就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】医療機器業界の構造と主要医療機器メーカーの概況をチェックしておこう

就活初期にできるだけ幅広い業界・業種を理解するために、業界研究コンテンツを作りました。何故それが大事かに関しては以下の記事を参考にしてください。

「就活の答え」では医療機器業界を、以下の項目に沿って簡潔に情報をまとめていますので活用してください。

医療機器業界の7つのポイントを押さえよう

  • 医療機器業界のビジネスモデルを理解しよう
  • 医療機器メーカーの現状と課題・未来
  • 医療機器メーカーにはどんな仕事があるのか、職種の情報
  • 医療機器メーカーに働く人のモチベ―ション、「やりがい」は何か
  • 医療機器メーカーに向く人、向かない人はどういう人か
  • 医療機器業界の構造
  • 医療機器メーカー主要各社の概況
人々の命や健康を支える医療の現場で活躍する医療機器。医師や看護師、技師達をサポートする医療機器の研究、開発、製造、販売を通じて社会に貢献している業界です。

理工系の学生を中心に歴史的に人気が高く、特に最近は安定性や成長性が評価されて就活人気も高まっています。しかし医療機器は消耗品からMRI等の高額な機器まで幅が広く、その構造を理解するのが難しい業界でもあります。

この記事では医療機器業界の構造と大手医療機器メーカーの概況を、直近年度の有価証券報告書や中期計画を基にまとめました。就活生が、医療機器業界に自分の未来を託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

医療機器メーカーの構造

 

医療機器はその用途によっては、不具合が生じると患者の生死に関わり、あるいは人の健康に重大な影響を及ぼすために、そのリスクに応じて下記のようにクラス分けされています。

  • クラスI:一般医療機器と呼ばれる、仮に機能障害や副作用が起こったとしても、人体の健康に悪影響を与える恐れがほとんどない医療機器。(例:医療用メスや医療用ハサミ、医療式聴診器、体外診断用機器、X線フィルムなど)
  • クラスII:不具合が生じたとしても、機能障害や副作用などのリスクが比較的低い機器で、管理医療機器と呼ばれる(例:電子式血圧計、消化器用カテーテル、電子体温計、画像診断機器、造影剤注入装置、電子内視鏡など)
  • クラスIII:高度管理医療機器と呼ばれ、不具合が生じた際の機能障害や副作用のリスクが比較的高い機器(例:カテーテル、人工透析器、放射線治療機器、血管用ステント、胆管用ステント、体外式結石破砕装置、汎用輸液ポンプ、人口骨頭など)
  • クラスⅣ:高度管理医療機器の中で、不具合が生じた場合の機能障害、副作用のリスクがさらに高く、生命の機器に関わってくる機器(例:ペースメーカー、冠動脈ステント、吸収性縫合糸、人工乳房、ビデオ軟性血管鏡、中心静脈用カテーテル、人工呼吸器)
医療機器ビジネスは高度な専門性と技術が求められるビジネスの為、各メーカーはそれぞれ複数の専門分野、注力分野を持って分野特化型の構造になっているのがこの業界の特徴です。

各メーカーは複数の分野をもっているため、重複もあり完全に分けることは出来ませんが、あえて主要企業を主要分野別に分類すると以下のようになります。

  • 画像診断装置:日立製作所、キヤノン、コニカミノルタ、島津製作所
  • 内視鏡:オリンパス、富士フィルム、ソニー
  • 検査機器:シスメックス、日本電子、日立ハイテクノロジーズ、パナソニックヘルスケア、アークレイ、サクラ精機
  • 血管内治療:テルモ、ニプロ、朝日インテック、カネカ、日本ライフライン、グッドマン
  • 透析・血液浄化:東レ、日機装、川澄化学工業、JMS、メディキット
  • AED/生体情報モニター:フクダ電子、オムロン、日本光電、旭化成
  • 在宅医療機器:帝人、エア・ウォーター
  • 眼科用機器:キヤノン、トプコン、ニデック、ニコン
  • 治癒・手術室用品:ホギメディカル、川本産業、クリエートメディック
  • コンタクトレンズ: HOYA、メニコン、シード
  • 歯科:モリタ、ジーシー、ナカニシ
  • 補聴器:リオン
  • 外資系大手:
    • 機械系:GEヘルスケア、シーメンスヘルスケア、フィリップス
    • 器具系:メドトロニック、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ボストンサイエンティフィック
尚、分野別に特化した数多くの外資系企業が進出しています。外資系企業に興味がある方は個別に企業研究を進めて下さい。

内資系大手医療機器メーカー売上上位6社の概況

オリンパス株式会社

2019年3月期連結決算

売上高 (百万円)793,862
税引前利益(百万円)20,117
当期利益(百万円)8,147
包括利益(百万円)8,094
従業員数(人)35,124
外、平均臨時雇用者数1,396
連結子会社91 社
関連会社2社

オリンパスはデジカメでそのブランドを記憶されている方も多いと思いますが、現在の事業は医療機器メーカー、内視鏡を中核としたメーカーと言っても過言ではありません。

オリンパスのセグメント別の売上と利益は以下のようになっています。

2019年3月期事業セグメント別業績概要

セグメント名セグメント売上高(百万円)売上構成比営業利益/損失(百万円)利益構成比
医療634,30179.8%111,934113.9%
科学104,30413.1%8,1358.3%
映像48,6806.1%-18,268-18.6%
その他7,2380.9%-3,521-3.6%
合計794,523100.0%98,280100.0%
セグメント間取引調整他-661-69,999
連結合計793,86228,281

2018年3月期決算では、医療セグメントが売上の8割弱を占め、営業利益のほとんどを稼いでいるのが分かります。科学事業も工業用顕微鏡、工業用内視鏡、超音波探傷器医療分野以外の製品も扱っていますが、医学・生命科学の研究を支援する生物顕微鏡やも含んでいます。

医療事業は主力の消化器内視鏡分野に加え、外科分野においては、4K技術を搭載した外科手術用内視鏡システムおよび3D内視鏡システム、バイポーラ高周波と超音波の統合エネルギーデバイス「THUNDERBEAT(サンダービート)」が引き続き売上を伸ばしましています。

処置具分野においては、膵胆管等の内視鏡診断・治療に使用するディスポーザブルガイドワイヤ「VisiGlide 2(ビジグライド・ツー)」などの販売が好調に推移しています。

オリンパスの消化器系内視鏡は、世界市場の70%を占めており、世界を代表する内視鏡メーカーです。

テルモ株式会社

2019年3月期連結決算

売上高 (百万円)599,481
税引前利益(百万円)102,709
当期利益(百万円)79,470
包括利益(百万円)98,914
従業員数(人)25,378
連結子会社100社
持分法適用関連会社5社

テルモはその事業セグメントを、「心臓血管カンパニー」、「ホスピタルカンパニー」及び「血液システムカンパニー」 の3事業に区分してカンパニー制を敷いて事業を推進しています。3事業すべて国内と海外のマーケティングを行っており、一部製品は海外生産を行っています。

心臓血管カンパニー:

  • 心臓血管カンパニーはカテーテルシステム、人工心肺システムの製品を製造し、また人工心肺システムの一部、人工血管を輸入し、主として医家向業務用代理店を通じて、全国の病院、診療所等へ販売しています
  • 海外はカテーテルシステムの製造、販売が主な事業ですが、人工肺システムや動脈瘤治療等に用いる人工血管及びステントグラフトの開発・製造・販売も行っています
  • その他、補助人工心臓の製造・販売や脳動脈瘤治療用デバイスを製造し、販売するなど、テルモの中核事業として国内、海外に積極的な事業展開を行っています

ホスピタルカンパニー:

  • ホスピタル医療器、医薬品類、腹膜透析関連、糖尿病関連の製品を製造し、また一部を輸入して主として医家向業務用代理店を通じて、全国の病院、診療所等へ販売しています
  • またヘルスケ ア関連の製品を製造し、主として全国の薬局・薬店等へ販売し、海外でも一部製品を輸出、もしくは製造販売を行っています

血液システムカンパニー:

  • 国内では輸血関連の製品を製造し、主としてテルモBCT(株)を通じて日本赤十字社へ販売しております。また海外市場へも輸出し、一部マーケットでは原材料を輸出し、現地法人で輸血関連製品の一部を製造し、販売を行っています

2019年3月期の事業セグメント別の業績概要は以下の通りです。

2019年3月期連結決算 セグメント別業績概要

セグメント名セグメント売上高(百万円)売上構成比営業利益(百万円)利益構成比
心臓血管カンパニー328,50054.8%80,91365.6%
ホスピタルカンパニー165,76627.7%26,82921.7%
血液システムカンパニー104,98417.5%15,67312.7%
合計599,251100.0%123,417100.0%
セグメント間取引調整他230-1,288
連結合計599,481122,128

ニプロ株式会社

2019年3月期連結決算

売上高 (百万円)426,399
経常利益(百万円)22,431
当期純利益(百万円)12,136
包括利益(百万円)-1,833
従業員数(人)29,325
外、平均臨時雇用者数1,136
連結子会社88 社
関連会社17社

ニプロは元々ガラス事業から医療機器メーカーになった企業であり、主力のディスポ―ザル機器から、更にジェネリック医薬品の製造販売まで行っているユニークなポジショニングを持った企業です。

医療関連事業、医薬関連事業とも国内、海外の両市場に展開しています。ファーマパッケージング事業は硝子管の販売ならびに硝子製品の製造販売で、こちらも国内、海外ともに事業を行っています。

主力の医療関連事業はダイアライザ(人工腎臓)を中心とする透析関連製品に加え、糖尿病関連製品、バスキュラー関連製品、SD(サージカルデバイス)関連製品などの領域で品揃えの充実と新規販路開拓を積極的に展開中です。

海外は市場拡大が見込まれるインド、中国等の新興国において新拠点の設置および販路開拓を進め販売網の基盤整備を進め、欧米に関しては大手透析センターグループとの連携を強化することで、更なる販売拡大に努め、シェア拡大に注力しています。

後発医薬品事業は、新規品目の継続的開発と、大学・基幹病院や調剤薬局グループなど各種販路の開拓および重点卸・重点販社との関係強化に引き続き注力し、医療機器営業との連携による相乗効果を追求する営業展開を行っています。

2019年3月期の事業セグメント別の業績概要は以下の通りです。

2019年3月期連結決算 セグメント別業績概要

セグメント名セグメント売上高(百万円)売上構成比セグメント利益(百万円)利益構成比
医療関連事業334,08372.9%36,72276.0%
医薬関連事業81,79317.9%10,66222.1%
ファーマパッケージング事業40,6268.9%7781.6%
その他1,4940.3%1460.3%
合計457,997100.0%48,309100.0%
セグメント間取引調整他-31,598-24,482
連結合計426,39923,827

シスメックス株式会社

2019年3月期連結決算

売上高 (百万円)293,506
税引前利益(百万円)57,955
当期利益(百万円)41,224
包括利益(百万円)37,959
従業員数(人)7,697
外、平均臨時雇用者数944
連結子会社76 社
関連会社1社

シスメックスは検体検査に関連する製品及び関連するサービスを提供する「ヘルスケア事業」を主たる事業として、国内市場と海外市場(米州、EMEA、中国及びアジア・パシフィック)において製造、販売を行っています。セグメントは地域制をとっており、日本、米州、EMEA、中国、アジア・パシフィックに分けているのが特徴です。

2019年3月期の事業セグメント別の業績概要は以下の通りです。

2019年3月期連結決算 セグメント別業績概要

セグメント名セグメント売上高(百万円)売上構成比営業利益(百万円)利益構成比
日本154,95138.3%38,99663.0%
米州66,23616.4%3,5805.8%
EMEA80,64019.9%7,09111.5%
中国78,13119.3%9,12514.7%
アジア・パシフィック24,7666.1%3,1125.0%
合計404,726100.0%61,906100.0%
セグメント間取引調整他-111,219-624
連結合計293,50661,282

シスメティックスでは2017年4月に2020年3月期までの中期経営経を発表し、コア事業である血球計数検査分野、血液凝固検査分野、免疫検査分野および尿検査分野におけるグローバルでの成長性と収益性の強化に加え、遺伝子検査分野などを次のコア事業と位置付け、積極的な投資による事業化の推進に取り組んでいます。

日本光電工業株式会社

2019年3月期連結決算

売上高 (百万円)178,799
経常利益(百万円)15,867
当期純利益(百万円)11,191
包括利益(百万円)9,714
従業員数(人)5,169
外、平均臨時雇用者数613
連結子会社29  社

日本光電は医用電子機器専門メーカーとして、「病魔の克服と健康増進に先端技術で挑戦することにより世界に貢献すると共に社員の豊かな生活を創造する」ことを経営理念として、2010年に10年後のあるべき姿として長期ビジョン「The CHANGE 2020 -The Global Leader of Medical Solutions-」を策定しています。

「目指すべき将来像」として、世界初の革新的技術の確立と世界最高品質の確立、グローバルシェアNo.1の獲得、を掲げて事業を展開しています。日本光電のコア技術はHuman Machine Interface (HMI)であり、日本光電の持つセンサ技術、信号処理技術、データ解析技術の総称として定義されています。

現在位は中期経営計画「TRANSFORM 2020」を展開しており、商品面では、診療所市場向け商品ポートフォリオの拡充に注力し、クラウドサーバを利用した月額利用料制のITソリューションによるクリニカルアシスタントサービスや医療介護ネットワークシステムを発売し、注力しています。

またBluetooth機能により タブレットでの波形確認が可能なホルター心電計や急性期病院向け中位機種ベッドサイドモニタの発売など、 新しい試みも積極的に展開しています。

尚、日本光電は医療用電子機器関連の単一事業セグメントとなっています。2019年3月期の製品別と地域別の売上シェアは以下の通りです。

製品/サービス売上(百万円)シェア
生体計測機器39,32322.6%
生体情報モニタ59,22934.0%
治療機器32,89218.9%
その他42,80424.6%
合計174,249100.0%
地域売上(百万円)シェア
日本128,14473.5%
米州22,00012.6%
欧州8,4624.9%
アジア州13,6347.8%
その他地域2,0081.2%
合計174,249100.0%

フクダ電子株式会社

2019年3月期連結決算

売上高 (百万円)129,775
経常利益(百万円)13,288
当期利益(百万円)9,577
包括利益(百万円)8,612
従業員数(人)3,121
外、平均臨時雇用者数636
子会社59  社
関係会社1社

フクダ電子の事業セグメントは、以下の4事業に分類され、バランスの取れた事業を行っています。

  • 生体検査装置部門:心電図、心音図、脈波、血圧、呼吸、臓器の動き等の生体機能を示す物理現象を電気信号に変換し、測定記録する心電計、ポリグラフ、超音波画像診断装置等の製造・購買及び販売
  • 生体情報モニター部門:手術後の重症患者、急性心疾患の患者などについて、生体の諸機能を長時間にわたって監視する心電図モニタ、 多種組合せの生体情報モニタ等の製造・購買及び販売
  • 治療装置部門 :心臓や血管の治療に用いられるカテーテルをはじめ、心停止の蘇生や調律異常を治療する除細動器、ペースメー カ、人工呼吸器、在宅療養者向けのHOT(酸素吸入)、HMV(人工呼吸)、CPAP(睡眠時無呼吸症候群の治療)など の製造・購買及び販売・レンタル
  • 消耗品等部門 :医用電子機器に用いる記録紙、電極、付属品及び部品の製造・購買及び販売
一般的にはAEDや千葉のフクダ電子アリーナで知名度のあるフクダ電子ですが、その主力製品は、心臓や血管、肺などの呼吸・循環器系疾患の検査・診断及び治療等に使用される機器です。

特に創業以来、研究開発を積み重ねてきた心電計を中核とする心電図関連機器をはじめ、各種生体情報モニタ、超音波診断装置、除細動器、さらに酸素濃縮装置などに定評があります。

これらの機器とともに使用される生体電極、センサ類も重要な製品であり、「医療と健康をつなぐテクノロジー」を旗印に 掲げ、研究開発体制の体質改善を図り、新技術の確立とタイムリーな新製品の市場投入を強化しています。

019年3月期の事業セグメント別の業績概要は以下の通りです。

2019年3月期連結決算 セグメント別業績概要

セグメント名セグメント売上高(百万円)売上構成比セグメント利益(百万円)利益構成比
生体検査装置38,91230.0%2,68421.2%
生体情報モニター9,4757.3%7806.2%
治療装置50,10338.6%6,60852.3%
消耗品等31,28324.1%2,57220.3%
合計129,775100.0%12,645100.0%
セグメント間取引調整他
連結合計129,775100.00%126,645100.00%

まとめ

以上、駆け足で主要医療機器メーカーの現況をみてきました。いずれの企業も規模が大きく、特徴があるため、個別の徹底した企業研究は必須です。

医療機器業界は非常に高度な専門性を必要とする業界です。また世界有数の外資系巨大医療企業も日本に進出しています。この業界でキャリアを磨いていけば職業人としての力は間違いなくつくため、報酬やキャリアアップしていくことも充分可能な業界です。海外志向の強い人にもチャンスは広がっています。

就活では最近特に人気が高まっている業界の一つですが、人の命や幸福にも貢献でき、チャレンジしがいのある業界です。医療機器業界に興味を持ったら、ぜひ徹底した企業研究をして志望動機を固めていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

Tabimushya_201507201255431153.jpg2
旅武者による「海外ビジネス武者修行プログラム」を企業視点から徹底解説!

このままの自分では就活が不安、と考えている大学生の間で注目の、海外ビジネス武者修行プログラムを企業の採用者視点で徹底解説!自分を見直し、爆速で成長したい、納得のいく就活をしたい人は必見です。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。