就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】:不動産業界の主要各社の現況を把握しておこう

就活初期にできるだけ幅広い業界・業種を理解するために、業界研究コンテンツを作りました。何故それが大事かに関しては以下の記事を参考にしてください。

「就活の答え」では不動産業界を、以下の項目に沿って簡潔に情報をまとめていますので活用してください。

不動産業界情報の6つのポイントを押さえよう

  • 不動産業界の特徴とビジネスモデルを理解しよう
  • 不動産業界の現状と課題・未来
  • 不動産会社にはどんな仕事があるのか、職種の情報
  • 不動産会社に働く人のモチベ―ションは何か
  • 不動産業界に向く人、向かない人は、どういう人か
  • 代表的な不動産企業の概況

この記事では不動産業界の中で特に就活生に人気が高い主要不動産企業、特に大手ディベロッパーの現況やその事業を取り巻く状況をまとめて解説します。就活生が、未来をこの業界、不動産企業に託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

不動産業界の構造

不動産業界の売上ランキングをみると、上位は総合ディベロッパーと呼ばれる企業が殆どです。

売上1兆円以上の企業は3社で、1位の三井不動産が抜きんでていて1.86兆円、2位の飯田グループホールディングスは1.34兆円、3位の三菱地所が1.26兆円、4位は住友不動産で1.01兆円となっており、ここまでの4社が売上高1兆円超え企業ということになります。

ちなみに5位は東急不動産ホールディングス(9018億円)、6位は野村不動産ホールディングス(6685億円)という順になっています。(売上高は2019年3月期の連結売上)

これら上位6社の概況を、直近の年度有価証券報告書や各社の中期経営計画から、就活の業界研究として重要なポイントを解説します。

不動産業界を売上規模でみると、1兆円超え企業が4社、1000億円から1兆円の企業が18社、1000億円以下の企業が30万社以上という構造になっています。

不動産業界上位6社の概況

三井不動産株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)1,861,195
経常利益(百万円)254,106
当期純利益(百万円)168,661
包括利益(百万円)201,538
従業員数(人)19,081
連結子会社数/持分適用関連会社数255社/78社

三井不動産では、マネジメント、賃貸、分譲、三井ホーム、その他の4つのセグメントでグループ企業と共に事業を展開しています。

マネジメント事業とは、具体的に賃貸管理運営業務、住宅管理運営業務、仲介・アセットマネジメントで構成されています。

その他事業は施設営業が主で、ホテル、ゴルフ場、リゾート施設の事業が中心となっています。

また三井ホーム以外の4事業それぞれに、海外事業を展開しています。

2019年3月期の事業セグメント毎の売上、営業利益、従業員数の構成は以下の通りです。

売上高(百万円)営業利益(百万円)従業員数(人)
賃貸603,284141,9451,153
分譲530,76698,0371,273
マネジメント377,49053,44510,365
三井ホーム261,7026,2083,727
その他87,9504,6812,210
消去調整または全社△50,216353
合計1,861,195254,10019,081

三井不動産グループは、「街づくりを通して、持続可能な社会の構築を実現」、「テクノロジーを活用し、不動産業そのものをイノベーション」、「グローバルカンパニーへの進化」を目指し、基本戦略である「顧客志向の経営」、「ビジネスイノベーション」、「グループ経営の進化」の3つのストラテジーを実践して価値の創造に取り組んでいます。

2018年5月にはグループの長期経営方針「VISION 2025」を策定、発表しています。

VISION 2025では、国内においては「リアルエステート・アズ・ア・サービス」=「不動産をお客様にモノとしてではなくサービスとして提供する」という考えを標榜し、ハード志向から人が主役の街づくり、働く人の生産性向上、快適な暮らし、地域コミュニティの創出や良質なタウンマネジメントの推進などで経年優化する街づくりなどにフォーカスしていく計画です。

また超スマート社会の実現に向けてICT技術と不動産を融合させた新たなビジネスの創出にも注力しています。

更に海外においては、総合ディベロッパーの強みを活かして事業機会の獲得を進めていくとともに、ローカル化の推進とガバナンスの強化を図り、街づくり型開発を海外展開することで、海外事業の飛躍的な成長を図るとしています。2025年度前後に向けて、連結営業利益は3,500億円程度と想定し、そのうち海外事業利益は30%程度を達成することを目指しています。

飯田グループホールディングス株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)1,344,987
税引前利益(百万円)94,123
当期純利益(百万円)65,469
包括利益(百万円)65,018
従業員数(人)8,561
連結子会社20社

飯田グループホールディングスは2013年6月に一建設株式会社、株式会社飯田産業(以下、株式会社東栄住宅、タクトホーム株式会社、株式会社アーネストワン、アイディホーム株式会社が経営統合してできたホールディングカンパニーであり、2013年に東証一部に上場、その後2014年にファーストウッド株式会社を子会社化して戸建分譲事業、マンション分譲事業、請負工事事業及びこれらに関連する事業を行う子会社等の経営管理並びにこれらに附帯する業務を行っています。具体的な事業は各社が行っており、新卒採用もそれぞれの企業が行っています。

個の経営形態から連結決算による事業セグメントはグループ企業の名称になっており、その概要は以下の通りです。

売上高(百万円)営業利益(百万円)従業員数(人)
一建設グループ393,08327,5262,453
飯田産業グループ245,68722,2131,544
東栄住宅グループ157,24511,679770
タクトホームグループ159,4009,918886
アーネストワン283,58423,7531,512
アイディホームグループ99,9248,039635
その他6,061348670
全社・調整27791
合計1,344,987103,7558,561

飯田ホールディングスグループは、「より多くの人々が幸せに暮らせる住環境を創造し、豊かな社会作りに貢献する」という経営理念のもと、「誰もがあたり前に家を買える社会」の実現を目指し、理想の住まいづくりを通じて社会の発展に貢献していくことを経営の基本方針としております。

現在は、2017年5月に策定した第2次中期経営計画(2018年3月期~2020年3月期)を基に、「コア事業の競争力強化」、「事業ポートフォリオの拡大」に取り組んでいます。また既にロシアに現地法人を設立して木材の調達と、現地での住宅販売を計画しているほか、中国や米国、インドネシアに現地法人を設立して海外事業にも注力していく計画です。

三菱地所株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)1,263,283
経常利益(百万円)206,587
当期純利益(百万円)134,608
包括利益(百万円)127,778
従業員数(人)9,439
連結子会社数/持分適用関連会社数221/110社

三菱地所及び関係会社で構成される三菱地所グループは、所有ビルの賃貸を中心とするビル事業、商業施設や物流施設の開発・賃貸を中心とする生活産業不動産事業、マンション・戸建住宅の販売を中心とする住宅事業、海外事業、投資マネジメント事業、ホテル・空港事業、設計監理事業、不動産サービス事業等幅広い事業分野で事業活動を展開しています。

各事業の概要は以下の通りです。

ビル事業ビルの開発・賃貸事業を中心に、運営・管理事業、駐車場事業、地域冷暖房事業、その他丸の内エリアにおける光ファイバー網の賃貸
生活産業不動産事業商業施設や物流施設を中心とした、オフィス・住宅・ホテルを除くあらゆるアセットタイプの開発・賃貸・運営・管理事業等
住宅事業マンション・戸建住宅等の建設・販売・賃貸等を行うほか、マンション・住宅の管理、注文住宅の設計・請負、不動産仲介、ニュータウンの開発、ゴルフ場の経営等の余暇事業
海外事業海外における主に不動産開発事業、不動産賃貸事業
投資マネジメント事業不動産投資に関する総合的サービスの提供
ホテル・空港事業ホテル開発・運営事業、空港運営事業等
設計監理事業建築・土木工事の設計監理、建築工事・内装工事等の請負等
不動産サービス事業不動産仲介事業、駐車場事業等
その他の事業グループの利用に供する情報システムの開発、保守管理、の給与厚生研修関連業務の受託等

尚、各セグメントの業績の概要は以下の通りです。

売上高(百万円)営業利益(百万円)従業員数(人)
ビル事業529,695147,6911,699
生活産業不動産事業106,18232,560422
住宅事業420,40530,4283,371
海外事業81,84426,927334
投資マネジメント事業49,5889,231285
ホテル・空港事業44,1712,3711,512
設計監理事業24,6712,021632
不動産サービス事業33,5862,603691
その他の事業8,106△196223
消去・調整△34,969△24,459270 (全社)
合計1,263,283229,1789,439

三菱地所グループは2017年度を初年度とする中期経営計画の中で、10年先を見据え、「時代の変化を先取りするスピードで、競争力あふれる企業グループに変革する」という、グループ全体の共通指針を定めています。

現在は中期経営計画を基に、丸の内エリアを中心とするオフィスビル事業等における大型プロジェクトの稼働開始に伴う確実な収益の獲得を図ると共に、海外事業の拡大・進化、回転型投資におけるバリューチェーンの活性化を推進しています。

具体的には以下の戦略をセグメントごとに策定し、事業を展開しています。

ビル事業開発中プロジェクトの順次稼働による賃貸利益の伸長、丸の内の「OPEN INNOVATION FIELD」化及び持続的成長に向けた豊富な長期的開発パイプラインの充実
生活産業不動産事業商業施設の新規開発・リニューアル・増床の推進と、物流施設事業のプラットフォームの強化
住宅事業国内分譲事業を着実に推進する一方で、ストックビジネス領域において多様化するニーズにも対応

海外事業の拡大及び利益寄与による成長スピードの加速

海外事業米国の旗艦ビルの大規模改修及びグローバルプラットフォームを活用した「ハイブリッド・モデル投資」

新興国におけるノウハウを活かせる開発事業の積極拡大を展開

投資マネジメント事業日・米・欧・アジアにプラットフォームを広げ、クロスボーダーな投資ニーズの拡大を背景とした持続的な拡大
ホテル・空港事業増加している訪日外国人観光客や国内旅行客の旺盛な宿泊需要に応えるホテル開発・運営事業を成長戦略分野として拡大加速

参画を進めている空港運営事業への取り組みを強化

設計監理事業大規模設計監理業務の継続受注と、コンサル・CM等の成長分野や海外事業の強化及び三菱地所グループ技術支援を推進
不動産サービス事業幅広いサービスメニューと全国に広がる支店網、三菱地所グループの総合力を活用し、法人仲介・不動産コサルティングのトップ企業を目指す

住友不動産株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)1,013.229
経常利益(百万円)204,257
当期純利益(百万円)130,817
包括利益(百万円)106,495
従業員数(人)13,238
連結子会社数50社

住友不動産及びその連結子会社は以下のセグメントで事業を展開しています。

不動産賃貸事業主としてオフィスビルならびに高級賃貸マンション等の開発・賃貸事業、管理業務

ホテル事業、イベントホール・会議室等の賃貸事業

不動産販売事業マンション、販売用ビル、戸建住宅、宅地等の開発分譲事業、販売業務、またマンション分譲後の管理業務
完成工事事業建替えの新システムである「新築そっくりさん」ならびに戸建住宅等の建築工事請負事業、モデルルーム建設工事等の建築請負事業
不動産流通事業不動産売買の仲介および住宅等の販売代理
その他事業フィットネスクラブ事業、飲食業、等

住友不動産の2019年3月期の連結決算は7期連続の増収と、9期連続の営業、経常増益を達成するとともに、売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益のすべてにおいて6期連続で過去最高を更新しています。売上高は1兆円、経常利益は2千億円の大台を初めて突破しています。

部門別では、東京のオフィスビル中心の不動産賃貸事業が引き続き好調に推移して業績を牽引したのをはじめ、主要4事業すべてで増収増益という好調さです。

尚、各セグメントの業績の概要は以下の通りです。

売上高(百万円)営業利益(百万円)従業員数(人)
不動産賃貸381,763149,9323,771
不動産販売331,75147,115894
完成工事221,69320,4074,050
不動産流通72,89822,0073,329
その他12,7441,527413
調整額△7,622△20,571781(全社)
合計1,013,229220,41913,238

住友不動産の営業利益の7割近くを不動産賃貸事業が稼いでおり、住友不動産の成長の原動力となっている事業であることが分かります。その中核が東京都心部のオフィスビル賃貸事業であり、まさに企業価値の根幹の事業です。

東京都心で220棟超を保有しており、「東京ナンバーワン」を標榜するビルオーナーに成長、2020年3月期の賃貸キャッシュフロー(不動産賃貸事業の営業利益+減価償却費)は2千億円に達する予定です。

東急不動産ホールディングス株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)901,884
経常利益(百万円)70,744
当期純利益(百万円)37,459
包括利益(百万円)35,379
従業員数(人)21,967
連結子会社数/持分適用関連会社数145社/12社

東急不動産ホールディングスはホールディングカンパニーであり傘下の事業会社である東急不動産及び関連会社で以下のセグメントで事業を展開しています。

都市事業オフィスビル、商業施設、物流施設等の開発、賃貸、運営、売却業務及び、再生可能エネルギー施設の開発、運営、売却業務

賃貸住宅や学生マンション等の管理・運営及び転貸業務等

不動産私募ファンド等の組成・運用業務、東急不動産リート・マネジメント㈱が不動産投資信託の資産運用業務

住宅事業マンション、戸建住宅等の分譲販売
管理事業マンション、ビル等の総合管理業務、改修工事業
仲介事業不動産の仲介、販売代理、買取再販事業等
ウェルネス事業会員制リゾートホテル等の分譲、販売

会員制リゾートホテル、ゴルフ場、スキー場等のリゾート施設の経営

シニア住宅の経営

都市型ホテル、企業福利厚生の受託事業、会員制スポーツクラブの経営

ハンズ事業(株)東急ハンズによる住生活と手作りに関する素材及び商品等の小売
次世代・関連事業海外事業、注文住宅等の建設請負業務等、造園工事業

尚、各セグメントの業績の概要は以下の通りです。

売上高(百万円)営業利益(百万円)従業員数(人)
都市事業256,40049,9002,506
住宅事業121,4005,400200
管理事業173,9008,6007,544
仲介事業118,90013,9003,186
ウェルネス事業123,9007,9004,385
ハンズ事業97,4008002,822
次世代・関連事業41,600900728
全社・消去△31,600△7,100605
合計901,90080,20021,976

東急不動産グループは持ち株会社に移行(2013年)以降、2014年11月にグループ中長期経営計画「『Value Frontier 2020』~価値を創造し続ける企業グループへ~」(2014年度~2020年度)を策定して事業を展開してきました。

具体的には東京オリンピック開催や東急グループの総力を挙げた再開発事業の推進により渋谷駅周辺が大きな変貌を遂げる2020年度までを期間とし、成長戦略として「関与アセット拡大」と「新たな需要創出」により「価値を創造し続ける企業グループ」の実現に取り組んでいます。

また、2017年5月に中長期経営計画の後半4ヵ年(2017年度~2020年度)の中期経営計画「Value Frontier 2020 Stage 2 中期経営計画2017-2020」を策定し、「事業間シナジーの取り組み強化」とともに「グループ経営資源最適化およびESGマネジメント」に注力することで、収益水準の持続的成長を図り、ハコやモノの枠を超えてライフスタイルを創造・提案する企業グループになることを目指しています。

具体的には次の成長戦略にフォーカスしています。

  • 成長戦略① ライフスタイル提案型の街づくり
  • 成長戦略② 循環型再投資事業の領域拡大
  • 成長戦略③ ストックの活用強化

野村不動産ホールディングス株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)668,510
経常利益(百万円)69,323
当期純利益(百万円)45,873
包括利益(百万円)47,795
従業員数(人)6,980
連結子会社数/持分適用関連会社数39社/26社

野村不動産ホールディングス株式会社はホールディングカンパニーであり、具体的な事業は野村不動産株式会社及び関連子会社が行う構造になっています。

野村不動産及び関連子会社は以下のセグメントで事業を展開しています。

住宅事業マンション・戸建住宅等の開発分譲事業

インターネット広告代理店事業

住まいと暮らしの駆けつけ事業

賃貸事業オフィスビル・商業施設等を開発・建設・賃貸するほか、オフィスビル等の運営業務の受託

不動産投資市場向け収益不動産の開発・販売及び建築工事の設計監理

CRE活用 支援サービス業務、及びマンション等の開発分譲事業

商業施設の企画運営業務、

ホテルの企画・運営業務

資産運用事業REIT・私募ファンド及び不動産証券化商品等を対象とした資産運用業務、一部エクイティ投資
仲介・CRE事業不動産の仲介・コンサルティング業務、マンション・戸建住宅等の販売を受託
運営管理事業マンション・オフィスビル・教育施設等の管理業務を受託、管理に付随する修繕工事・テナント工事等の請負

フィットネスクラブ事業

地域冷暖房事業

シニア事業の推進及び不動産の取得・管理

オフィスビル等の清掃業務を受託

電気エネルギーの売買・仲介・供給

その他事業土地及び建物の売買・賃貸

尚、各セグメントの業績の概要は以下の通りです。

売上高(百万円)セグメント利益(百万円)従業員数(人)
住宅事業362,76123,1801,113
賃貸事業167,62838,858784
資産運用事業9,6415,943186
仲介・CRE事業37,2988,1701,575
運営・管理事業107,8028,0672,951
その他事業94△433
調整額・全社△16,717△5,013368
合計668,51079,1626,980

野村不動産グループでは、国内における超高齢社会の進展、人口の減少、労働力不足等の社会的な課題、単身世帯や共働き世帯の増加、ライフスタイル・ワークスタイルの多様化、デジタルテクノロジーの進化、更に海外、特にアジア各国の堅調な経済成長や、訪日外国人・インバウンド投資の増加等の事業を取り巻く環境変化に対応して事業を成長させていくために、2020年3月期を初年度とし、2028年3月期までの中期的な経営計画、『 New Value, Real Value 』を策定しています。

計画期間は以下の3フェーズに区切っており、現在はフェーズ1の初年度という位置づけです。

計画では社会に対する価値創造のテーマとして、「豊かなライフスタイル・ワークスタイルの実現」、「「利便性」「快適性」「安心・安全」に優れた多機能な街づくり」、「地球環境・地域社会の未来を見据えた街づくりとコミュニティ形成」、「良質な商品・サービスのグローバル展開」の4つを掲げグループの競争優位性を結集して段階的な利益成長を達成していく計画になっています。

  • フェーズ1:2020年3月期 ~ 2022年3月期:最終年度事業利益計画:850億円
  • フェーズ2:2023年3月期 ~ 2025年3月期:最終年度事業利益計画:1,000億円
  • フェーズ3:2026年3月期 ~ 2028年3月期:最終年度事業利益計画:1,200~1400億円

まとめ

以上駆け足で不動産企業上位6社の概況を解説しました。大きなトレンドや企業の特徴、課題や今後の方向性は理解できたと思います。また上記6社以外でも、上場している不動産企業数多く、それぞれその企業ならではの主力の事業分野、こだわりや社風、文化、従業員の育成方針、営業方針等があり、志望を決める前には詳細な企業毎のチェックをしてください。

更にハウスメーカー業界などの近接した業界も研究することをお勧めします。

上位ディベロッパー、特に財閥系の企業は年収が高く、海外展開も積極的なので、海外志向の強い方でも自分には不動産業界に「適性」があると思える就活生はチャレンジする価値は大きいと思います。

しかし不動産業界は「向き、不向き」がはっきり出る業界ですし、企業によっても「働き方」や育成方針が大きく違うためにミスマッチが起きないようにOB/OG訪問をしてリアルな声を取材することを強くお勧めします。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。