就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】:プラント業界主要各社の現況を把握しておこう

就活初期にできるだけ幅広い業界・業種を理解するために、業界研究コンテンツを作りました。何故それが大事かに関しては以下の記事を参考にしてください。

「就活の答え」では機械業界を、以下の項目に沿って解説していきます。

機械業界の6つのポイントを押さえよう

  • 機械業界の構造とビジネスモデルを理解しよう
  • 機械業界の現状と課題・未来
  • 機械メーカーにはどんな仕事があるのか、職種の情報
  • 機械メーカーに働く人のモチベ―ションは何か
  • 機械メーカーに向く人、向かない人はどんな人か
  • 機械メーカーの上位企業の特徴と業績

この記事では機械製造業界の中でもプラント業界の売上上位企業に絞って、各企業の特徴や現況を、直近の有価証券報告書や中期経営計画を基に解説します。

就活生が、未来をこのプラント業界に託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

機械製造業は工作機械・ロボット、建設機械・プラント、重機械・農業・縫製・食品・印刷産業機械など、様々な分野を専門的に扱っている企業や複数の分野を扱っている企業、更に部品と機械の両方を製造している企業等、あるいは総合電機メーカーの一事業として機械を製造している等、様々なパターンがあります。

従って厳密にカテゴライズするのは難しい部分もありますが、就活生の専門分野や興味のある分野もあるため大枠で分類しています。

それでは、プラント企業の特徴から解説していきます。

プラント企業の特徴

プラント業界、プラント企業と呼ばれる場合のプラントに明確な定義がある訳ではありません。

プラントとは工場、機械装置一式、設備を意味する英語であり、一般的に「大型の生産設備」を指すものと考えておきましょう。

大型の生産設備の中で、典型的に使用されるのが「石油精製プラント」、「石油化学プラント」、「電力プラント」、「鉄鋼プラント」等の言葉です。

そしてこれらのプラントは機械・設備・工事を統合した巨大なシステムとして捉える必要があり、プラントを手掛ける企業は、調査からはじまり、企画、設計、建設・設備・施工、指導、試運転などの一連のプロセスを行う総合エンジニアリング機能を備えている企業ということになります。設置する機械類を全て製造している訳ではなく調達して組み合わせ、最適化する機能を果たしています。

プラントエンジニアリングは巨大プロジェクトの受注産業であり、世界的なプラント専業の大手3社は日揮、千代田化工建設、東洋エンジニアリングの3社です。

それではその3社の特徴と現況をクイックにみていきましょう。

大手プラント企業の概況

日揮株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)619,241
経常利益(百万円)32,304
当期純利益(百万円)24,005
包括利益(百万円)17,952
従業員数(人)7,841
連結子会社数/関連会社数48社/38社

日揮及びそのグループ企業は、各種プラント・施設の計画、設計、建設および試運転役務等を主たる事業としています。またこれに加え、触媒・ファイン製品の製造・販売、機器調達およびコンサルティング等の附帯事業も展開しています。

日揮は国際級の総合エンジニアリング会社であり、プラントの設計・機材調達・建設工事を一括して行うEPC事業を軸に様々なプロジェクトをグローバルに展開している企業です。

特にLNGプロジェクトでは世界四強の一角を占め、石油・化学・天然ガス関連プラントに強みを持っています。

総合エンジニアリング事業の中で、石油、石油精製、石油化学、ガス、LNG、一般化学、原子力、金属製錬、バイオ、食品、医薬品、医療、物流、IT、環境保全、公害防止等に関する装置、設備および施設の計画、設計、調達、建設および試運転役務等のEPCビジネスを中心に事業を展開しています。

日揮では、2016年度から2020年度までの5か年を対象とする中期経営計画「Beyond the Horizon」を推進しており、2020年度の売上高1兆円以上、親会社株主に帰属する当期純利益600億円、自己資本利益率(ROE)10%以上を掲げています。

2016年度から2018年度の業績は中期計画策定時の想定とは異なり、原油価格が低迷したことでメジャーオイルや産油・産ガス諸国の設備投資が抑制され、大型LNG計画の進展が遅れる等プラントEPCマーケットが停滞した結果、受注高を想定通りに積み上げられていません。

加えて米国および中東のプロジェクトにおいて、想定以上の天候不順、ビザ発給の遅れによる労働力確保の難しさなどが原因となり、建設工事費用が増加したこと等により、2016年度に多額の損失を計上するなど、2016年度~2018年度の売り上げは良くありません。

しかし2018年以降、原油価格は回復しつつあり、メジャーオイルや産油・産ガス諸国の設備投資再開の動きが出始めプラントEPCマーケットが回復しつつある中、カナダにおける大型LNGプラント建設プロジェクトを受注する等、2018年度の受注高は過去最高の9,354億円を達成することができ、復調が期待されています。

日揮では経営改革として2019年10月に新たなグループ会社体制として持株会社体制へ移行する予定となっています。

千代田化工建設株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)341,952
経常利益/損出(百万円)△192,998
当期純利益/損出(百万円)△214,948
包括利益/損出(百万円)△216,488
従業員数(人)5,234
連結子会社数/持分法適用関連会社数20社/ 3社

千代田化工建設は三菱商事が筆頭株主(33.57%保有)の総合エンジニアリング企業です。主力のエンジニアリング事業では、各種産業用・民生用設備並びに公害防止・環境改善及び災害防止用設備に関する総合的計画、装置・機器の設計・調達・設置、土木・建築・電気・計装・配管等工事及び試運転等、その他これらに付帯する一切の事業を行っています。

具体的には主力であるエネルギー分野のLNGプラント関連が全受注の53.0%、ガス関連プラント1.6%、石油・石油化学・金属分野のプラントは29.4%の構成になっています。

また地球環境分野の医薬・生化学・一般化学関係は2.9%、環境・新エネルギー・インフラ関係は11.7%を構成しています。

2019年3月期の赤字の原因は米国で遂行中のキャメロンLNGプロジェクトにおいて労働者の人件費が高騰し、且つ労働者の定着率も下がり生産性も上がらない状態で工事コストが大幅に増加してしまったことによるものです。

このプロジェクトを受注した2014年時点で建設のみならず、設計や資材調達までジョイントベンチャー(JV)のパートナーに任せ切りにして設計が遅れたことと、総投資額6000億円という大型のLNGプロジェクトであるだけに打撃が大きかったようです。

東洋エンジニアリング株式会社

2019年3月期連結決算

売上高(百万円)294,993
経常利益(百万円)3,426
当期純利益/損出(百万円)△818
包括利益/損出(百万円)△3,818
従業員数(人)3,997
連結子会社数/関連会社数26社/13社

東洋エンジニアリングは1961年5月東洋高圧工業株式会社(現・三井化学株式会社)の工務部門が分離独立してできた企業であり、石油・石油化学プラントに実績を持つエンジニアリング会社です。

主な事業内容であるEPC事業は、一般化学、石油化学、石油精製、天然ガス、電力、原子力、水、交通、高度生産システム、物流、医薬、資源開発、バイオ、環境その他各種産業におけるプラントの研究・開発協力、企画、設計、機器調達、建設、試運転、技術指導などを内容としており東洋エンジニアリング及びグループ会社が、グローバルな体制で総合エンジニアリングビジネスを展開しています。

2019年3月期決算は米国向けエチレン製造設備プロジェクトの収支悪化により純損出を計上しています。

損失発生の根本的要因の一つには、契約形態の選択の誤りがあり、顧客との契約は固定金額契約であったのに対し、下請工事会社との契約は実費精算型契約となっており、コストリスクを一手に負う形となっていたこと、もう一つの要因としては、米国の熟練工不足と低生産性により人件費が増大したことが挙げられています。

東洋エンジニアリングではプロジェクトのリスクマネジメントを強化するとともに、事業構造の変革としてプラント事業中心の事業ポートフォリオから、プラント事業とインフラ事業の2本柱へと変革することを掲げています。

まとめ

以上、プラント専業メーカーの上位企業の現状をみてきました。凝縮したサマリーですが、大手プラント企業の事業内容と規模感、各社がいかにグローバルな存在であるかは感覚的にも理解できたと思います。

上位企業は理工系の学生に非常に人気の高い企業であり、難関です。機械業界に興味や志望意欲を繋ぐことができた方は、志望企業候補のあたりをつけて、詳細な企業研究を進めて下さい。

上位企業の多くはインターンシップに積極的です。OB・OG訪問も含めぜひトライして門戸を開いていってください。

ここ記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

機械分野別、上位企業の概要はこちら:

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

Athlete_agent_icon_fixed-e1589542385493.jpg 5
体育会系学生の就活をサポートする、専門就職エージェントとは?

体育会学生アスリートの悩みは、就活に充てられる時間が少ないこと。スポーツと就活を成功に導くために強力なサポートをしてくれる就職エージェントのサービスを、アスリートエージェントを例に詳しく解説します。

21年卒就活生必見!


内定はありますか?納得していますか?

22年卒の就活生へ


就活をいち早く実戦体験することが内定の近道

あなたのプロフィールを見た企業からオファーが来る、もう一つの就活へ!

\\ 1分で完了。すべて無料 //

OfferBoxへの登録はこちら!