就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】:ガラスメーカー主要各社の現況を把握しておこう

就活初期にできるだけ幅広い業界・業種を理解するために、業界研究コンテンツを作りました。何故それが大事かに関しては以下の記事を参考にしてください。

「就活の答え」では金属・ガラス・セメント素材業界を、以下の項目に沿って解説していきます。

金属・ガラス・セメント素材業界の6つのポイントを押さえよう

  • 金属・ガラス・セメント、素材業界の特徴とビジネスモデル
  • 金属・ガラス・セメント、素材業界の現状と課題・未来
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーにはどんな仕事があるのか、職種の情報
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーに働く人のモチベ―ションは何か
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーに向く人、向かない人はどんな人か
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーの上位企業の特徴と業績

この記事では素材業界の中から、ガラス素材メーカーの売上上位企業に絞ってメーカーの現況やその事業を取り巻く状況を、直近の有価証券報告書や中期経営計画を基に概要を解説していきます。

就活生が、将来をガラス素材メーカーに託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

ガラス素材メーカーは建設用板ガラスや自動車用ガラス、スマホ等の電子製品向けが中心ではありますが、大手企業は化学や医薬品等のガラス以外の事業に進出し、多角化しています。業界としては硝子製造業に分類されますが、各社の実態をよく理解しておきましょう。

ガラス素材メーカー、上位企業の概況

AGC株式会社

2018年12月期連結決算

売上高(百万円)1,522,904
税引前利益(百万円)128,404
当期純利益(百万円)89,593
包括利益(百万円)6,629
従業員数(人)54,101
連結子会社数/関連会社数236社/45社

AGC及びグループ企業はガラス、電子、化学品のセグメントで事業を展開しています。具体的な主要製品は以下の通りです。

  • ガラス:
    • フロート板ガラス、型板ガラス、網入り磨板ガラス、Low-E(低放射)ガラス、装飾ガラス、建築用加工ガラス(断熱・遮熱複層ガラス、防災・防犯ガラス、防・耐火ガラス等)、自動車用ガラス等
  • 電子:
    • 液晶用ガラス基板、ディスプレイ用特殊ガラス、車載ディスプレイ用カバーガラス、ディスプレイ用周辺部材、ソーラー用ガラス、産業用加工ガラス、半導体プロセス用部材、オプトエレクトロニクス用部材、照明用製品、理化学用製品等
  • 化学品:
    • 塩化ビニル、塩化ビニル原料、苛性ソーダ、ウレタン原料、フッ素樹脂、撥水撥油剤、ガス、溶剤、医農薬中間体・原体、ヨウ素製品
  • その他事業:セラミックス製品、物流・金融サービス等

各セグメントの売上収益、セグメント利益の状況は以下の通りです。

2018年12月期連結決算セグメント状況

事業セグメント売上収益(百万円)事業利益/損失(百万円)
外部売上売上構成比事業利益事業利益構成比
ガラス756,16049.7%22,52218.7%
電子250,28516.4%24,04119.9%
化学品482,09731.7%71,13859.0%
セラミックス・その他34,3612.3%2,8182.3%
調整額340.0%
合計1,522,904100.0%120,555100.0%

AGCグループは、「2025年のありたい姿」を、「コア事業が確固たる収益基盤となり、戦略事業が成長エンジンとして一層の収益拡大を牽引する、高収益のグローバルな優良素材メーカー」と定義しています。

コア事業は、建築用ガラス、自動車用ガラス(既存)、基礎化学品、フッ素化学品、ディスプレイ、セラミックで、長期安定的な収益基盤の構築を目指し、成長事業をモビリティ、エレクトロニクス、ライフサイエンスとして高付加価値ビジネスの拡大による高収益事業の確立を長期戦略としています。

2018年から2020年までの3年間を「2025年のありたい姿 実現のための礎を築く期間」と位置付け、この3年間を対象とする中期経営計画、「AGC plus-2020」を基に事業を展開しています。

2018年度は将来の成長に向けて、EUV露光用フォトマスクブランクス供給体制の大幅増強(日本)や、塩化ビニル樹脂の生産能力増強(インドネシア)、バイオ医薬品生産能力の増強(米国、日本)等の投資及び、パーク・エレクトロケミカル社(米国)のエレクトロニクス事業やマルグラット・ファーマ・ケミカルズ社(スペイン)の買収を決定、2019年度も将来の成長のために積極的な投資が予定されています。

AGCに興味を持った方は、中期経営計画を研究、理解して自己の志望動機を磨いていくことをお勧めします。

日本板硝子株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)612,789
税引前利益(百万円)22,730
当期純利益(百万円)13,287
包括利益(百万円)-882
従業員数(人)26,741
連結子会社数/持分適用関連会社数192社/21社

日本板硝子及びグループ企業は建築用ガラス事業、自動車用ガラス事業及び高機能ガラス事業を主として展開しています。

具体的な事業セグメントと主な製品は以下の通りです。

  • 建築用ガラス事業:建築材料市場向けの板ガラス製品及び内装外装用加工ガラス製品を製造・販売、他、太陽電池パネル用ガラス事業
  • 自動車用ガラス事業:新車組立用及び補修用市場向けに種々のガラス製品を製造・販売
  • 高性能ガラス事業:ディスプレイのカバーガラスなどに用いられる薄板ガラス、プリンター向けレンズ及び光ガイドの製造・販売、並びに電池用セパレーターやエンジン用タイミングベルト部材などのガラス繊維製品の製造・販売等
  • その他:全前述の各セグメントに含まれない小規模な事業及びピルキントン社買収に伴い認識された無形資産の償却費、社費用、連結調整が含まれています

各セグメントの売上収益、セグメント利益の状況は以下の通りです。

2019年3月期連結決算セグメント状況

事業セグメント売上収益(百万円)事業利益/損失(百万円)
外部売上売上構成比事業利益事業利益構成比
建築用ガラス事業247,34840.4%25,81186.7%
自動車用ガラス事業314,64551.3%15,11850.8%
高機能ガラス事業49,1068.0%8,06227.1%
その他1,6900.3%-12,136-40.7%
調整額-7,068-23.7%
合計612,789100.0%29,787*100.0%

*個別開示項目後営業利益であり、金融費用及び持ち分法による投資利益は含まれていません。

日本板硝子グループは長期戦略ビジョンとして「VAガラスカンパニー」(VA:Value-Addedの頭文字に由来) に変容・変革することを掲げ、2018年3月期から2020年3月期の3年間を期間とする「中期経営計画(MTP)フェー ズ2」を策定して事業を展開しています。

MTPフェーズ 2の基本目標は「財務サステナビリティの確立」及び「VAガラスカンパニーへの変容・変革の開始」としています。

2019年3月期は、MTPフェーズ2の2年目にたり、基本方針である“Shift to VA”に新たに“Growth”を加え、“Shift to VA + Growth”として、目標達成に向けさらなるアクションの加速に取り組んでいます。

具体的には、ベトナム及び北米において太陽電池パネル用ガラスの製造設備の増強増設を決定、また将来有望な市場である南米アルゼンチンにおいても、フロートガラス工場の増設を決定しています。

2018年7月には新規事業の育成・新しい顧客価値創造の取り組みをさらに加速していくためのビジネス・イノベーション・センターを立ち上げ、ライフサイエンスやIndustry 4.0といった有望分野における新規事業の開発も加速させています。

セントラル硝子株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)229,291
経常利益(百万円)11,120
当期純利益(百万円)7,545
包括利益(百万円)-4,336
従業員数(人)6,832
連結子会社数/関連会社数38社/18社

セントラル硝子及びグループ会社の行っている事業セグメントは、ガラス事業と化成品事業の二つに分かれています。主要な製品は以下の通りです。

  • ガラス事業:建築用ガラス、自動車用ガラス、電子材料用ガラスの製造・販売
  • 化成品事業:化学品、ファインケミカル、肥料、ガラス繊維の製造・販売

各セグメントの売上収益、セグメント利益の状況は以下の通りです。

2019年3月期連結決算セグメント状況

事業セグメント売上収益(百万円)事業利益/損失(百万円)
外部売上売上構成比事業利益事業利益構成比
ガラス事業142,72762.2%-196-1.9%
化成品事業87,63638.2%10,295102.0%
調整額-1,072-0.5%
合計229,291100.0%10,098100.0%

セントラル硝子グループは、2018年度から2020年度までの3年間を対象とした中期計画を策定しており、以下の基本方針を掲げています。

中期経営画の基本方針:事業基盤の強化と独創的な技術を通じて新たな成長へ

  • 取捨選択を行い、事業基盤を強化する
  • 社会全体や顧客のニーズを先読みし、付加価値を供給する
  • コンプライアンスを遵守し、グローバル企業として社会の発展に貢献する

セントラル硝子では保有する独創的な技術を通じて、ファインケミカル製品を中心とした成長分野である高機能・高付加価値製品分野への経営資源の重点的な投入 し、中長期的な視点から企業価値を増大させていく戦略をとっています。

日本電気硝子株式会社

2018年12月期連結決算

売上高(百万円)300,326
経常利益(百万円)19,832
当期純利益(百万円)15,199
包括利益(百万円)-1,965
従業員数(人)6,875
連結子会社数/関連会社数27社/3社

日本電気硝子株式会社及びグループ企業は、電子・情報の分野におけるガラスをはじめとする特殊ガラス製品及びガラス製造機械類の製造、販売等事業を行っており、事業セグメントも「ガラス事業」の単一セグメントです。

主要製品は「電子・情報」分野と「機能性材料・その他」に分かれており、主要製品は以下の通りです。

  • 電子・情報:薄型パネルディスプレイ用ガラス、化学強化専用ガラス、光関連ガラス、電子デバイス用ガラス及び太陽電池用ガラスの製造、販売等
  • 機能材料・その他:ガラスファイバ、建築用ガラス、耐熱ガラス、照明用ガラス、医療用ガラス、魔法びん用ガラス及びガラス製造機械類の製造、販売等

日本電気硝子グループは、世界一の特殊ガラスメーカーを目指し材料設計・溶融・成形・加工といった技術により様々な特性や機能を持つガラス製品を開発・生産し、市場に潤沢に供給することにより、社会のニーズに対応していくことを経営の基本にしています。

具体的な経営計画としては2019年度から3か年の新中期経営計画「EGP2021」(Electric Glass Prospects 2021)を策定しています。

重点とする施策は以下の通りです。

― 重点項目と施策 ―

  1. 研究開発:製品、技術、製造プロセスの一体的な開発体制構築、マーケティング機能の拡充、年間100億円の研究開発を実行(売上高比3%、対2018年度比43%増)、「夢を形にする」研究開発の追求
  2. 事業戦略:ディスプレイ用ガラス事業の生産性と品質の革新、ガラス繊維事業の拡大とM&Aシナジーの結実、中国をはじめとした成長エリアにおけるプレゼンスの強化、事業価値の評価とリソースの適切な配分
  3. 戦略的投資:将来成長を見据えたM&Aや他社との協業・提携等に備え、通常の設備投資のほかに、当該3か年で約500億円の戦略的投資枠を設定
  4. CSR:CSRの重点課題「環境・多様性・地域」の取り組みを通じた持続的成長と企業価値向上

注目する市場分野を「自動車・輸送」、「情報通信・半導体」、「医療」、「ディスプレイ」の4分野と位置付け、この分野への積極的な事業拡大と競争力強化に注力していく計画です。

また「照明」、「エネルギー」、「社会インフラ」、「家電・住設」の4分野は社会の発展とともに成長が見込める分野であり、かつ、ガラスの機能性が発揮できる分野として『戦略的育成分野』と位置付け、この分野における事業の創出、研究開発を推進していきます。

まとめ

以上、ガラスメーカーの上位企業の現状をみてきました。凝縮したサマリーですが、ガラス業界における主要企業の多角化した事業内容と規模感、グローバル市場における存在感を感覚的にも理解できたと思います。

上位企業は理工系の学生に非常に人気の高い企業であり、難関です。これらの素材業界に興味や志望意欲を繋ぐことができた方は、志望企業候補のあたりをつけて、詳細な企業研究を進めて下さい。

また上位企業の多くはインターンシップに積極的です。OB・OG訪問も含めぜひトライして門戸を開いていってください。リクルーターから高評価を得ることがポイントになる業界なので、企業研究を徹底的に行って具体的なアクションを起こしていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

素材産業別、上位企業の概要はこちら:

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

9219fc8ca4440aa388894f2f66bb2386.jpg1
自分の就活力を客観的にチエックできる神サイト!就活対策はここからスタート

あなたの『就活力偏差値』知りたくありませんか?自分のポジションを客観的に知って、就活をマネージしていくことが、就活を効率よく進める第一歩。簡単な質問に答えるだけで、無料で診断ができます。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。