就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】:ガラスメーカー主要各社の現況を把握しておこう

就活初期にできるだけ幅広い業界・業種を理解するために、業界研究コンテンツを作りました。何故それが大事かに関しては以下の記事を参考にしてください。

「就活の答え」では金属・ガラス・セメント素材業界を、以下の項目に沿って解説していきます。

金属・ガラス・セメント素材業界の6つのポイントを押さえよう

  • 金属・ガラス・セメント、素材業界の特徴とビジネスモデル
  • 金属・ガラス・セメント、素材業界の現状と課題・未来
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーにはどんな仕事があるのか、職種の情報
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーに働く人のモチベ―ションは何か
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーに向く人、向かない人はどんな人か
  • 金属・ガラス・セメント、素材メーカーの上位企業の特徴と業績

この記事では素材業界の中から、ガラス素材メーカーの売上上位企業に絞ってメーカーの現況やその事業を取り巻く状況を、直近の有価証券報告書や中期経営計画を基に概要を解説していきます。

就活生が、将来をガラス素材メーカーに託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

ガラス素材メーカーは建設用板ガラスや自動車用ガラス、スマホ等の電子製品向けが中心ではありますが、大手企業は化学や医薬品等のガラス以外の事業に進出し、多角化しています。業界としては硝子製造業に分類されますが、各社の実態をよく理解しておきましょう。

ガラス素材メーカー、上位企業の概況

AGC株式会社

2019年12月期連結決算 (2019年度)

売上高 (百万円)1,518,039
経常利益 (百万円)76,213
親会社所有者に帰属する当期純利益(百万円)44,434
親会社所有者に帰属する当期包括利益(百万円)48,239
従業員数(人)55,598
外、平均臨時雇用者数4,688
子会社235社
関連会社44社

AGCの会計年度は12月なので、上記の業績は2019年1月1日から12月31日のものです。22年卒の就活生でAGCを志望する方は、AGCの企業サイトで2020年度の順次発表される四半期ごとの業績動向にも着目していきましょう。

AGC及びグループ企業はガラス、電子、化学品のセグメントで事業を展開しています。具体的な主要製品は以下の通りです。

  • ガラス:
    • フロート板ガラス、型板ガラス、網入り磨板ガラス、Low-E(低放射)ガラス、装飾ガラス、建築用加工ガラス(断熱・遮熱複層ガラス、防災・防犯ガラス、防・耐火ガラス等)、自動車用ガラス等
  • 電子:
    • 液晶用ガラス基板、ディスプレイ用特殊ガラス、車載ディスプレイ用カバーガラス、ディスプレイ用周辺部材、ソーラー用ガラス、産業用加工ガラス、半導体プロセス用部材、オプトエレクトロニクス用部材、照明用製品、理化学用製品等
  • 化学品:
    • 塩化ビニル、塩化ビニル原料、苛性ソーダ、ウレタン原料、フッ素樹脂、撥水撥油剤、ガス、溶剤、医農薬中間体・原体、ヨウ素製品
  • その他事業:セラミックス製品、物流・金融サービス等

AGCはテレビコマーシャルで訴求しているように「素材の会社」であると理解しましょう。ガラスはコア事業ではありますが、利益では化学品の貢献が大きいというのが現状です。

各セグメントの売上収益、セグメント利益の状況は以下の通りです。

2019年12月期連結決算セグメント状況

事業名売上(百万円)売上構成比セグメント利益
(百万円)
利益構成比
ガラス742,93447.1%9,2669.1%
電子276,67817.5%25,58125.2%
化学品475,77830.1%62,96161.9%
セラミックス・その他83,2415.3%3,8503.8%
合計1,578,633100.0%101,659100.0%
セグメント間取引等、調整・消去-60,594-34
計上額1,518,039101,624

AGCグループは、「2025年のありたい姿」を、「コア事業が確固たる収益基盤となり、戦略事業が成長エンジンとして一層の収益拡大を牽引する、高収益のグローバルな優良素材メーカー」と定義しています。

コア事業は、建築用ガラス、自動車用ガラス(既存)、基礎化学品、フッ素化学品、ディスプレイ、セラミックで、長期安定的な収益基盤の構築を目指し、成長事業をモビリティ、エレクトロニクス、ライフサイエンスとして高付加価値ビジネスの拡大による高収益事業の確立を長期戦略としています。

2018年から2020年までの3年間を「2025年のありたい姿 実現のための礎を築く期間」と位置付け、この3年間を対象とする中期経営計画、「AGC plus-2020」を基に事業を展開しています。

2019年度は将来の成長に向けて、以下のような投資が行われています。

  • 自動車用ガラスアンテナ開発拠点の新設(欧州)
  • 大型・複雑形状の車載用カバーガラス製造拠点の新設(中国)
  • EUV露光用フォトマスクブランクス供給体制の増強(日本)
  • バイオ医薬品生産能力の増強(米国、欧州)等の投資
  • 米国Taconic社のAdvanced Dielectric部門グローバルオペレーションの買収

AGCに興味を持った方は、中期経営計画を研究、理解して自己の志望動機を磨いていくことをお勧めします。尚、建築用ガラス事業は、国内建築用ガラス市場の縮小に対応するため、セントラル硝子と事業統合の検討を開始しているため、その動向もウォッチしておきましょう。(統合の時期は21年10月~12月に延期。2020年10月29日現在の予定)

日本板硝子株式会社

2020年3月期連結決算 (2019年度)

売上高 (百万円)556,178
税引前利益・又は損失 (百万円)-13,549
親会社の所有者に帰属する当期包括利益(百万円)-18,925
親会社の所有者に帰属する当期包括利益(百万円)-38,077
従業員数(人)26,803
外、平均臨時雇用者数3,163
連結子会社190社
持分法適用関連会社24社

日本板硝子及びグループ企業は建築用ガラス事業、自動車用ガラス事業及び高機能ガラス事業を主として展開しています。

具体的な事業セグメントと主な製品は以下の通りです。

  • 建築用ガラス事業:建築材料市場向けの板ガラス製品及び内装外装用加工ガラス製品を製造・販売、他、太陽電池パネル用ガラス事業
  • 自動車用ガラス事業:新車組立用及び補修用市場向けに種々のガラス製品を製造・販売
  • 高性能ガラス事業:ディスプレイのカバーガラスなどに用いられる薄板ガラス、プリンター向けレンズ及び光ガイドの製造・販売、並びに電池用セパレーターやエンジン用タイミングベルト部材などのガラス繊維製品の製造・販売等
  • その他:全前述の各セグメントに含まれない小規模な事業及びピルキントン社買収に伴い認識された無形資産の償却費、社費用、連結調整が含まれています

各セグメントの売上高、セグメント利益*の状況は以下の通りです。

2020年3月期連結決算セグメント状況

事業名売上(百万円)売上構成比セグメント利益*
(百万円)
利益構成比
建築用ガラス事業247,13942.8%17,33175.3%
自動車用ガラス事業282,57048.9%6,10026.5%
高機能ガラス事業42,6077.4%7,11630.9%
その他5,0240.9%-7,529-32.7%
合計577,340100.0%23,018100.0%
セグメント間取引等、調整・消去-21,162
計上額556,17823,018

*ピルキントン(2006年に買収したイギリスのガラス製造企業)買収に係る償却費控除前利益です。

日本板硝子グループは長期戦略ビジョンとして「VAガラスカンパニー」(VA:Value-Addedの頭文字に由来) に変容・変革することを掲げ、2018年3月期から2020年3月期の3年間を期間とする「中期経営計画(MTP)フェー ズ2」を策定して事業を展開してきました。

MTPフェーズ 2の基本目標は「財務サステナビリティの確立」及び「VAガラスカンパニーへの変容・変革の開始」としています。

2020年3月期は、MTPフェーズ2の最終年度であり、2019年3月期までは順調に利益改善が図られた一方、2020年3月期に入ってからは欧州を中心とした自動車生産の急減、建築用ガラス市場の需給バランス悪化の影響を受け、MTPフェーズ2の財務目標は達成できませんでした。

MTPフェーズ2では、戦略的投資としてベトナム及び北米において太陽電池パネル用ガラスの製造設備の増強増設や将来有望な市場である南米アルゼンチンにおいても、フロートガラス工場の増設を決定しています。

また2018年7月には新規事業の育成・新しい顧客価値創造の取り組みをさらに加速していくためのビジネス・イノベーション・センターを立ち上げ、ライフサイエンスやIndustry 4.0といった有望分野における新規事業の開発も加速させています。

2021年3月期(2020年度)を初年度とする新たな中期計画は、新型コロナウイルスの影響で事業環境が不透明であることから発表を延期していますが、環境への貢献(太陽電池パネル用ガラス、ZEB/ZEH等の省エネルギーガラスなど)、健康への貢献(PCR検査機や抗菌
ガラスなど)、テレワークなど通信需要拡大への貢献(光通信デバイスなど)といった製品分野は、日本板硝子が強い分野であり、社会の変化に関わらず必要とされる注目すべき領域です。

セントラル硝子株式会社

2020年3月期連結決算 (2019年度)

売上高 (百万円)222,469
経常利益 (百万円)8,565
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)6,418
包括利益(百万円)-274
従業員数(人)6,440
外、平均臨時雇用者数745
子会社37社
関連会社18社

セントラル硝子及びグループ会社の行っている事業セグメントは、ガラス事業と化成品事業の二つに分かれています。主要な製品は以下の通りです。

  • ガラス事業:建築用ガラス、自動車用ガラス、電子材料用ガラスの製造・販売
  • 化成品事業:化学品、ファインケミカル、肥料、ガラス繊維の製造・販売

各セグメントの売上収益、セグメント利益の状況は以下の通りです。

2020年3月期連結決算セグメント状況

事業名売上(百万円)売上構成比セグメント利益
(百万円)
利益構成比
ガラス事業144,24864.5%240.3%
化成品事業79,40535.5%7,95199.7%
合計223,653100.0%7,975100.0%
セグメント間取引等、調整・消去-1,184
計上額222,4697,975

セントラル硝子グループは、2018年度から2020年度までの3年間を対象とした中期計画を策定しており、以下の基本方針を掲げています。

中期経営画の基本方針:事業基盤の強化と独創的な技術を通じて新たな成長へ

  • 取捨選択を行い、事業基盤を強化する
  • 社会全体や顧客のニーズを先読みし、付加価値を供給する
  • コンプライアンスを遵守し、グローバル企業として社会の発展に貢献する

セントラル硝子では保有する独創的な技術を通じて、ファインケミカル製品を中心とした成長分野である高機能・高付加価値製品分野への経営資源の重点的な投入 し、中長期的な視点から企業価値を増大させていく戦略をとっています。

尚、セントラル硝子は2019年12月9日、AGC株式会社との間で、国内建築用ガラス事業に関する事業統合についての基本合意書を締結しています。

国内建築用ガラス事業は、新設住宅着工数の減少や複層ガラスの普及に伴う需要構造の変化を受け、合理化や流通形態の変革が継続的に行われてきたものの、厳しい経営環境が続いています。

更に少子高齢化等により今後更に需要の減退が見込まれる中で、産業全体として改革が必要というのが両社の認識です。

両社が相互に自社の強みを強化・補完し合いつつ、国内建築用ガラス事業の統合を行うことを通じて、より一層の経営及び資本の効率化と収益性の向上、企業基盤の充実を図ることを目指しての事業統合を計画しています。

日本板硝子やAGCを志望する就活生は、両社の関係を理解して就活を進めてください。

日本電気硝子株式会社

2019年12月期連結決算 (2019年度)

売上高 (百万円)257,189
経常利益 (百万円)15,373
親会社株主に帰属する当期純利益又は純損失(百万円)-33,669
包括利益(百万円)-34,352
従業員数(人)6,482
子会社26社
関連会社3社

日本電気硝子株式会社及びグループ企業は、電子・情報の分野におけるガラスをはじめとする特殊ガラス製品及びガラス製造機械類の製造、販売等事業を行っており、事業セグメントも「ガラス事業」の単一セグメントです。

主要製品は「電子・情報」分野と「機能性材料・その他」に分かれており、主要製品は以下の通りです。

  • 電子・情報:薄型パネルディスプレイ用ガラス、化学強化専用ガラス、光関連ガラス、電子デバイス用ガラス及び太陽電池用ガラスの製造、販売等
  • 機能材料・その他:ガラスファイバ、建築用ガラス、耐熱ガラス、照明用ガラス、医療用ガラス、魔法びん用ガラス及びガラス製造機械類の製造、販売等

日本電気硝子グループは、世界一の特殊ガラスメーカーを目指し材料設計・溶融・成形・加工といった技術により様々な特性や機能を持つガラス製品を開発・生産し、市場に潤沢に供給することにより、社会のニーズに対応していくことを経営の基本にしています。

世界一の特殊ガラスメーカーを目指して事業を展開しているため、地域別の売上状況を参考までに掲載しておきます。

地域売上(百万円)売上構成比
日本42,37316.5%
中国69,52427.0%
韓国44,92017.5%
米国38,40314.9%
欧州30,71211.9%
その他の地域31,25412.2%
合計257,189100.0%

日本電気硝子は具体的な経営計画として、2019年度から3か年の新中期経営計画「EGP2021」(Electric Glass Prospects 2021)を策定しています。

重点とする施策は以下の通りです。

― 重点項目と施策 ―

  1. 研究開発:製品、技術、製造プロセスの一体的な開発体制構築、マーケティング機能の拡充、年間100億円の研究開発を実行(売上高比3%、対2018年度比43%増)、「夢を形にする」研究開発の追求
  2. 事業戦略:ディスプレイ用ガラス事業の生産性と品質の革新、ガラス繊維事業の拡大とM&Aシナジーの結実、中国をはじめとした成長エリアにおけるプレゼンスの強化、事業価値の評価とリソースの適切な配分
  3. 戦略的投資:将来成長を見据えたM&Aや他社との協業・提携等に備え、通常の設備投資のほかに、当該3か年で約500億円の戦略的投資枠を設定
  4. CSR:CSRの重点課題「環境・多様性・地域」の取り組みを通じた持続的成長と企業価値向上

注目する市場分野を「自動車・輸送」、「情報通信・半導体」、「医療」、「ディスプレイ」の4分野と位置付け、この分野への積極的な事業拡大と競争力強化に注力していく計画です。

また「照明」、「エネルギー」、「社会インフラ」、「家電・住設」の4分野は社会の発展とともに成長が見込める分野であり、かつ、ガラスの機能性が発揮できる分野として『戦略的育成分野』と位置付け、この分野における事業の創出、研究開発を推進していきます。

まとめ

以上、ガラスメーカーの上位企業の現状をみてきました。凝縮したサマリーですが、ガラス業界における主要企業の多角化した事業内容と規模感、グローバル市場における存在感を感覚的にも理解できたと思います。

上位企業は理工系の学生に非常に人気の高い企業であり、難関です。これらの素材業界に興味や志望意欲を繋ぐことができた方は、志望企業候補のあたりをつけて、詳細な企業研究を進めて下さい。

また上位企業の多くはインターンシップに積極的です。OB・OG訪問も含めぜひトライして門戸を開いていってください。リクルーターから高評価を得ることがポイントになる業界なので、企業研究を徹底的に行って具体的なアクションを起こしていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

素材産業別、上位企業の概要はこちら:

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

▶︎就活力を診断する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。