就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】:代表的なセメントメーカー主要各社の現況を把握しておこう

就活初期にできるだけ幅広い業界・業種を理解するために、業界研究コンテンツを作りました。何故それが大事かに関しては以下の記事を参考にしてください。

「就活の答え」では金属・ガラス・セメント素材業界を、以下の項目に沿って解説していきます。

金属・ガラス・セメント素材業界の6つのポイントを押さえよう

  • 金属・ガラス・セメント、素材業界の特徴とビジネスモデル
  • 金属・ガラス・セメント、素材業界の現状と課題・未来
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーにはどんな仕事があるのか、職種の情報
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーに働く人のモチベ―ションは何か
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーに向く人、向かない人はどんな人か
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーの上位企業の特徴と業績

この記事では素材業界の中から、セメント業界の売上上位企業に絞って、メーカーの現況やその事業を取り巻く状況を、直近の有価証券報告書や中期経営計画を基に概要を解説していきます。

就活生が、自分自身の将来をセメント業界、セメントメーカーに託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

セメントメーカーは土木・建設用のコンクリート製造向けが中心ではありますが、大手企業は化学や新素材、環境事業、電子部品、機械事業等に進出し、多角化しています。

業界としてはセメント製造業に分類されますが、各社の実態をよく理解しておきましょう。

セメント業界、上位企業の概況

太平洋セメント株式会社

2022年3月期連結決算(2021年度)

売上高 (百万円) 708,201
経常利益 (百万円) 50,193
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円) 28,971
包括利益(百万円) 53,115
従業員数(人) 12,542
外、平均臨時雇用者数 921
子会社 176社
関連会社 101社

太平洋セメント及びグループ企業は、セメント事業、資源事業、環境事業、建材・建築土木事業、その他に不動産、エンジニアリング、情報処理、金融、運輸・倉庫、化学製品、スポーツ等の事業を営み、また、新規事業も積極的に展開しています。

事業セグメントとその主力製品、サービスは以下の通りです。

  • セメント:
    • 各種セメント、生コンクリートの製造販売
  • 資源:
    • 骨材、石灰石製品の製造販売
  • 環境事業:
    • 廃棄物リサイクル、脱硫材事業
  • 建材・建築土木:
    • コンクリート二次製品、ALC(軽量気泡コンクリート) の製造販売、土木・建設事業
  • その他:
    • 不動産、エンジニアリング、情報処理、金融、運輸・倉庫、化学製品、スポーツ事業、電力供給その他

2022年3月期(2021年度)連結業績の概要

太平洋セメントの2022年3月期におけるグループ連結業績としては、売上高が7,082億1百万円となり、対前年同期1,557億2百万円減の減収という結果でした。

減収の主な要因は、2021年度の期首から「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。)等を適用したことに伴い、2021年度の売上高は1,914億7千9百万円減少した影響によるものです。

利益面では、営業利益は467億1百万円(同169億8百万円減)、経常利益は501億9千3百万円(同155億5千万円減)、親会社株主に帰属する当期純利益は289億7千1百万円(同178億2千8百万円減)となり、減益の決算となっています。

各セグメントの売上収益、セグメント利益の状況は以下の通りです。

2022年3月期連結決算セグメント状況

事業名 外部顧客売上高(百万円) 売上構成比 セグメント利益
(百万円)
利益構成比
セメント 455,975 64.4% 24,188 51.2%
資源 58,640 8.3% 6,034 12.8%
環境事業 68,875 9.7% 6,647 14.1%
建設・建築土木 63,570 9.0% 3,493 7.4%
その他事業 61,139 8.6% 6,920 14.6%
合計 708,201 100.0% 47,285 100.0%
調整額 -583
計上額 708,201 46,701

また連結売上高の地域ごとの状況をみると、日本が459,104百万円で地域別売上シェアが64.8%、米国が161,527百万円で22.8%、その他地域が87,569百万円で12.4%の比率になっています。

中期経営計画

太平洋セメントグループは、2020年代半ばをイメージした「ありたい姿・目指す方向性」として「グループの総合力を発揮し、環太平洋において社会に安全・安心を提供する企業集団を目指す」ことを掲げています。

その実現の至るまでを3つのステップに分け、2020年度までの3年間を実行期間とする「20中期経営計画」は、その第2ステップであり、現在は第3ステップの2021年から2023年度の「23年中期計画」を策定、実行中です。

23年中期計画の骨子は以下の通りです。

基本方針:

  1. 成長の歩みを止めない企業グループとなる。
  2. 社会基盤産業として、安全・安心社会の構築に貢献する。
  3. 収益基盤の強化、成長投資を着実に実行する。

上記の実行によって、太平洋セメントグループ全ての事業が総合的・複合的に機能し合う、太平洋セメントにしかできない新たな事業モデルを構築する=「圧倒的なリーディングカンパニー」となることを目指しています。

また、2023年度に達成すべき定量目標を掲げるとともに、カーボンニュートラル実現に向けた取り組みにも注力する計画です。

太平洋セメントでは内需の補足に注力するとともに米国、中国、ベトナム、フィリピンなどにも積極的に展開しており、グローバル人材の確保・育成に取り組んでいます。

尚、太平洋セメントは東ソー株式会社の製造するセメントを受託販売する契約、また日立セメント株式会社とはセメント・クリンカ生産受委託等の業務提携に関する基本協定書を締結しています。同業界の主要企業との関係も理解して就活を進めましょう。

太平洋セメントだけではありませんが、CO排出量の多いセメント産業に共通する課題として、2050年カーボンニュートラル実現があり、実質CO2排出ゼロとなるカーボンニュートラル技術の確立は、産業の将来に繋がる最重要課題の1つとなっています。

また国内セメント需要の大きな伸びが期待できない現状では、国内セメント事業の再構築、工場設備の強靭化、資源・環境事業と複合的営業体制の構築、AI・自動化による物流体制の最適化等も必要になっています。

就活でセメント業界、大手企業を志望する皆さんは、これらの課題もしっかり把握をしておきましょう。

住友大阪セメント株式会社

2022年3月期連結決算(2021年度)

売上高 (百万円) 184,209
経常利益 (百万円) 9,834
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円) 9,674
包括利益(百万円) 12,207
従業員数(人) 3,068
子会社 47社
関連会社 13社

住友大阪セメント及びそのグループ企業は以下のセグメントで事業を展開しています。

  • セメント事業:
    • セメントの製造・販売を中心とし、生コンクリートの製造・販売、セメント工場における電力の販売やリサイクル原燃料の受入処理、営繕工事、各種品質試験サービス等の事業
    • 主要製品:各種セメント、セメント系固化材、生コンクリート、電力の供給、原燃料リサイクル
  • 鉱産品事業:
    • 製鉄材料としての石灰石や道路工事用、生コンクリート用の骨材の採掘・販売等
    • 主要製品:石灰石、ドロマイト、タンカル、骨材、シリカ微粉
  • 建材事業:
    • コンクリート構造物向け補修材料等 の製造・販売、その関連工事等
  • 光電子事業:
    • 光通信部品及び計光測機器の製造・販売、導波路タイプ光変調器等の光関連部品の製造・販売
  • 新材料事業:
    • 各種セラミックス製品・機能性フィルム・各種ナノ粒子材料、抗菌剤、化粧品材料、各種機能性塗料等の製造・販売
  • 電池材料事業:
    • 二次電池正極材料の製造・販売
  • その他事業:
    • 遊休地を活用した不動産賃貸や情報処理サービス、電設工事等のエンジニアリング

2022年3月期(2021年度)連結業績概要

住友大阪セメントの2022年3月期におけるグループ連結業績に関しては、売上高がセメント事業等で減収となったことから、184,209百万円と前期実績を55,064百万円の減収という結果でした。

大幅な減収の主な要因は、2021年度の期首から「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を適用したことに伴い、2021年度の売上高が58,447百万円の減少となった影響によるものです。

損益面では、セメント事業等で減益となったことから、経常利益は、9,834百万円と前期に比べ7,807百万円の減益、親会社株主に帰属する当期純利益は、9,674百万円と前期に比べ2,045百万円の減益となり、総じて減収・減益の年度となっています。

各セグメントの売上収益、セグメント利益の状況は以下の通りです。

2022年3月期連結決算セグメント状況

事業名 外部顧客売上高(百万円) 売上構成比 セグメント利益/損失
(百万円)
利益構成比
セメント 126,620 68.7% -2,382 -35.0%
鉱産品 12,310 6.7% 2,264 33.3%
建材 20,723 11.2% 1,818 26.7%
光電子 3,767 2.0% 99 1.5%
新材料 14,595 7.9% 3,304 48.6%
電池素材 1,236 0.7% -25 -0.4%
その他 4,954 2.7% 1,725 25.4%
合計 184,209 100.0% 6,804 100.0%
調整額 74
計上額 184,209 6,878

中期経営計画

住友大阪セメントグループは、2020年度から「2020-22年度 中期経営計画」をスタートさせ、事業を展開しています。

2020-22中期経営計画では、「セメント関連事業および高機能品事業の両事業分野で、市場を拡大し、安定的に成長し続ける企業グループとなる」ことを将来目指すべき方向性としています。

具体的な取り組みの骨子は以下の通りです。

  1. セメント関連事業(セメント事業・鉱産品事業・建材事業)
    • セメント・固化材の収益力向上と事業基盤整備
      • セメント国内需要減少下においても輸出を含めた数量の確保
      • リサイクル品受入設備設置工事の実施をはじめとしたコスト削減
      • 外部環境に影響されにくい体制を構築。
      • 日鉄セメント株式会社との配船統合による物流の合理化をはじめとした、物流の合理化拡大
    • 関連事業の拡大
      • 引き続き、海外セメント事業の立ち上げに注力
      • 鉱産品事業・建材事業は、安定的な成長を目指す
  1. 高機能品事業(光電子事業・新材料事業・電池材料事業)
    • 既存主力商品の競争優位性の確保と新製品の開発
      • 技術力強化と生産性向上
      • 基盤技術の応用と外部リソースの活用による研究開発の強化
      • 新規事業・新製品の開発に取り組み、事業分野全体の継続的成長を目指す
  2. 環境対策
    • 社会的課題となっている廃プラスチックの受入量の増加
      • 廃プラスチックや一般ゴミ焼却灰の受入量の増加に注力し、そのための設備投資を実施
    • CO2排出削減への取り組み
      • セメント生産工程で分離されたCO2と廃棄物由来のCaOを再結合させることで得られる人工石灰石(CaCO3)を原料としたカーボンリサイクルセメントの製造に向けた検討を進め、将来的なセメント産業でのカーボンニュートラルを目指す

住友大阪セメントを志望する就活生の皆さんは、住友大阪セメントの企業の特徴と新たな中期計画の方向性をしっかりおさえて選考に臨んでください。

UBE産株式会社

(旧会社名:宇部興産株式会社)

2022年3月期連結決算(2021年度)

売上高 (百万円) 655,265
経常利益 (百万円) 41,549
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円) 24,500
包括利益(百万円) 31,637
従業員数(人) 9,849
連結子会社 65社
非連結子会社 29社
持分法適用関連会社 1社
関係会社 42社

UBE(旧社名:宇部興産)は120年を超える歴史を刻むグループです。

「共存同栄」と「有限の鉱業から無限の工業へ」という2つを創業の精神として受け継ぎ、時代と産業構造の変化に対応しながら、新たな技術への挑戦と自己変革を重ねて業容を多角化、拡大してきました。

宇部興産は2022年4月1日よりUBE株式会社(ゆーびーいーかぶしきがいしゃ、英文表記: UBE Corporation)へ商号を変更し、現在に至ります。

UBE及びそのグループ企業は化学、建材資材、機械、その他のセグメントで事業を展開しています。

各セグメントの主な製品・サービスは以下の通りです。

  • 化学:
    • ナイロン樹脂、カプロラクタム(ナイロン原料)、硫安、工業薬品、ファインケミカル、高機能コーティング、ポリブタジエン(合成ゴム)、ポリイミド、電池材料、機能品、医薬品(原体・中間体)等の製造・販売
  • 建設資材:
    • セメント、生コン、建材関連製品、石灰石、カルシア・マグネシア、機能性無機材料等の製造・販売、資源リサイクル事業、石炭の輸入・販売、コールセンター(石炭中継基地)の運営及び電力供給事業
  • 機械:
    • 成形機(ダイカストマシン、押出プレス、射出成形機)、産業機械(窯業機、粉砕機、運搬機、除塵機、破砕機)、橋梁・鉄構、製鋼品(ビレット、鋳造品)等の製造・販売
  • その他:
    • 不動産の売買、賃貸借および管理等

2022年3月期(2021年度)連結業績概要

UBEの2022年3月期におけるグループ連結業績は、売上高が前連結会計年度(以下、前年度)に比べ413億7千6百万円増収の6,552億6千5百万円という結果でした。

2021年度の売上高は、収益認識会計基準等を適用した影響はあるものの、化学セグメントを中心に新型コロナウイルス対策の進展に伴う経済活動の回復を受けて需要が堅調に推移し、また原燃料価格の高騰などを背景に販売価格の是正も進んだことから、前年度を上回る結果となりました。

利益面では、営業利益は181億3千6百万円増の440億3千8百万円、経常利益は182億5千6百万円増の415億4千9百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は15億6千4百万円増の245億円となり、増収・増益を達成した年度となりました。

各セグメントの売上収益、セグメント利益の状況は以下の通りです。

2022年3月期連結決算セグメント状況

外部顧客売上高(百万円) 売上構成比 セグメント利益
(百万円)
利益構成比
化学 340,675 52.0% 35,472 79.6%
建設資材 217,353 33.2% 3,405 7.6%
機械 95,579 14.6% 5,130 11.5%
その他 1,658 0.3% 573 1.3%
合計 655,265 100.0% 44,580 100.0%
調整額 -542
計上額 655,265 44,038

2022年4月に「UBE株式会社」という新社名の下、化学事業持株会社へと経営構造を転換し新たなスタートを切っています。

今後は、スペシャリティ化学の企業グループとしてグローバルに持続的成長を図るとともに持続可能な社会への貢献に取り組み、機械事業やセメント関連事業については、持株会社としての経営を推進し、UBEグループとしての企業価値の最大化を図る方針です。

セメント事業は新会社、UBE三菱セメントへ継承

尚、宇部興産と三菱マテリアル株式会社は、は両社の統合対象事業を承継させる新会社を2021年4月に設立した上で、新会社へは両社が50%づつを出資し、「UBE三菱セメント株式会社」として再スタートを切っています。

社長は旧宇部興産の小山 誠代表取締役建設資材カンパニープレジデント、副社長は三菱マテリアルの平野 和人執行役常務セメント事業カンパニープレジデントが就任しています。

社名 UBE三菱セメント株式会社(略称:MUCC)
(呼称:ユービーイーミツビシセメントカブシキガイシャ)
Mitsubishi UBE Cement Corporation
本社所在地 東京都千代田区
資本金 50,250百万円(2022年4月現在)
総資産 連結:約7,000億円
売上高 連結:約5,000億円
従業員数 連結:8,000人以上
単体:2,000人以上
主要事業 国内・海外(米国ほか)のセメント事業および生コンクリート事業、石灰石資源事業、環境エネルギー関連事業(石炭事業、電力事業、環境リサイクル事業)、建材事業その他関連事業等
関係会社等 約109社

中長期計画

新たにスペシャリティ化学の企業グループとしてスタートしたUBEでは、以下の中長期計画を発表しています。

2030年の目指す姿とその達成に向けた経営施策を長期ビジョン「UBE Vision 2030 Transformation」として描き、2024年度までのアクションプランとなる3カ年の中期経営計画「UBE Vision 2030 Transformation~1st Stage~」を策定し、事業を展開しています。

長期ビジョン:2030年の目指す姿

「地球環境と人々の健康、そして豊かな未来社会に貢献するスペシャリティ化学を中核とする企業グループ」

  • この目指す姿の実現に向け、「エネルギー負荷の低い」、「市況変動に左右されにくい」、「収益性の高い」スペシャリティ製品を主体とする事業構造への転換を推進
  • 事業構造改革と省エネ推進・プロセス改善等の施策により、温室効果ガス(GHG)排出量の削減目標の達成を目指すとともに、環境に貢献する製品や技術の開発と実用化を推進することで、持続可能な社会の実現に貢献

中期経営計画の基本方針

  1. スペシャリティ化学を中心にグローバルな利益成長を追求
  2. 地球環境問題に対応した事業構造改革の推進
  3. 持続的成長に向けた人的資本の充実
  4. DX(デジタルトランスフォーメション)の推進による企業価値の向上と顧客価値の創出
  5. ガバナンスの更なる向上

上記は中長期計画の骨子の一部に過ぎません。

就活でUBEグループを志望する皆さんは、中長期の事業方針・成長戦略を把握して、自分自身の将来ビジョンや志望動機をいきましょう。 

自分はセメント業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、セメント業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、就活で納得のいく結果が得られるかどうかに不安を抱いている人、自己分析がうまくいかない人や選考がうまくいかない人でも登録しておくのがおススメです。

手早く本格的で客観的な自己分析を済ませ、納得の結果を追求していきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

まとめ

以上、セメント業界の上位企業の現状をみてきました。凝縮したサマリーですが、セメントメーカー主要企業の多角化した事業内容と規模感、国内市場の現状と課題、カーボンニュートラル実現への社会的課題の概要を理解できたと思います。

セメント業界や多角化している上位企業に興味や志望意欲を繋ぐことができた方は、志望企業候補のあたりをつけて、詳細な企業研究を進めて下さい。

また上位企業の多くはインターンシップに積極的です。OB・OG訪問も含めぜひトライして門戸を開いていってください。リクルーターから高評価を得ることがポイントになる業界なので、企業研修を徹底的に行って具体的なアクションを起こしていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

素材産業別、上位企業の概要はこちら:

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

10月8日 (土) 開催!ミキワメLIVE 北大・九大・名大・東北大:TOYOTA、accenture、住友商事 他、優良企業が参集!

人気企業を効率よく知ることができ、Zoom形式で人事や現場社員と深く話せると評判のミキワメLIVE 北大・九大・名大・東北大が、10月8日(土)に開催されます!
  • TOYOTA、accenture、住友商事、NRI、P&G、博報堂DYメディアパートナーズなど多数の企業と官公庁も参加!
  • 業界構造やビジネスモデル、企業の特徴を一気に学べます
  • 1回の予約で1日最大7社のZoom説明会に参加できるので、効率的に企業と出会えます
  • 今回は下記大学を対象としたオンラインイベントになります
    • 対象大学:北海道大学・九州大学・名古屋大学・東北大学
    • 上記大学の24年卒予定の大学生・大学院生なら、参加の応募をするだけで、以下の人気企業によるZoom説明会に参加できます。
  • 開催日時:10/8 (土)11:00-18:00 ※入退場自由
  • 参加費:無料
  • 服装:私服推奨

\\\ ミキワメLIVE 北大・九大・名大・東北大の詳細は公式ページへ ///

ミキワメLIVE 北大・九大・名大・東北大公式ページ

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
24年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

irodas_sq.jpg3
【23卒限定】日本最大の就活コミュニティ「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

Lognavi_icon_Sq.jpg5
オンライン就活+学生限定SNS機能で内定をゲット!就活アプリ【Lognavi】を試してみよう

現在の就活を制するには、オンラインや動画での自己PRが必須。就活アプリ【Lognavi】(ログナビ)なら、全国の就活生限定のSNSで繋がりながら、オンラインや動画でのノウハウ獲得と、アプリを通じた就活が簡単に行えます