就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【例文あり】トヨタ自動車への志望動機に説得力を増す書き方

「就活の答え」では就活生が特に気になる人気企業を選んで、書類選考を突破するための企業別志望動機の作成方法を解説します。この記事ではトヨタ自動車への志望動機の例文をあげ、その作成方法を解説しています。下の目次の項目をクリックすれば読みたい箇所に遷移します。

では早速、例文をみてみましょう。

トヨタ自動車(技術系)への志望動機(例文)

トヨタの志望理由とやりたい仕事について教えてください。(400文字)

私の志望理由は、人の暮らしと日本経済に大きな影響力を持つ貴社のみがモビリティインフラの変革をリードできると考え、自分も変革をドライブする人材になりたいと考えたからです。私は「クルマの枠を超えた真のモビリティカンパニーへの変革」は、現在のクルマが実現している価値、例えば、“Fun to Drive”という価値が、コネクティッドを実現する様々な技術シーズを組み合わせ、“新しいFun to Drive”を創造し続けることで実現すると考えています。その先に安全、安心な自動運転があり、未来のモビリティインフラが構築されると考えます。この大きな仕事に主体的に関わるためには貴社がベストと考えました。やりたい仕事は先進安全システムの開発、自動運転・コネクティッド化を支えるITプラットフォームの企画開発、ITSとの連携です。大学では画像認識とニューラルネットワークの研究に没頭していたため、その基礎知識も活かせると考え貴社を志望しました。(393文字)

企業別志望動機を書き始める前の注意点

志望動機を書き始める前に、絶対に注意しておくべきポイントをあげておきます。

  1. 自分起点、事実起点で、具体的に、ポジティブに書くこと
  2. 志望動機を構成する要素(下記参照)はあらかじめ全て考え、揃えて、文章にまとめておくこと
  3. 志望動機単独で書かない事。ES全体の回答要求項目を精査して、そのバランスの中で何をどの質問に対してメインの要素として書いていくかを決めてから書くこと
  4. ES全体の質問の回答要求項目に対し、文字数制限やスペース制限に従って結論ファーストでドラフトをつくる
  5. ドラフトが完成したら、その上で面接の質問やつっこみ、会話のつかみを想定して志望動機の論理の一貫性が保たれているか、面接のつっこみ質問に耐えられるかを想定し、推敲、改善すること
  6. 完成したら信頼のおける友人や近親者に読んでもらい第三者のアドバイスをもらうこと。リクルーターにコンタクトできる場合は、見てもらえるかを相談してみること
  7. PC上で文字数制限内(少なくとも80%以上)で書き上げ、誤字・脱字をチェックし、手書きの場合はできるかぎり丁寧に、読みやすく清書すること

従ってES解禁前の準備段階では、本サイトや他の信頼のおける就活サイトで志望企業の過去のES(直近年度及びその前)のES内容を把握しておきましょう。

ESに「志望動機」を求めない会社も存在します。その場合でも志望動機は面接時に質問されると考え、以下に解説するロジックに従って作成しておいて下さい。

志望動機の作り方

志望動機の作り方のフローは「志望動機に、あなただけの説得力を増す方法」で詳しく解説しています。作成したことがない方は参照してください。

「就活の答え」では、学生に人気のある50の業界・業種別に志望動機の書き方を解説しています。これらの記事も実践的に具体的な企業名をあげ、過去のESの設問に従って50社の志望動機の作り方を解説しています。以下の記事も是非参考にして下さい。

この記事では、自己分析や企業研究を既に行い志望企業が定まった方が、具体的な企業を例に、どのように志望動機を書くべきかを解説します。

志望動機のロジック

「就活の答え」では、以下のチャートでの志望動機のロジックを推奨しています。「本当のあなた」の価値観から積み上げていくロジックです。

正攻法ですが、ESや面接における他の重要視される質問、例えば「学部・学科の専攻の理由・実績」や「学生時代に最も力を入れて行ったことと、具体的な成果」、「周囲の人を巻き込んで行った経験と成果」、「これだけは人に負けないと自負している点」等々を答えなければならないため、自分の性格や価値観に紐づいた経験や事実、そこから見出されるあなたの強みと企業選択の理由を結び付けることは非常に重要なエクササイズなのです。

このロジックの一貫性が「就活の軸」です。この軸の説得力があることがESや面接での戦闘力になります。

一部の学生は報酬や福利厚生の良さ、世間体、誰もが知っている大企業、人気企業、上場企業や格好よさげな業界や企業群から企業を選び、赤枠で囲った企業選択理由(志望動機)を考え、後付けでその下の構造を作っていく人もいます。そのやり方自体は理解できますが、お勧めはできません。

時間をセーブできるかもしれませんが、まともな企業であれば一部のハイパーな学生(学歴も実績、能力が志望企業の水準に比べてずば抜けて高い学生)しか通用しないでしょう。

あとは人手不足でどんな学生でも欲しい企業、ブラック企業、ブラックでなくても早期離職が当たり前の厳しい業界や企業であれば内定は取れるでしょう。しかしそれは皆さんが望んでいることではないはずです。

人事担当や面接官はその企業で評価されている人達です。企業研究の深さや動機の強さ、弱さ、適性はすぐに分かってしまいます。

自動車業界は、人の命に係わる責任を負っており、安全・安心が基本の産業です。そのためコンプライアンスは厳しく、志望者に「嘘」や「ごまかし」、「不誠実さ」が感じられればなおさら選考を通過させません。

トヨタ自動車への志望動機(例文)の解説

それでは上記のロジックで積み上げた、トヨタ自動車への志望動機を再度例示しておきます。この年のトヨタ自動車のESでは志望動機部分が、トヨタの志望理由とやりたい仕事を答える設問になっています。

400文字以内と充分な文字数があるため、設問の趣旨に沿った回答の中で、トヨタならではのポジショニングや特徴、トヨタの事業戦略、個人としてのビジネスに対するビジョン、実現したいことが伝わる構成にしています。

再掲:トヨタの志望理由とやりたい仕事について教えてください。(400文字)

私の志望理由は、人の暮らしと日本経済に大きな影響力を持つ貴社こそがモビリティインフラの変革をリードできると考え、自分も変革をドライブする人材になりたいと考えたからです。私は「クルマの枠を超えた真のモビリティカンパニーへの変革」は、現在のクルマが実現している価値、例えば、“Fun to Drive”という価値が、コネクティッドを実現する様々な技術シーズを組み合わせ、“新しいFun to Drive”を創造し続けることで実現すると考えています。その先に安全、安心な自動運転があり、未来のモビリティインフラが構築されると考えます。この大きな仕事に主体的に関わるためには貴社がベストと考えました。やりたい仕事は先進安全システムの開発、自動運転・コネクティッド化を支えるITプラットフォームの企画開発、ITSとの連携です。大学では画像認識とニューラルネットワークの研究に没頭していたため、その基礎知識も活かせると考え貴社を志望しました。(393文字)

要素の分解:

結論(トヨタへの志望理由):

  • 人の暮らしと日本経済に大きな影響力を持つ貴社こそがモビリティインフラの変革をリードできる
    • →トヨタならではのポジショニングが理由の一つ
  • 自分も変革をドライブする人材になりたいと考えた
    • →志望者の意思表明

 

結論のRTB(Reason to Believe):

  • 私は「クルマの枠を超えた真のモビリティカンパニーへの変革」は、現在のクルマが実現している価値、例えば、“Fun to Drive”という価値が、コネクティッドを実現する様々な技術シーズを組み合わせ、“新しいFun to Drive”を創造し続けることで実現すると考えています
    • →トヨタの事業戦略を志望者がどう捉えているか
  • その先に安全、安心な自動運転があり、未来のモビリティインフラが構築されると考えます。この大きな仕事に主体的に関わるためには貴社がベストと考えました
    • →モビリティインフラと自動車産業のベクトルと自分がやりたいことへのブリッジ

 

結論(やりたい仕事):

  • やりたい仕事は先進安全システムの開発、自動運転・コネクティッド化を支えるITプラットフォームの企画開発、ITSとの連携
    • →トヨタへの志望動機と具体的にやりたい仕事の連結

 

結論のRTB(Reason to Believe)とまとめ:

  • 大学では画像認識とニューラルネットワークの研究に没頭していたため、その基礎知識も活かせると考え貴社を志望しました
    • →志望動機、やりたい仕事の理由、根拠の提示、他のES設問、「大学での研究内容」、「論文作成に当たり苦労した点」等とのブリッジ*
  • *専攻や研究のテーマがダイレクトに結びつかない場合でも、〇〇の研究において〇〇を体験した結果、貴社の〇〇の重要性とそれを突き詰め、〇〇を実現したいと考えたという文脈でもブリッジは可能。(ただしあまりにも遠い事象を無理やりこじつけるのはやめておきましょう

理系の学生、大学院生、ポスドクの先輩が選んでいる就活サービス

理系の学生、大学院生やポスドクの皆さんが企業への就職を志望する場合、研究や論文、発表等と就活を同時に進めることになるため、時間を無駄にできません。

そんな理系の学生、大学院生やポスドクの先輩達が選んでいるのが「アカリク」という就活サービスがあります

「アカリク」は理系の学生や、大学院生とポスドクに特化した就活サービス。

会員になりプロフィールを登録することで、掲載された求人に応募する、企業からのスカウトを受け取る、また、専門のエージェント経由で非公開の求人情報なども利用できます。

もちろん、就活生は全てのサービスを完全無料で利用できます。

少しでも気になったら、今すぐチェックしてみましょう。

\\\ 1分で登録完了 ///

15万人以上の大学院生が選んだ就活サイト【アカリク】

参考記事:

まとめ

ESの設問のパターンによって答え方、書き方をアレンジする必要はありますが、志望動機のロジックツリーはあらかじめ作っておけるはずです。あなたの軸が強ければ後は書き方を工夫すれば良いだけです。

トヨタ自動車の場合、技術部門も、事務部門もイワークショップやンターンシッププログラムに力を入れています。選考は厳しいですが、既に参加できた人、これから参加を実現できた人はインターンシップでのTake Outを志望動機に活かせるかも検討してください。そのままトヨタならでの情報と、あなたとの接点を表現できます。

大手企業でもES段階で志望動機の記述を求めない企業もありますが、面接では志望動機関連の質問は絶対にありますので、しっかり準備をしておきましょう。

ESの質問項目は毎年少しずつ変わる場合もありますが、志望動機のロジックツリーがしっかりできていれば問題ありません。

そして下書きができたら信用のおける第三者にみてもらい、ブラシュアップをしていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

新卒でITエンジニアになりたいなら、ITと就活の専門知識を持つプロに相談するのが近道

IT技術やWeb技術は今の社会にとって必要不可欠であり、それに係る人材は枯渇しています。

ITを担当するITエンジニアは多種多様な産業に渡り、且つ技術をベースとした専門分野に分かれているため、現状の自分にどんな可能性が広がっているのかを正確に判断するのは難しいものです。

この分野のすそ野は広く、プログラミングの知識が殆どなく、その「さわり」程度の知識しかない文系の学生でもITエンジニアの卵として就職することも可能です。

また大学で情報工学を学んでいる学生や大学院でAIを専門に研究してきた学生が、IT系企業だけではなく、外資系のコンサルティング会社や投資銀行のエンジニアとして就職することも普通にできるのです。

しかしほとんどの学生の場合、産業や企業、IT系の職種に対する知識が乏しいため、具体的な就活をどう進めたらよいのか分からず、最初の段階で躓いたり、無駄な時間を使ってしまいます。

そんな不満や不安を持つ就活生は、ITと就活の専門知識を持つ、ITエンジニアになるための就活に特化した就活エージェントである、レバレッジルーキーに一度相談してみましょう。

とりあえず専門家に聞いてみるのが近道です。もちろん気に入ればその後、全て無料で就活のサポートが受けられます。

少しでも興味があれば下記のボタンで内容をチェックして、興味が湧いたら自分の情報を登録してみよう。登録は1分でカンタンにできます。

レバテックルーキーをCheck>>

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率97%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

 irodas_sq.jpg3
【23卒限定】日本最大の就活コミュニティ「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【23年卒】首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。