機能強化や、再編等を通じた体質強化、活動領域の拡大に取り組んでいます。

更に、グローバル地域戦略も推進し、日本を中心に据えたグローバル4極体制(日本、米州、中国、アセアン)でのマネジメント強化を図ってグローバルに展開している、専門商社の代表的企業です。

JFE商事では、日本で製造されるJFEスチール材のみならず、JFEスチール(株)の海外製造拠点やJFEグループのアライアンス先で製造される鋼材も含めたJFEブランドを、世界各地に製造拠点を展開する顧客へ良質なサービスとともに提供しています。

また顧客のニーズに合わせ、スリットなどの切断加工製品や、環境規制・省エネを背景に拡大している自動車用モーターコアや高効率変圧器用トランスコアなどの鋼材加工部品をグローバルに提供できる体制を整えています。

変化が激しいグローバル市場において顧客のニーズを先取りし、中核商社としてJFEグループの全体最適を考えながらトレードビジネスや事業を展開し顧客への価値貢献を最大化しています。こうした他社にはないグループ全体最適を追求する商社事業モデルを通じ、グローバル市場におけるグループ全体の競争優位性を維持拡大してく方針です。

神鋼商事株式会社

2021年3月期連結決算(2020年度)

売上高 (百万円)784,160
経常利益 (百万円)4,067
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)2,198
包括利益(百万円)3,062
従業員数(人)1,567
外、平均臨時雇用者数97
連結子会社38社
持分法適用関連会社14社

神鋼商事グループは、国内及び海外において鉄鋼・鉄鋼原料・非鉄金属・機械・溶材を主体とした各種商品を取引しています。

更に関連商品の 製造、情報等のサービスの提供、先端技術分野への事業投資を行う等多角的な事業活動を展開しています。 具体的な事業分野と取引商品は以下の通りです。

  • 鉄鋼:銑鉄、鉄鋼半製品、普通鋼鋼材、特殊鋼鋼材、鉄鋼二次・三次製品、建材加工製品、チタン製品、鉄粉、鋳鍛鋼等
  • 鉄鋼原料:鉄鉱石、石炭、コークス、コークスブリーズ、鉄スクラップ、製鋼用銑鉄、還元鉄(HBI)、合金鉄、製銑・製鋼用副原料、チタン原料、石油製品、スラグ製品、化成品、再生可能燃料(RPF、PKS(椰子殻)、木屑)等
  • 非鉄金属:銅製品、アルミ製品、非鉄金属地金・スクラップ、銅・アルミ加工品、アルミ・マグネシウム鋳鍛造品等
  • 機械・情報:ゴム・タイヤ機械、製鉄・非鉄機械、化学機械、真空成膜装置、各種炉、コンプレッサ、蒸気関連機器、環境関連機器、その他産業機械全般、パネル配線用金属材料、電子関連設備及び部材等
  • 溶材:溶接材料、溶接機、溶接ロボットシステム、溶接棒乾燥器、溶接関連機器、高圧ガス容器、フープ材、溶剤原料、副資材、各種加工原料等

神鋼商事の2021年3月期におけるグループ連結業績は、売上高が7,841億60百万円(前連結会計年度比16.2%減)となり、減収という結果でした。

利益面では、営業利益が44億54百万円(同7.8%減)となり減益となりましたが、経常利益は40億67百万円(同3.1%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は21億98百万円(同34.9%増)という結果となっています。

2021年3月期(2020年度)における事業セグメント別業績概要は以下の通りです。

2021年3月期連結決算 セグメント別業績概要

事業名外部顧客売上高(百万円)売上構成比セグメント利益・損失(百万円)利益構成比
鉄鋼264,22633.7%62115.3%
鉄鋼原料233,52129.8%3167.8%
非鉄金属185,55423.7%1,85345.6%
機械・情報64,8368.3%1,22530.1%
溶材35,8414.6%1433.5%
その他1790.0%-93-2.3%
合計784,160100.0%4,067100.0%
調整額
計上額784,1604,067

神鋼商事グループは「神戸製鋼グループの中核となるグローバル商社を目指す」を長期経営ビジョンとし、その実現に向け、現在は2021‐2023年度における中期経営計画を達成すべく事業を展開しています。中期経営計画では以下の課題に注力する方針を掲げています。

収益力の強化:

オーガニック(従来型)ビジネスの深耕と、ノンオーガニックビジネス(新規ビジネス)への挑戦

  • オーガニックビジネス:鉄鋼、非鉄金属、機械・情報、溶材など各分野において国内外に展開する神戸製鋼のグループビジネスを深化・拡大
  • ノンオーガニックビジネス:M&A、資本提携等を通じて、事業ポートフォリオの拡大・見直しを推進し、次の10年を見据えた新たな成長基盤を構築
  • 個々のビジネス採算性を再検証し、低採算ビジネスの抜本的な改善への取り組み強化

商社機能の強化:

  • SDGsに関連する資源循環型ビジネスの拡大:再生エネルギー向けバイオマス燃料や、冷鉄源や非鉄リサイクル金属の取り扱い等、資源循環型ビジネスを拡大、今後事業化を視野に入れた供給体制の構築を積極的に検討
  • 海外拠点主導のビジネス開拓:海外3大拠点(米国・タイ・中国)をはじめ世界各地に展開する海外ネットワークから、新たな海外拠点発信のビジネス開拓に注力
  • アセアン・インド地域では、域内のM&A・新規投資を推進

経営基盤の強化

  • コーポレートガバナンスの強化
  • 新人事制度の導入
  • リスク管理体制の構築
  • DXの推進

上記は中期経営計画の骨子のみですが。就活で神鋼商事を志望する皆さんは、中期経営計画の方向性と成長戦略の中身を理解しておきましょう。

阪和興業株式会社

2021年3月期連結決算(2020年度)

売上高 (百万円)1,745,501
経常利益・損失 (百万円)28,821
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)19,617
包括利益(百万円)27,311
従業員数(人)4,845
外、平均臨時雇用者数851
子会社88社
関連会社23社

阪和興業及びそのグループ会社は、鉄鋼を中心に金属原料、非鉄金属、食品、石油・ 化成品、木材及び機械等各種商品の販売を主たる事業とし、さらに鋼材加工、非鉄金属加工及びアミューズメント施 設の管理・運営等の事業活動を展開しています。

具体的な事業セグメントと主な取扱商品・サービスの内容は以下の通りです。

  • 鉄鋼事業:主に条鋼、建設工事、鋼板、特殊鋼、線材、鋼管及び鉄屑の取り扱い、加工及び保管等
  • プライマリー原料事業: 主に、ニッケル、クロム、シリコン、マンガン及び合金鉄の取り扱い
  • リサイクル原料事業:主にアルミニウム、銅及び亜鉛の取り扱い、リサイクル事業等
  • 食品事業:主な取扱商品は、水産物及び畜産物等
  • エネルギー・生活資材事業:主に、石油製品、工業薬品、化学品及び廃棄物燃料の取扱い
  • 海外販売子会社:海外の主要な拠点におおける多種多様な商品の売買、商社事業
  • その他:木材及び機械の取り扱い、また、アミューズメント施設の管理・運営等

阪和興業の2021年3月期におけるグループ連結業績は、売上高が感染症の影響により経済活動が縮小傾向にあったなかで鋼材などの需要が減少し、上半期を中心に取扱数量を減らしたことが響き、前連結会計年度比8.5%減の1,745,501百万円という結果でした。

利益面では、鉄鋼事業や食品事業、エネルギー・生活資材事業などの増益により、営業利益は前連結会計年度比7.0%増の29,232百万円、経常利益は28,821百万円(前連結会計年度は、12,598百万円の損失)に、親会社株主に帰属する当期純利益は19,617百万円(前連結会計年度は、13,674百万円の損失)となり、増益黒字転換という結果でした。

2021年3月期(2020年度)における事業セグメント別業績概要は以下の通りです。

2021年3月期連結決算 セグメント別業績概要

事業名外部顧客売上高(百万円)売上構成比セグメント利益
(百万円)
利益構成比
鉄鋼事業901,19951.6%18,91155.1%
プライマリー原料事業230,88013.2%3,80411.1%
リサイクル原料事業77,6994.5%7662.2%
食品事業99,6975.7%2,1416.2%
エネルギー・生活資材事業176,04310.1%5,54816.2%
海外販売子会社175,16010.0%1,7155.0%
その他84,8214.9%1,4554.2%
合計1,745,501100.0%34,343100.0%
調整額-5,522
計上額1,745,50128,821

阪和興業では、現在2020年度から2022年度までの3か年にわたる中期経営計画を策定し、事業を展開しています。

中期経営計画の概要は以下の通りです。

テーマ:『Run up to HANWA 2030 ~いまを超える未知への挑戦~』

  • 業績目標:最終年度(2022年度)
  • 売上高:2兆1,000億円
  • 経常利益:300億円
  • 連結鉄鋼取扱重量:1,500万トン
  • 連結新規取引先数:累計5,000社

この中期経営計画は、「ESG, SDGsに根差した経営」を基礎にして、「I.経営基盤の強化」を1階、「II.事業戦略の発展」を2階、「III.投資の収益化」を3階という3階建ての構造により、企業体力の強化と中・長期的な収益力の向上とをバランス良く舵取りしていく方針となっています

上記は骨子のみですが、就活で阪和興業を志望する皆さんは、2020年11月9日発表の「阪和興業 中期経営計画(2020年度-2022年度)に関するお知らせ」をチェックして、概要を頭に入れておきましょう。

阪和興業は鉄鋼や非鉄金属の他に、食品事業や石油・化成品事業も行っており、付加価値を高めた商品の流通や顧客ニーズに即応した提案型サービスを提 供するユーザー系商社として、「存在感ある商社流通」を追求しています。

トレーディングから高付加価値営業への展開や、アセアン・中国への鉄鋼事業の展開など、事業戦略の重要な部分はしっかり理解して就活に臨んでください。

岡谷鋼機株式会社

2021年2月期連結決算(2020年度)

売上高 (百万円)760,443
経常利益 (百万円)18,298
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)12,429
包括利益(百万円)25,060
従業員数(人)5,126
外、平均臨時雇用者数205
連結子会社71社
持分法適用関連会社14社

岡谷鋼機及びグループ会社は、商社である岡谷鋼機を中心として、鉄鋼、情報・電機、産業資材、生活産業の多様な商品の売買・製造等を扱っており、国内及び海外において多角的な事業活動を展開しています。

具体的な事業セグメントと主な取扱商品・サービスの内容は以下の通りです。

  • 鉄鋼事業: 鉄屑、棒鋼、鋼矢板、H型鋼、鋼板、鋼管、機械構造用炭素鋼、合金鋼、軸受鋼、工具鋼、ステンレス鋼他
  • 情報・電機: 銅、アルミ、レアアース、電子部材、汎用電機品、映像機器、半導体・周辺電子部品、ソフトウェア開発・販売他
  • 産業資材: 工作機械、工具、産業用ロボット、環境・リサイクル対応設備、半導体・電子関連設備機器、航空機部材、自動車部品、合成樹脂原料、樹脂成形品 他
  • 生活事業:配管資材、住設機器、住宅用資材、不動産開発、分譲マンション、水産物、畜産物、倉庫業 他
  • 現地法人等:国内及び主要な海外拠点におおける多種多様な商品の売買、商社事業

岡谷鋼機の2021年2月期におけるグループ連結業績は、売上高が7,604億43百万円となり、前連結会計年度比13.2%の減収という結果でした。

損益面では、営業利益が135億84百万円(前連結会計年度比28.6%減)、経常利益は182億98百万円(同20.5%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は124億29百万円で、前連結会計年度比20.7%の減益となり、減収減益の決算となっています。

2021年2月期(2020年度)における事業セグメント別業績概要は以下の通りです。

2021年2月期連結決算 セグメント別業績概要

事業名外部顧客売上高(百万円)売上構成比セグメント利益
(百万円)
利益構成比
鉄鋼311,65641.0%3,34227.0%
情報・電機162,05221.3%2,42419.6%
産業資材231,19130.4%4,44335.9%
生活産業55,5427.3%2,17217.5%
合計760,443100.0%12,383100.0%
調整額1,201
計上額760,44313,584

岡谷鋼機グループは、G(Global)、I(Innovation)、H(Human resource)を柱に、事業を展開しています。

G(Global)、I(Innovation)、H(Human resource)は以下の経営方針・経営戦略を表したものです。

  • G:世界市場で地域に根ざした「ものつくり」に貢献すべく、グループ総合力を発揮
  • I:時代の変化に向き合い、先端商品・技術の取扱い拡大に挑戦し続ける
  • H: 企業活動を支える社員一人一人が、成長を実感できる人材育成を行う

現状では、引き続き新型コロナウイルスの影響で世界経済及び日本経済ともに先行き不透明な状況ですが、このような経営環境の中で、岡谷鋼機グループはグローバル市場において次世代自動車、DX(デジタル・トランスフォーメーション)、脱炭素社会など時代の変化や取引先のニーズを的確に掴み、内部統制の強化・コンプライアンスの徹底と企業の社会的責任を重視しながら、グループ総合力を強化して企業価値の向上を目指す方針です。

まとめ

専門商社を目指す就活生は、その分野の代表的な企業を深く研究することが不可欠です。各社の戦略に違いがあり、その特徴を自分の価値観や強み、就活の軸に照らして吟味して、志望動機を磨いていきましょう。

そのマッチングが曖昧だと、上位企業の選考には勝ち残れません。「商社ビジネス」への憧れや、海外志向から志望業界にするのは良いですが、専門分野と企業研究に時間をかけて取り組んでください。

産業の基盤、特に重工業、製造業を支える鉄鋼・金属商社は規模も大きく、専門分野は限られますがグローバルに展開しており、総合商社の鉄鋼、金属部門と同様もしくはそれ以上の活躍もできる職場です。

興味が繋げた方は、ぜひ積極的にチャレンジしてください。

この記事を読んだ人は以下の記事も併せて読んでいます。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。