就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】総合商社のビジネスモデルから学んでいこう

就活初期にできるだけ幅広い業界・業種を理解するために、業界研究コンテンツを作りました。何故それが大事かに関しては以下の記事を参考にしてください。

「就活の答え」では総合商社業界を、以下の項目に沿って簡潔に情報をまとめていますので活用してください。

総合商社業界情報の6つのポイントを押さえよう

  • 総合商社のビジネスモデルを理解しよう
  • 総合商社業界の現状と課題・未来
  • 総合商社にはどんな仕事があるのか、職種の情報
  • 総合商社業界に働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 総合商社業界に向く人、向かない人は誰か
  • 5大総合商社の特徴
この記事では総合商社のビジネスモデルについて解説していきます。総合商社入門編として活用してください。

総合商社のビジネスモデル

総合商社は日本独特の発展を遂げたビジネスで、世界に日本の総合商社のような企業はありません。「総合」的な「商い」をするという企業なので、「商い」が成り立つ幅広い分野の事業をグローバルに展開しています。

例えば、代表的な総合商社である三菱商事には、150もの事業ユニットがあります。総合商社でなければそこに150の企業が存在していても不思議ではないと考えると、商材や顧客も違うために一言で、誰のために、何を、どうやって、価値を提供することによって収益を得ているかを一言で定義できません。

総合商社の事業を考える際に、一般的に使用されるのが「資源分野」と「非資源分野」という分け方、そして「トレード」と「事業投資」という分け方です。

資源分野とは何か

日本は「資源」に乏しいため資源を世界から調達し、それを加工した工業製品を日本で生産し、また世界に販売していくという「輸出立国」という国家的なビジネスモデルの確立に総合商社は大きな役割を果たしてきました。高度経済成長をメーカーとともに支え、商社=エリート集団というイメージも出来上がっていったのです。

日本は現在でも多くの「資源」消費量の世界ランキングに於いて上位にあります。GDPで世界第3位という日本の経済活動は大量の資源・エネルギー消費によって支えられています。「資源」は総合商社にとって重要な事業であり、収益源であることには変わりません。

5大総合商社の資源ビジネスの収益に占める割合は平均すると約4割であり、最も資源事業の割合が高い三井物産は6割弱に達します。

新興国をはじめとして資源需要が拡大していくなかで、石油、石炭、天然ガス、鉄鉱石をはじめとする金属資源等の確保は大きな社会的な使命も担っているのです。

就活生の1/4が利用する【キャリアパーク】の無料ツール、ベスト5

  キャリアパークに登録すれば、就活を効率化できる 11のツールが利用できる!  
 
 jikobunseki_Sq.jpg 1
36の質問に答えるだけで、あなたの強みや適職を診断。My analyticsで、サクッと自己分析

就活は、あなたを企業に売り込む場。だから自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。自己分析ツールの「My analytics」なら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を把握できます

shiboudouki_Sq.jpg 2
説得力があり、的確で、選考に強い志望動機の基礎ができる「志望動機ジェネレーター」

志望動機を作成する際、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用しよう。簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機の基本版が完成します

 shyushokuryoku_Sq.jpg 3
20の質問に答えるだけ。あなたの就活力を6分野の能力別スコアで判定する「就活力診断」

あなたの『就活力偏差値』知りたくありませんか?自分のポジションを客観的に知って、就活をマネージしていくことが、就活を効率よく進める第一歩。簡単な質問に答えるだけで、無料で診断ができます

jikoPR_Sq.jpg4
シートを穴埋めして、説得力のある自己PRの基本形が完成!「自己PRジェネレーター」

就活の難題が「自己PR」。自己紹介はできても、自己PRが上手くできるか、不安はありませんか?でも大丈夫。「自己PRジェネレーター」なら、シートを穴埋めしていくだけで、説得力のある自己PRの基本形を作成できます

 ES_icon.jpg 5
誰もが知っている大企業内定者のエントリーシートが100種類、即閲覧可能になる「ES100選」

厳選した難関企業に内定した先輩のエントリーシートを入手できます。設問の内容、傾向と内定に導いた答え方やアピールのレベルを早めに理解することが、その後の就活を効率よく、かつ効果的に進めることに繋がります


非資源分野とは何か

総合商社は「飛行機からラーメンまで扱う」とも言われていますが、金属・エネルギー資源以外の分野を非資源分野と呼び、機械やインフラ、化学品、鉄鋼・金属製品、生活産業(食料品含む)などの事業にまとめることができます。

資源は世界全他の経済、世界各国の需要動向、産出国の供給量、規制、戦争などの地政学的リスク、貿易摩擦と関税などによってその価格が変動します。従って「資源」に頼っていては安定した収益を上げられない時もあります。

また資源は利権のビジネスという側面もあり、安定的な供給を確保するため産出国に対し多大な事業投資が必要になる場合も多いのです。

上手く行けば収益に大きく貢献しますが、様々な変動要因があるため、損失を出すこともあるので資源ビジネスに過度に頼ることは経営的にもリスクになるのです。

総合商社のビジネスの安定的で健全な成長のためには、非資源分野の多様なビジネスでリスク分散をしておくことが絶対に必要なのです。

総合商社はビジネスになるなら「なんでもやる」業態と言っても良く、実際に伊藤忠商事は非資源事業に強みがあります。

トレーディングと事業投資ビジネス

総合商社のトレーディングとは、資源分野、非資源分野に関わらず、中間業者として需要と供給、買い手と売り手を繋ぎ、取引のなかで物流や金融、情報などの機能価値を提供しながら、スムーズな商流をつくり出すことと定義できます。そしてその中間で仲介手数料(コミッション)と取引差益(売値と買値の差額)を収益とするビジネスです。

総合商社だけでなく、商社と呼ばれる業態は歴史的にトレーディングによる仲介者としての価値提供によって収益を上げてきました。

しかし、インターネットをはじめとするITが一般化した1990年代から、企業同士が直接取引をする「中抜き」「商社外し」というトレンドが加速しました。

バブルの崩壊もあり、特に自社で海外に進出できる体力のある企業は価格競争力強化と自社利益の増大がミッションであり、商社のビジネスが細っていきました。これが「商社の冬の時代」です。

冬の時代を迎えトレーディング収益に頼れなくなった総合商社は、不良債権や利益を生まないビジネスを整理する一方、投資ビジネスに力を入れて業績回復を図っていきました。

得意の資源分野に関しては、日本は不況でも新興国の需要は旺盛であるため、まず資源への「権益投資」を行い、中国やインドの成長や原油高に支えられて収益を回復させることに成功しました。

石炭や鉄鉱石などの採掘事業、中東、ロシアでの火力発電所やLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)の開発、インドネシアの鉱山開発、インターネットに不可欠な海底光ケーブルの敷設などに直接投資を行いました。

投資ビジネスのもう一つの柱は非資源分野の「事業投資」です。

総合商社の「事業投資」とは、ある企業に投資を行い、投資先企業で継続的・多面的な経営参画をしながら企業価値の最大化を狙うビジネスです。

投資ファンドや企業再建ファンドにも似ていますが、総合商社の場合資金を注入するだけではなく、総合商社の社員を派遣し、経営ノウハウやネットワークを提供するなど、様々な手段を用いてその企業のバリューアップを図るのが特徴です。経営権を左右できるか、少なくとも経営に大きな影響力を持てる大株主になることが前提になります。

この事業投資が成功した場合、総合商社は出資先企業との取引利益(投資先企業の利益の一部を自社の利益として会計上カウントすること)と株の配当を得ることができます。これを直接的な利益と呼びます。

更に、総合商社のグループ企業や、出資企業、取引先とその企業を結び付けることによって、それぞれにメリットが生まれるようなコーディネーションを行います。それぞれの企業が協業して利益を生むことを狙っているのです。

分かり易い例をあげれば、伊藤忠商事は2020年8月には既に50.1%の株式を保有して子会社にしていたファミリーマートにTOBを実施しました。保有比率を65.71%まで高め、更に株式併合を行うことで2020年11月には完全子会社化しています。その結果ファミリーマートは上場を廃止となっています。

このように商流と購買、取引・決済情報やポイントのデータを握ることによって上流から川下までのバリューチェーンで利益を生む構造をつくっているのです。

三菱商事もローソンを連結子会社にしている理由は、伊藤忠商事とファミマの場合と同様です。

総合商社のビジネスモデルのまとめ

  • 資源分野と非資源分野
  • 事業範囲は広く、新規参入、事業再編は日常的
  • 収益の柱はトレーディング収益と事業投資による収益
この記事を読んでいる人は、併せて以下の記事を読んでいます。
TOEIC対策の決定版なら

170万人の学習データとAIで作る、あなただけの英語学習アプリ

\\ アプリをダウンロードして、無料プランで試してみよう //

POLYGLOTS (ポリグロッツ) - 英語・英会話学習

レシピ―英語・英会話学習

レシピ―(ポリグロッツ)無料posted withアプリーチ

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

またこのツールを利用するための登録時に、自分に役立つと思う完全無料の就活サービスを選んで、就活をより効率的に進めていきましょう。

▶︎My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
24年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99% (23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

 irodas_sq.jpg3
【23卒限定】日本最大の就活コミュニティ「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【23年卒】首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。