就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】人気の食品業界、食品メーカーのビジネスモデルを理解しよう

就活初期にできるだけ幅広い業界・業種を理解するためのコンテンツを作りました。何故それが大事かに関しては以下の記事を参考にしてください。

伝統的に就活生に人気がある食品業界を、以下の項目に沿って簡潔に情報をまとめていますので活用してください。この記事ではまず、食品業界のビジネスモデルを解説していきます。

食品業界情報の7つのポイントを押さえよう

  • 食品業界のビジネスモデルを理解しよう
  • 食品メーカーの現状と課題・将来性
  • 食品メーカーにはどんな仕事があるのか、職種の情報
  • 食品メーカーで働く人のモチベ―ションは何か
  • 食品メーカーに向く人、向かない人はどんな人か
  • 食品業界の構造
  • 大手食品メーカーの概要と業績

食品業界のビジネスモデル

食品関連産業とは、農・漁業、食品産業(食品工業、関連流通業、飲食店)、資材供給産業をカバーしますが、農業・漁業・畜産などは生鮮食品を生産する第一次産業、飲食店などは外食産業、資材供給産業は別の業界として考えた方が分かり易いでしょう。また食品関連流通業とは商社や卸問屋を意味しますが、この記事では食品工業、つまり食品メーカーを中心に解説していきます。また、日本標準産業分類による、「飲料」、「たばこ」と「飼料製造業」を除いて、食料品製造業にフォーカスしていきます。

食料品製造業における一般的な商流は、自社もしくは商社や卸売業者から国内外産の原材料を仕入れ、製造を行い、食品卸売業者を通して外食業者、小売業者、給食業者へ販売するという流れになります。食品卸問屋を介さない取引もありますが、一般的には製造した後の製品を消費者へ届けるルートは、食品メーカー⇒食品卸⇒小売店⇒消費者という流れになります。

食品卸を通すと、そこに中間マージンが発生する事になりますが、メーカーが個別の小売店に多品種少量且つ頻繁な納品を行うのは効率が悪いため食品卸業者を通して、小売店、消費者に商品を供給しています。一部のメーカーや大手小売業者との特別な直取引契約がない限り、上記のルートは合理性があるのです。

食品メーカーは、商品を企画、開発し、必要な原料を仕入れて工場で加工、製造して、流通・小売業者に販売します。大手メーカーでも商品を全国の消費者に直接販売する訳ではないので、テレビCMを中心としたマスメディアでの広告・宣伝活動を通じてブランド・商品の認知拡大、商品理解、トライアル購入の促進、リーピート購入の促進を図ります。

食品メーカーの営業部門は流通・小売チャネルでの棚(商品を置いてもらえる場所)を確保するための交渉、(価格・POP等の店頭販売促進策・リベート等)を行います。

食品メーカーのミッションは、消費者に支持される製品を作ることであり、流通・小売り段階では「売れ筋」商品として、出来る限り視認性の高い棚を大きく、長期間確保する事です。

コストと価格の関係

食品メーカーはその原料の多くを輸入に頼っています。小麦や大豆・食肉などの価格変動や為替動向(円安)の影響を受けるのは避けられないビジネスです。(国産素材だけで製造している場合は除く)

また、原材料価格は農水産物、畜産物の世界の需要動向にも大きな影響を受けます。中国市場の購買力が増しているため、供給を確保するためコスト増につながってしまうというリスクもあるのです。

食料品は他の工業製品と比べて単価が安く、購入頻度が高いという特徴があります。製品によって多少の違いはありますが、日常的に消費されるため、消費者の価格に対する感度は非常に高く、販売価格の僅かな上昇や、競合商品との価格差が販売数量の減少に直結するという特徴があります。

そのため大手小売りチェーンも同様に、できるだけ価格を安くして販売数量を上げて収益を稼ぐモデルの為、食品メーカーは輸入原料の調達コストが上がって、製造原価が高くなっても、それをなかなか卸価格に転嫁できないビジネスモデルなのです。

更に小売業者は、発注予定数量を事前に提示することはほとんどなく、食料品メーカーは一定期間の販売数量を予測し、見込み生産により受注に対応する必要があります。予測を誤ると、過剰生産、過剰在庫となってしまい、賞味期限の問題もあって廃棄ロスが発生してしまいます。

缶詰などの息の長い商品なら生産計画を見直し調整することもできますが、乳製品や生菓子など消費期限の短い食料品を取扱うメーカーは、精度の高い受注予測と生産管理が必要なのです。

食品メーカーのマーケティング志向

食品メーカーはそのカテゴリーで多くのシェアを獲得するべく、あらゆる努力を行っています。シェアを獲得するには、消費者に支持されることが大前提であり、そのために消費者調査、販売データ分析を行い、製品自体の企画、開発、改良、宣伝販促を行います。

消費者に支持されることは、流通にも支持されることであり、市場シェアを握って交渉力を持つ結果になります。小売りの現場では、そのカテゴリーにおける2割の商品がカテゴリー全体の8割の売りあげをつくると言われています。その2割の商品になることが目標になるのです。

しかし最近ではこの法則も、消費者の価値観や好みの多様化や、SNSを介しての消費者の情報発信によって崩れてきていて、消費量は少なくても根強いファンがついてリーピート購入をしてくれる、消費のロングテール化という傾向もあります。

食品メーカーは量を稼げる売れ筋の商品をつくっていく事と同時に、特定のターゲットに向けた商品や、チャネル別に最適化した商品の開発をきめ細かく行っているのが現在のトレンドなのです。食品メーカーのビジネスモデルを理解したら、その現状と課題、そして未来についても把握していきましょう。

この記事を読んでいる人は、以下の記事も良く読んでいます。

自分は食品業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、食品業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が化学業界に向いているタイプかを、業界の特徴と合わせて診断してみましょう。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
コロナウイルスに負けるな!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

Athlete_agent_icon_fixed-e1589542385493.jpg 5
体育会系学生の就活をサポートする、専門就職エージェントとは?

体育会学生アスリートの悩みは、就活に充てられる時間が少ないこと。スポーツと就活を成功に導くために強力なサポートをしてくれる就職エージェントのサービスを、アスリートエージェントを例に詳しく解説します。

21年卒就活生必見!


内定はありますか?納得していますか?

22年卒の就活生へ


就活をいち早く実践f体験することが内定の近道

あなたのプロフィールを見た企業からオファーが来る、もう一つの就活へ!

\\ 1分で完了。すべて無料 //

OfferBoxへの登録はこちら!